宗氏

中世から近世にかけて対馬国を支配した氏族

宗氏(そうし)は、武家華族だった日本氏族鎌倉時代から明治初期まで対馬島を支配し続けた豪族大名[1]。明治4年の廃藩置県で対馬支配を終え、華族の伯爵家に列した[1]

宗氏
家紋
隅立て四つ目結すみたてよつめゆい
丸に平四つ目結まるに ひらよつめゆい
本姓 惟宗朝臣
桓武平氏知盛流
家祖 宗重尚
種別 武家
華族伯爵
主な根拠地 対馬国
東京市目黒区上目黒
著名な人物 宗貞盛
宗助国
宗義智
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

出自編集

宗氏の家伝では、鎌倉時代初期に太宰少弐武藤資頼の被官として、対馬最大の豪族阿比留氏を討伐した宗重尚を初代とする[1]。家伝では重尚は桓武平氏清盛流で、平知盛の孫であるが、実際には大宰府在庁官人惟宗氏であるとみられている[1]。対馬藩の公撰資料である「宗氏家譜」では 「寛元四年滅對馬州在廳阿比留平太郎、遂受父知宗之譲襲封、重尚採祖母之氏以惟宗為自家姓」[2] とあり、これによると重尚の祖母が惟宗氏であったことから、宗氏と称し、姓を惟宗としたということになっている。実在が確実な最初の当主は対馬国地頭代を勤めた宗助国であり、元寇文永の役)の際には及び高麗の侵攻から日本の国境を防衛する任に当たり、討ち死にした[1]

南北朝・室町時代編集

14世紀までは北九州を中心としていたが、15世紀初頭に対馬に本拠を移した[1]

南北朝時代宗盛国少弐氏守護代として室町幕府から対馬国の支配を承認される。やがて少弐氏が守護を解任されると、鎮西探題成立とともに今川氏が対馬守護となるが、今川氏の解任後、宗澄茂が守護代から守護に昇格した。(この時点では自称であり、実際の任命は1430年代以降との説もある。)

対馬は山地が多く耕地が少ないため、宗氏は朝鮮との貿易による利益に依存していた。室町時代初期は、西国大名商人、それに対馬の諸勢力が独自に貿易を行っていた。しかし、宗氏本宗家が朝鮮倭寇対策などを利用して、次第に独占的地位を固めていった。宗氏は朝鮮に「倭館」と呼ばれる日本人居留地を建設し、応永の外寇三浦の乱で一時関係は断絶したものの、朝鮮貿易で強い影響力を持ち続けた。

戦国時代・安土桃山時代編集

戦国時代は幾度も九州本土進出を図ったが、毛利氏島津氏大友氏龍造寺氏に阻まれて進出は難航した。九州征伐では豊臣秀吉に臣従して本領を安堵された。文禄・慶長の役では、宗義智小西行長の軍に従って釜山城・漢城平壌城を攻略するなど、日本軍の先頭に立って朝鮮及びを相手に戦い活躍した。また戦闘だけでなく行長と共に日本側の外交を担当する役割も担い折衝に当たっている。

江戸時代編集

関ヶ原の戦いで西軍に属したが、宗氏が持つ朝鮮との取引を重視され、本領を安堵された(対馬府中藩)。後年、朝鮮との国交回復に尽力した功績が認められ、国主格・10万石格の家格を得、朝鮮と独占的に交易することも認められた。参勤交代で3年に一度江戸に出仕することとされ、江戸に屋敷を構え[注釈 1]対馬府中厳原)との間を大名行列を仕立てて行き来した。

以後改易もなく明治維新まで絶家することなく続いた。

明治以降編集

最後の対馬藩主宗重正は、1869年(明治2年)の版籍奉還で厳原藩(改名)の藩知事に任じられるとともに華族に列した。明治4年の廃藩置県まで藩知事を務めた[3]

