メインメニューを開く

人物・生涯編集

横浜で生まれた。父は土木工学者の安芸皎一である。東京大学出身、1959年 東京大学 理学博士 「Space and time spectra of stationary stochastic waves, with special reference to microtremors(複雑な波動のスペクトル的研究 : 特に微動について)。 東京大学地震研究所助教授マサチューセッツ工科大学教授をへて南カリフォルニア大学教授を務めた。アメリカ地球物理学連合の地震学部門の会長、アメリカ地震学会 (Seismological Society of America) の会長を務めた。インド洋上のフランス・レユニオン島火山活動の研究を行い、レユニオン島で没した。

研究編集

トモグラフィ常時微動コーダ波、火山物理、強震動など多彩な研究を行い、現代の地震学の基礎を築いた科学者の一人である。1960年代から1970年代にかけて、地震の大きさを定量的に表す地震モーメントの導入、断層モデルによる地震波形の定量的再現、地球内部の地震波速度構造を鮮明に描き出す地震波トモグラフィ法の開発、などの先駆的業績を挙げた。また1970年代後半にはバリア理論を提唱して、金森博雄のアスペリティ理論と論争になり、地震モーメントの研究が推し進められた。さらにPaul G. Richardsとともに「Quantitative Seismology」(邦題「地震学:定量的アプローチ」)を著し、世界中の地震学者らに愛読された。

受賞歴編集

著書編集

脚注編集

参考文献編集