メインメニューを開く

安藤信和

安藤 信和(あんどう のぶかず、1920年3月30日 - 2014年12月29日)は、昭和・平成期のアメリカンフットボール功労者。旧磐城平藩主安藤家16代目当主として霞会館の会員となっている。

人物編集

子爵安藤信昭(旧磐城平藩主安藤家15代目当主)の二男として東京に生まれる。母の恭子(ゆきこ)は閑院宮載仁親王の第一王女である。

東京府立第六中学校(現:東京都立新宿高等学校を経て1937年、立教大学予科に入学。入学後すぐアメリカンフットボール部に入り、ラインとして活躍した。1942年に立教大学を卒業。

1952年、関東大学連盟理事に就任。 1954年より審判活動に従事し、1960年には関東地区審判組織の部長となった。1964年、審判協会が設立されると初代理事長を務める。この間、多くのボウルゲーム主審を担うとともに、公式記録の制定に貢献した。

1979年より12年間、日本アメリカンフットボール協会理事長を務め、退任後は同協会顧問を務めた。

2004年7月3日、日本アメリカンフットボールの殿堂顕彰者となる。

2014年12月29日、逝去[1]。94歳没。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)

脚注編集