メインメニューを開く

安藤 次猷(あんどう つぐのり)は、紀伊田辺藩の第11代藩主。美濃加納藩主・安藤信尹の三男。は後に直時(なおとき)と改名した。

 
安藤次猷
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延2年(1749年
死没 文政10年5月8日1827年6月2日
改名 勝之助(幼名)、次猷→直時
戒名 藤寛院崇淳居士
墓所 愛知県岡崎市大和町 妙源寺
官位 従五位下、帯刀
幕府 江戸幕府
紀伊田辺藩主(御三家紀州藩附家老
氏族 安藤氏
父母 父:安藤信尹、養父:安藤寛長
兄弟 信成次猷
正室:政(松平勝尹の娘)
恒之助、娘(安藤直與正室)
養子:道紀
テンプレートを表示

寛延2年(1749年)生まれ。明和8年(1771年)3月12日に先代の寛長が死去したため、同年7月11日に跡を継いだ。安永6年(1777年)6月に田辺城下で米騒動が起こり、天明6年(1786年)12月に米価高騰のために同月25日、28日の2回にわたって暴動が起こり、城戸の富豪4戸が破壊されるなど、治世は多難を極めた。

享和元年(1801年)5月9日に養子の道紀に家督を譲って隠居し、文政10年(1827年)5月8日に79歳で死去した。