安藤 源五郎(あんどう げんごろう、1850年嘉永3年) - 1921年大正10年))は、明治期の司法官僚、大審院判事。

経歴編集

美濃国生まれ。1867年(慶応3年)江戸に出て安井息軒漢学を学び、1874年(明治7年)慶應義塾法律科一期生として卒業する。卒業後司法省八等出仕となり長崎上等裁判所裁判官となり大審院検事となる。1886年(明治19年)大審院法律諮問会員、1890年(明治23年)青森地方裁判所検事正、1892年(明治25年)福島裁判所検事正等、各地方に歴任し、のちに退官し京都に移る。

参考文献編集