メインメニューを開く

安田 行宏(やすだ ゆきひろ)は、日本経済学者。専攻は金融論。一橋大学大学院経営管理研究科教授博士(商学)プロネクサス懸賞論文優秀賞受賞。

人物・経歴編集

岡山県立岡山操山高等学校を経て、1996年一橋大学商学部卒業。2002年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。論文「銀行リスクと規制の経済分析:自己資本比率規制の評価」により、一橋大学博士(商学)の学位を取得。審査員は小西大小川英治藤田岳彦[1][2][3]

2002年東京経済大学経営学部専任講師。2005年同助教授。2006年から2008年までカリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール客員研究員。2011年第3回プロネクサス懸賞論文優秀賞受賞。2012年東京経済大学経営学部教授。2015年一橋大学大学院商学研究科教授[4][5]。この間、全国銀行協会金融調査研究会第1研究グループ研究員等も務めた[6]

脚注編集