安藤幸

洋楽界揺籃期の日本のヴァイオリニスト

安藤 幸(あんどう こう、1878年明治11年)12月6日 - 1963年昭和38年)4月8日)は、日本における洋楽界揺籃期のヴァイオリニスト幸田露伴幸田延の妹。

安藤あんどう こう
Ando Ko.jpg
1951年のユーディ・メニューイン訪日公演時
基本情報
出生名 幸田 幸(こうだ こう)
生誕 (1878-12-06) 1878年12月6日[1]
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (1963-04-08) 1963年4月8日(84歳没)[1]
学歴 東京音楽学校本科器楽部卒業
東京音楽学校研究科修了
ベルリン国立音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

東京府下谷区(現・東京都台東区)生まれ。1881年から西川喜舞日本舞踊を、1883年から初代山勢松韻箏曲を、1888年の10歳の頃からルドルフ・ディットリヒヴァイオリンを習い、1896年東京音楽学校(現東京芸術大学)本科器楽部を卒業。同校研究科に進学。ディットリヒ、姉の幸田延1895年ウィーン留学から帰国)[2]アウグスト・ユンケル1899年に来日)らに学んだ[1][3]。音楽学校時代に仲の良かった同級生として作詞家東くめ(代表作に「お正月」「鳩ぽっぽ」など)がいる[4]

東京音楽学校研究科修了後の1899年からドイツ留学し、ベルリン国立高等音楽学校カール・マルケースドイツ語版ヨーゼフ・ヨアヒムらに学ぶ[5][6][7]1902年3月16日ライプツィヒグラッシ博物館ドイツ語版フーゴー・リーマンとともに出演した日本音楽実演 (Vorführung japanischer Musik) では、の演奏による「東獅子」、「六段」、「松竹梅」やヴァイオリンの演奏による五音音階の中国音楽と短調(七音階)の新日本民謡を披露した[2][8]1903年帰国し、その年から1932年まで母校東京音楽学校の教授、1943年まで講師を務める[9]1942年から帝国芸術院会員。1950年から東京芸術大学講師。1958年文化功労者[1][10]1963年3月にクモ膜下出血で倒れ、その半月余り後に亡くなった。墓所は神奈川県川崎市多摩区春秋苑[11]

旧姓名は幸田 幸(こうだ こう)であったが、1905年に英文学者の安藤勝一郎と結婚して以降は安藤姓となった[5][12]

血縁編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e コトバンク. 安藤 幸.
  2. ^ a b 平澤 2019.
  3. ^ 萩谷 2003, pp. 111–113, 269–273.
  4. ^ 萩谷 2003, pp. 114–115.
  5. ^ a b コトバンク. 安藤幸.
  6. ^ 萩谷 2003, pp. 129–132, 274.
  7. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 70頁。
  8. ^ 萩谷 2003, pp. 133–140.
  9. ^ 萩谷 2003, pp. 227–243, 274–279.
  10. ^ 萩谷 2003, p. 259, 279-281.
  11. ^ 萩谷 2003, p. 264-266, 281.
  12. ^ 萩谷, 2003 & pp143-148, 275.
  13. ^ a b c 生涯と功績――わが国最初の作曲家国本静三、音楽サロン
  14. ^ 露伴の父親の信仰日本イエス・キリスト教団名古屋教会
  15. ^ 表坊主コトバンク
  16. ^ a b 安藤馨歴史が眠る多磨霊園
  17. ^ 萩谷 2003, pp. 21, 36–40, 268.
  18. ^ 幸田露伴と北の海 : 実兄・郡司成忠の千島入植との関係を軸に吉田大輔 2013-03-25
  19. ^ 安藤勝一郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  20. ^ 日本のコンピュータパイオニア:安藤 馨
  21. ^ 続編その3:進化論普及の経緯と後日譚
  22. ^ 萩谷 2003, pp. 21, 149–158, 259–260.

参考文献編集

  • 安藤 幸”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月13日閲覧。
  • 安藤幸”. コトバンク. デジタル版 日本人名大辞典+Plus ; 朝日日本歴史人物事典. 2020年1月13日閲覧。
  • 萩谷由喜子 『幸田姉妹 : 洋学黎明期を支えた幸田延と安藤幸』ショパン、2003年。ISBN 4883641686 
  • 平澤博子「ヨアヒムに師事した安藤幸」 『ルドルフ・ディットリヒ物語』論創社、2019年、79-81頁。ISBN 9784846018603