1884年明治17年)の華族令施行で華族が五爵制になり、7月8日に宗重正は伯爵に叙せられた[4]。重正の子で爵位を継承した宗重望伯爵は貴族院の伯爵議員に当選して務めた。また南画界にも尽力した[5]

大正12年(1923年)、重望は子がなく没したため、膨大な借財を抱えていた宗家では、裕福な他家から養子を迎えて財産整理を行うべきであるという動きがあった。しかし対馬出身の永留小太郎が私財を提供したため、血縁を重視する旧藩士の主張が通り、重望の妹の子である旧久留里藩黒田氏の黒田武志が宗武志として宗氏を相続することとなった[6]。しかし武志は当時中学生であり、宗家はその後も破産の危機にさらされ続けていた。昭和6年(1931年)に武志は李太王李㷩(高宗)の庶子である王公族李徳恵と結婚したが、徳恵は精神疾患を患っており、李王家からは宗家に対して年額1万円程度の資金援助が行われている[7]

昭和前期に宗伯爵家の邸宅は東京市目黒区上目黒にあった[5]

宗家の朝鮮外交権の外務省への移譲の経緯編集

明治元年(1868年)3月23日、新政府は外交の取り扱いが政府に移ったことを示すとともに、宗氏に対して朝鮮外交の家役の継続を認めた[8]。しかし日本の新政府の用いる用語を朝鮮王朝側が拒否したため(書契問題)、日朝関係は危機的状況に陥った。いっぽうで外務省は宗氏の朝鮮外交権を吸収しようとしており、宗氏側でもその意向はあったが、交渉の途中での交代は日朝関係の断絶をもたらすという危惧があった[9]。明治3年11月に宗氏は朝鮮外交の家役免除を願い出ているが、その後も宗氏の朝鮮外交への関与は継続された。明治4年(1872年)5月、外務省は宗氏の家役罷免を決め、一方で当主宗重正を家役罷免と外交の政府への移行を伝達するため朝鮮に派遣する案を策定した[9]。7月の廃藩置県で厳原藩(明治2年に改称)は廃藩となったが、7月29日に当主宗重正は外務大丞となり、引き続き朝鮮外交に関与することとされたが、遣使計画は宗氏の財政問題や岩倉使節団などの諸問題が影響して実施されなかった[10]。12月18日に重正の派遣は正式に中止され、旧厳原藩士相良丹蔵浦瀬最助を朝鮮に派遣して宗氏の家役罷免通知と倭館からの旧厳原藩士の撤退を行うこととされた。翌明治5年(1873年)3月、朝鮮側と相良らの面会が実現したが、朝鮮側が態度を明らかにしなかったため、日本側は倭館の廃止と人員の引き上げを決行した[11]。ここに明治維新後の日朝交渉が終焉するとともに、中世以来の宗氏と朝鮮の外交関係も終焉を迎えた[12]

宗家が伯爵に叙された経緯編集

1884年明治17年)の華族令施行で華族が五爵制になると宗重正は伯爵に叙せられている。華族令施行とともに定められた「叙爵内規」では旧諸侯の伯爵の基準は現米5万石以上の中藩知事だが、旧厳原藩の現米は3万5413石であり、伯爵の基準を満たしていなかった[13]。「叙爵内規」は全爵位について勲功による叙爵を認めているものの、宗家の場合は爵位が上がるほど勲功があったとは考えられず、このような例外措置が取られたのは平戸藩松浦氏[注釈 2]と宗氏のみである。宗家は松浦家と違って理由の説明をされていないが、同家が国主格だったことが関係しているのではないかと推測されている。宗家以外の旧国主大名がすべて伯爵以上になっているため、宗家だけを子爵としてしまうと宗家から不満が出そうであったため、特例措置で伯爵にしたのではないかという推測である[14](現に宗家では本来もらえない伯爵位すら不満があったらしく、旧国主であることを理由に侯爵位を要求する請願書を三条実美に提出している[15])。

