メインメニューを開く

安達 顕盛(あだち あきもり)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府御家人安達氏の一族で安達義景の子。安達泰盛の異母弟。

 
安達顕盛
時代 鎌倉時代中期
生誕 寛元3年(1245年
死没 弘安3年2月8日1280年3月10日
別名 六郎
官位 従五位下左衛門尉加賀
幕府 鎌倉幕府 引付衆評定衆
主君 宗尊親王惟康親王
氏族 安達氏
父母 父:安達義景、母:飛鳥井雅経の娘
兄弟 頼景大室三郎泰盛時盛重景顕盛長景時景公義覚山尼長井宗秀妻、宇都宮景綱妻、北条朝直
北条政村の娘
宗顕

寛元3年(1245年)、安達義景の6男として生まれる。兄の泰盛や時盛と共に幕政に参与し、文永6年(1269年)、25歳で引付衆、文永11年(1274年)3月22日に従五位下・加賀守に叙位・任官する。弘安元年(1278年)には評定衆に任じられるが、弘安3年(1280年)2月8日に死去した。享年36。跡を子の宗顕が継いだ。

顕盛の子宗顕霜月騒動で討たれ、一族の多くが滅ぼされたが、宗顕の子時顕は幕政に復帰し、安達氏家督である秋田城介を継承した。また、時顕の娘は北条高時に嫁いでいる。