安部 信賢(あんべ のぶかた)は、江戸時代中期の大名武蔵国岡部藩5代藩主。官位従五位下摂津守

 
安部信賢
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 貞享2年(1685年
死没 享保8年2月7日1723年3月13日
改名 弥一郎(幼名)、信賢
戒名 芳徳院春嶺宗融
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
埼玉県深谷市の源勝院
官位 従五位下摂津守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
武蔵岡部藩
氏族 安部氏
父母 安部信峯秋月種信マツ
兄弟 信賢内藤長頼信政信昌松平忠盈継室ら
正室青山秘成養女
信平
テンプレートを表示

生涯編集

貞享2年(1685年)、4代藩主・安部信峯の次男として誕生。宝永3年(1706年)、父の死去により家督を継いだ。このとき、弟・信政新田1000石を分与した。宝永6年(1709年)3月に従五位下・摂津守に叙位任官する。

享保8年(1723年)2月7日に死去した。享年39。跡を長男・信平が継いだ。

系譜編集