宋 斌(そう ひん、生年不詳 - 354年)は、五胡十六国時代前燕の人物。前燕の冀陽郡太守宋燭の子。

生涯編集

前燕に仕え、黄門侍郎に任じられていた。

354年9月、宋斌は冉魏皇太子冉智を奉じて、前燕に反乱を起こそうと画策していたが、密告により露見、冉智とともに誅殺された。

参考文献編集