安達 かおる(あだち かおる、1952年1月27日 - )は、日本AV監督実業家V&Rプランニング代表取締役[1]。本名、三枝進。独自の作風で知られる[2]

人物・来歴編集

東京都出身。幼少時代、著名な外交官父親に随行してイランテヘラン)に遊学、帰国後、國學院大學久我山高等学校1970年卒業、獨協大学外国語学部ドイツ語学科1974年卒業後、 TV制作会社ドキュメンタリー部門)を経て、1986年、V&Rプランニング設立。

代表作として『ジーザス栗と栗鼠スーパースター』シリーズ、『ブラックジーザス栗と栗鼠スーパースター』シリーズ、『服従学園』シリーズ、『蒼奴夢の宴』シリーズ、『デスファイル』などがある[1]

「このままではアダルトビデオがつくれなくなる」と危機感をつのらせている[3]

著書編集

  • 『遺作 : V&R破天荒AV監督のクソ人生』メディアソフト、2017年6月。ISBN 9784879198747

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集