安部 一成(あべ かずなり、1927年2月11日 - 2011年10月25日[1])は、日本の経済学者。専門は地域経済論、地域産業論。イタリアの経済学者パオロ・シロス=ラビーニit:Paolo Sylos Labini)を日本に紹介した初めての人物である[要出典]

安倍 一成
人物情報
生誕 1927年2月11日
日本の旗 日本 山口県下関市
死没 (2011-10-25) 2011年10月25日(84歳没)
日本の旗 日本 山口県山口市
肺気腫
国籍 日本の旗 日本
出身校 神戸経済大学(学士)
神戸大学(修士・博士)
学問
研究分野 経済学(地域経済論、地域産業論)
研究機関 山口大学
西南学院大学
東亜大学
萩国際大学
中華人民共和国の旗 中国山東大学
中華人民共和国の旗 中国復旦大学
学位 経済学博士
主要な作品 『成長と循環 日本経済分析入門』(1962年)他多数
主な受賞歴 瑞宝中綬章(2008年)
テンプレートを表示

来歴編集

山口県下関市生まれ。1951年神戸経済大学卒業[2]山口大学経済学部助教授。1967年同教授。1967年、経済学博士「現代経済成長論」(神戸大学)。1974年 - 1980年山口大学経済学部長。1986年中国文化賞受賞[2]1990年山口大学を定年退官、同年5月名誉教授[2]

1990年1995年西南学院大学経済学部教授。1995年2000年東亜大学学長。2004年2005年萩国際大学理事長を歴任したほか、山口老年総合研究所所長、地域発展計画研究者機構理事長なども務めた。特に、山口県原爆被爆者支援センター「ゆだ苑」建設に関わり、1993年〜2008年まで理事長として被爆者救援にも力を尽くした[2]

国外では、1984年から山東大学(中国)客員教授、1993年から復旦大学(中国)顧問教授を務め、中国と下関市・山口県との国際交流にも尽力した。

2008年、瑞宝中綬章受章。

2011年10月25日、肺気腫のため山口市の自宅で死去。84歳没[1]

著書編集

  • 『成長と循環 日本経済分析入門』合同出版社 合同新書 1962
  • 『現代独占と経済成長』紀伊国屋新書 1964
  • 『日本経済の物価上昇機構』日本評論社 1969
  • 『現代資本主義成長論の構造』新評論 現代経済学叢書 1971
  • 『日本の景気変動 不況はくり返すか』日本経済新聞社 日経新書 1972
  • 『日本経済のインフレーション機構』日本評論社 1976
  • 『現代の潮流 安部一成エッセイ集』東洋図書出版 1978
  • 『現代商工会論 小企業活性化のために』日本評論社 1985
  • 『安部一成論文選集』東洋図書出版 1987

共編著編集

  • 『現代寡占経済論』小林好宏共著 東洋経済新報社 1967
  • 『現代大企業論 日本の大企業体制』野口雄一郎共編 有斐閣 経済学基礎セミナー 1972
  • 『日本の零細企業 地方の時代をどう生きるか』辻弥兵衛共著 日本評論社 1980

翻訳編集

  • パオロ・シロスーラビーニ『寡占と技術進歩』東洋経済新報社 1964
  • ポール・デヴィッドソン, ユージン・スモレンスキ『ケインズ経済学の新展開』山本英太郎共訳 ダイヤモンド社 1966

記念論文集編集

  • 『マルクス・ケインズ・新古典派 現代の視角からの検討 安部一成先生山口大学経済学部退官記念論文集』利岡彰三ほか編著 晃洋書房 1990

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 時事ドットコム:安部一成氏死去(山口大名誉教授、山口県原爆被爆者支援センターゆだ苑元理事長)
  2. ^ a b c d 安部一成さん死去 84歳 「ゆだ苑」元理事長” (日本語). 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター. 2022年11月15日閲覧。

外部リンク編集