歴代当主編集

室町時代の一部当主は足利将軍家から偏諱の授与を受けており、当主の名より右側に1字を与えた人物を示した[16]。20代義智(初め昭景 → 吉智)はさらに豊臣秀吉からの偏諱も受けている。

  1. 重尚
  2. 助国
  3. 盛明
  4. 盛国
  5. 経茂
  6. 澄茂
  7. 頼茂
  8. 貞茂
  9. 貞盛
  10. < 足利義(のちの義政)
  11. 貞国
  12. (初名:盛貞) < 足利義(のちの義稙)
  13. (初名:盛順) < 足利稙 (※三浦の乱勃発時の当主。)
  14. 盛長
  15. 将盛
  16. (初名:貞尚→貞泰→茂) < 足利義
  17. 調 < 足利(のちの義輝)
  18. 茂尚
  19. < 足利
  20. 義智(初め景、智) < 足利義豊臣秀(※ 一時期(1587年 - 1588年)は養父である17代義調が当主に復帰していた。)
  21. 義成
  22. 義真
  23. 義倫
  24. 義方
  25. 義誠
  26. 方熈
  27. 義如
  28. 義蕃
  29. 義暢
  30. 義功(猪三郎)
  31. 義功(富寿)
  32. 義質
  33. 義章
  34. 義和
  35. 義達(重正)
  36. 重望
  37. 武志
  38. 立人

系譜編集

主要家臣編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 上屋敷は神田向柳原すなわち現在の東京都台東区台東一丁目(東京府下谷区二長町) [[1]]; 東昇、古賀直美 (2006年). “江戸対馬藩邸上屋敷”. 対馬宗家文書の世界. 2008年2月18日閲覧。
  2. ^ 平戸藩は本来算入されない平戸新田藩の現米収入を含めて伯爵とされた。明治天皇の祖母が松浦氏出身であり、外戚に当たることが配慮されたと見られている。
  3. ^ 助国から義智の部分の出典。なお盛明は「弥二郎」で当主でない。弥二郎の兄「右馬太郎」が助国の次代である。
  4. ^ 法号は霊鑑で朝鮮の資料に記載。尚茂は寛永系図の諱。寛政譜では頼茂。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本大百科全書(ニッポニカ)、ブリタニカ国際大百科事典小項目事典、百科事典マイペディア、旺文社日本史事典三訂版、世界大百科事典第2版、世界大百科事典. “宗氏”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年3月30日閲覧。
  2. ^ 「宗氏家譜」重尚君条、寛元四年。121項。
  3. ^ 新田完三 1984, p. 76.
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 327.
  5. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 142.
  6. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 119 / 46%.
  7. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 120 / 46%.
  8. ^ 平山龍水 2017, p. 4.
  9. ^ a b 平山龍水 2017, p. 8-10.
  10. ^ 平山龍水 2017, p. 20-22.
  11. ^ 平山龍水 2017, p. 24-25.
  12. ^ 平山龍水 2017, p. 26.
  13. ^ 浅見雅男 1994, p. 111/124.
  14. ^ 浅見雅男 1994, p. 131-132.
  15. ^ 浅見雅男 1994, p. 113-115.
  16. ^ 通史的な研究に、荒木和憲『対馬宗氏の中世氏』(吉川弘文館2017年)がある
  17. ^ 荒木, p8-p9
  18. ^ 太田資宗 他編『寛永諸家系図伝』6巻(続群書類従完成会、1983年)p40-p50
  19. ^ 『寛政重修諸家譜』8巻(続群書類従完成会、1980年)p243-p268

参考文献編集

  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 新田完三 『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。 
  • 平山龍水「明治初期の日本の朝鮮政策 ―1868 年~1872 年―」『東京国際大学論叢-グローバルスタディーズ論集』第2巻、東京国際大学、2018年、 ISSN 2432-8677
  • 新城道彦 『朝鮮王公族 ―帝国日本の準皇族』中公新書、2015年3月。ISBN 978-4-12-102309-4 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

関連項目編集

外部リンク編集