メインメニューを開く

宍戸 真澂(ししど ますみ、文化元年8月13日1804年9月16日) - 元治元年11月12日1864年12月10日))は江戸時代末期の勤皇家、萩藩士。通称は山三郎、九郎兵衛、左馬之介。名は忠美。号は橘廂、鳰浮巣翁、宍翁。長門萩生まれ。贈正四位。父は林隆州。養父は宍戸知之。子に宍戸小弥太

生涯編集

毛利一門宍戸氏の一族である。萩藩の重臣として活躍し、萩藩大坂屋敷の留守居役を務めた。若き頃に伴信友近藤芳樹に師事して、国学を熱心に学び、勤皇思想に感化され、勤皇の志士として活動した。

同藩の来島又兵衛久坂玄瑞らとも気脈を通じて活動したが、1864年禁門の変において長州藩兵の鎮撫に失敗し、帰国した後に俗論派によって野山獄に投獄され、獄中で斬首された(甲子殉難十一烈士[1]。享年61。

辞世の歌は「われならぬ 人のしをりを たどりつゝ たか根に匂ふ はなをみるかな」。

脚注編集

関連項目編集