安達 かおる(あだち かおる、1952年1月27日 - )は、日本AV監督実業家V&Rプランニング代表取締役[1]。本名、三枝進。独自の作風で知られる[2]

人物・来歴編集

東京都出身。幼少時代、著名な外交官父親に随行してイランテヘラン)に遊学、帰国後、國學院大學久我山高等学校1970年卒業、獨協大学外国語学部ドイツ語学科1974年卒業後、 TV制作会社ドキュメンタリー部門)を経て、1986年、V&Rプランニング設立。

代表作として『ジーザス栗と栗鼠スーパースター』シリーズ、『ブラックジーザス栗と栗鼠スーパースター』シリーズ、『服従学園』シリーズ、『蒼奴夢の宴』シリーズ、『デスファイル』などがある[1]。カンパニー松尾やバクシーシ山下ら個性的なAV監督の師匠としても知られている[3]

1993年にアダルトビデオとして制作されたもののビデオ倫理協会により発売禁止処置にされた『ハンディキャップをぶっとばせ!』は、2015年8月に映画として公開された[3]

2010年代後半からはスカトロ作品に特化しており、作品内での性交渉はない。AV人権倫理機構への不参加から2018年以降、IPPA(知的財産振興協会)から傘下女優の派遣を止められており、不当なあつかいを受けたとして、理事をつとめる「映像制作者ネットワーク」(CCN)名義で公正取引委員会に申し立てた[2]。「このままではアダルトビデオがつくれなくなる」と危機感をつのらせている[2]

2018年7月のインタビューでは女優派遣の制限が緩やかになったことを受け、告発の動きを見合わせたとしている[4]

著書編集

  • 『遺作 : V&R破天荒AV監督のクソ人生』メディアソフト[5]、2017年6月。ISBN 9784879198747

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集