メインメニューを開く

安西 有味(あんざい ありみ)は、戦国時代武将

 
安西有味
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正10年3月11日1582年4月3日
別名 平左衛門尉[1]
官位 伊賀守?[1]
主君 甲斐武田氏
氏族 安西氏
父母 父:安藤伊賀守[1]
テンプレートを表示

経歴・人物編集

武田勝頼に仕え、天正4年(1576年)より龍朱印状奏者として活動したことが史料よりみえる[1]。天正6年(1578年)3月には山論の裁許手形を発給し、天正8年(1580年)より伊賀守を称す[1]

天正10年(1582年)の武田征伐では、父が後北条氏の外交を担当していたことから勝頼の継室北条夫人小田原城にいる夫人の兄の北条氏政を頼り落ち延びるように説得したが、有味はこれに応じず、勝頼に従い田野で戦死した[1][2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 柴辻俊六平山優『武田勝頼のすべて』新人物往来社、p.219 (2007)
  2. ^ 甲乱記