メインメニューを開く

安 秉範(アン・ビョンボム、안병범、あんへいはん、1890年8月21日 - 1950年7月29日)は、大日本帝国陸軍及び大韓民国陸軍軍人。最終階級は、日本軍人としては大佐、韓国軍人としては准将[1]。別名・安鐘寅、創氏改名時の日本名亀村貞信[1]。次男に、日本陸軍少尉(陸士58期)で韓国陸軍大佐(予備准将)の安光鎬朝鮮語版

安 秉範
生誕 1890年8月21日
ソウル
死没 1950年7月29日
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 1914 - 1945(日本陸軍)
1945 - 1950(韓国陸軍)
最終階級 陸軍大佐(日本陸軍)
陸軍准将(韓国陸軍)
テンプレートを表示
安 秉範
各種表記
ハングル 안병범
漢字 安 秉範
発音: アン・ビョンボム
テンプレートを表示

経歴編集

ソウルの桂洞出身。李氏朝鮮末期に日本の陸軍中央幼年学校に留学し、1914年陸軍士官学校の第26期生卒業。歩兵第13連隊に配属[2]。同年12月25日、歩兵少尉[3]。1918年7月29日、歩兵中尉[4]。1925年3月18日、歩兵大尉[3]。1926年4月16日、歩兵第73連隊中隊長[5]。1928年5月28日、李垠殿下御付武官[6]。1933年3月18日、歩兵少佐[3]。1934年6月8日、歩兵第73連隊副官[3]。1936年3月7日、歩兵第73連隊附[7]。1939年、中佐。1943年8月2日[8]、大佐に昇進し終戦を迎える。[9]。1948年に韓国陸軍士官学校に1週間の訓練を受け、第8期生、任大佐。103旅団長や首都防衛隊参謀などを務めた。

1950年6月25日朝鮮戦争が勃発すると、北朝鮮軍の急激な進攻によりソウルから脱出できず、6月29日仁王山で割腹自殺した[9]。死後、准将に追叙。また、朝鮮戦争では下の息子2人も戦死している[9]

安の遺骨は国立ソウル顕忠院に埋葬されている。

死後の評価編集

2008年民族問題研究所が発表した、親日人名辞書収録予定者名簿の軍部門に選定された。

脚注編集

参考文献編集