メインメニューを開く

宗碩(そうせき、文明6年(1474年) - 天文2年4月24日1533年5月18日))は、戦国時代連歌師。別号は月村斎。尾張国の生れ。

19歳より前に京都種玉庵にいた連歌師の宗祇に師事。宗祇が亡くなってからは、京都に拠点を置きながら連歌師として活躍し、公家大名の使者として北陸東国九州などを旅した。公家の近衛尚通三条西実隆周防国山口の大内政弘などとの交流が知られる。「十花千句」「伊勢千句」などに句が入集されているほか、いくつかの「宗碩集」、伊勢への紀行文である「佐野のわたり」がある。また、古典学では宗祇の「古今和歌集」を講釈したこと書き記した「十口抄」や「勅撰名所和歌抄出」「源氏男女装束抄」がある。