安達 紀子(あだち のりこ、1959年 - )は、ロシア演劇研究家、エッセイスト通訳翻訳家

京都府京都市生まれ。旧姓・松岡。1983年京都産業大学外国語学部ロシア語学科卒[1]早稲田大学大学院露文専攻博士課程満期退学。1986年から1992年までモスクワに駐在、映画撮影所モスフィルム朝日新聞モスクワ支局、マールイ劇場などで通訳の仕事を行った。

帰国後は演劇、音楽関係の通訳をしながら、ロシア演劇を研究。演劇雑誌『悲劇喜劇』に評論を執筆。オペラ、バレエにも著述。1999年『モスクワ綺想曲』で小野梓記念賞受賞。同年、ロシア文化省より、プーシキン記念メダルを授与される。マリンスキー・オペラ友の会の会員。早稲田大学講師[2]

著書編集

  • 『モスクワ狂詩曲 ロシアの人びとへのまなざし1986-1992』新評論 1994
  • 『モスクワ綺想曲 ロシアの中のモスクワ、モスクワの中のロシア』新評論 1998
  • ゲルギエフ カリスマ指揮者の軌跡』東洋書店 ユーラシア・ブックレット 2005
  • 『ロシア春のソナタ、秋のワルツ 1999~21st』新評論 2010

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 京都産業大学
  2. ^ 『ロシア春のソナタ、秋のワルツ』著者紹介