宋子仙(そう しせん、? - 551年)は、侯景の部将。侯景の乱で活躍し、侯景政権で三公の位に上った。

経歴編集

前半生は定かではない。侯景の麾下で儀同となり、548年太清2年)からの侯景の乱に参加して南朝梁の都の建康を包囲した。11月、邵陵王蕭綸が建康救援のためにやってくると、侯景が自ら覆舟山の北に向かって蕭綸と対峙し、子仙は包囲陣に留まって壁を守った[1]。12月、侯景の命を受けて南平王の邸に駐屯し、水辺に西向きに柵を立てて建康への援軍を防いだ[2][1]

549年(太清3年)3月、羊鴉仁柳敬礼・鄱陽世子蕭嗣らが東府城の北に進軍してきたため、子仙はこれを襲撃して撃破した[2][1]。侯景が子仙を司空に任じようとしたが、武帝に却下された[1]。5月、子仙は銭塘に向かったが、新城戍主の戴僧逷に阻まれた[2]。6月、陸緝・戴文挙らが起兵して1万人あまりを集め、侯景の太守の蘇単于を殺害して、前淮南郡太守の文成侯蕭寧を主に推して、侯景軍を阻んだ。子仙はこれを聞くと、陸緝らを撃破した[2]。侯景により司徒に任じられた[2]。11月、子仙は銭塘を攻撃して、戴僧逷を降した[2]。12月、趙伯超・劉神茂らとともに会稽に進攻し、東揚州刺史の臨城公蕭大連が逃走したため、劉神茂を派遣して追撃させ、蕭大連を捕らえた[2]

550年大宝元年)1月、侯景に京口に召還された[2]

551年(大宝2年)1月、侯景により太保に任じられた[2][1]。4月、任約の援軍として東下し、郢州の防備の隙をついて軽騎300で急襲して陥落させ[2][1][3][4][5]、郢州刺史蕭方諸や行事の鮑泉を捕らえた[2][4][6][7][5]。5月、先鋒1万人を率いて王僧弁の守る巴陵を攻撃したが、敗れて撤退した[8]。6月、王僧弁に郢州を攻め落とされ[3]、船で逃亡している途中、白楊浦で生け捕りされ、江陵に送られた[8]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 南史』巻80 賊臣伝
  2. ^ a b c d e f g h i j k 梁書』巻56 侯景伝
  3. ^ a b 『梁書』巻4 簡文帝紀
  4. ^ a b 『梁書』巻5 元帝紀
  5. ^ a b 『南史』巻8 梁本紀下
  6. ^ 『梁書』巻30 鮑泉伝
  7. ^ 『梁書』巻44 世祖二子伝
  8. ^ a b 『梁書』巻45 王僧弁伝