宋州(そうしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から宋代にかけて、現在の河南省商丘市一帯に設置された。

隋代編集

596年開皇16年)、隋により亳州汴州徐州が分割され、宋州が立てられた。606年大業2年)、杞州が廃止され、その管轄県が宋州に移管された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、宋州は梁郡と改称され、下部に13県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
亳州 汴州 徐州 梁郡
梁郡 陽夏郡 彭城郡 宋城県 考城県 下邑県
雍丘県 圉城県 襄邑県
柘城県 寧陵県 虞城県
穀熟県 楚丘県 碭山県
陳留県
睢陽県
城安県
下邑県
雍丘県
襄邑県
安陽県

唐代編集

621年武徳4年)、王世充を平定すると、梁郡は宋州と改められた。742年天宝元年)、宋州は睢陽郡と改称された。758年乾元元年)、睢陽郡は宋州の称にもどされた。宋州は河南道に属し、宋城・寧陵・下邑・襄邑・柘城・虞城・穀熟・楚丘・単父・碭山の10県を管轄した[2]

唐代の行政区画
武徳4年 武徳4年 武徳5年 貞観元年 貞観17年 永淳元年 天宝3年 乾元元年
宋州 睢陽郡 宋州
宋城県
寧陵県
下邑県
- 襄邑県
柘城県 - 柘城県
虞城県 - 虞城県
穀熟県
- 楚丘県
- 単父県
碭山県

五代十国時代編集

909年開平3年)、後梁により宋州に宣武軍節度が置かれた[3]923年同光元年)、後唐により宣武軍節度は帰徳軍節度と改称された[4]

宋代以降編集

1006年景徳3年)、北宋により宋州は応天府に昇格した。応天府は京東西路に属し、宋城・寧陵・下邑・虞城・穀熟・楚丘の6県を管轄した[5]

1130年天会8年)、により応天府は帰徳府と改称された[6]

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志一
  3. ^ 旧五代史』梁書太祖紀
  4. ^ 『旧五代史』唐書荘宗紀
  5. ^ 宋史』地理志一
  6. ^ 金史』地理志中