メインメニューを開く

宗 義成(そう よしなり)は、対馬府中藩の第2代藩主

 
宗 義成
Sō Yoshinari.jpg
宗義成像
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年1月15日1604年2月14日
死没 明暦3年10月26日1657年12月1日
改名 貞光(さだみつ、初名)→義成
別名 彦七郎、彦三(通称)
戒名 光雲院殿性岳宗見大居士
墓所 長崎県対馬市厳原町国分の万松院
官位 従四位下、侍従対馬
幕府 徳川幕府
対馬府中藩
氏族 宗氏
父母 父:宗義智
母:河村氏(または阿比留氏、威徳院)
兄弟 義成、女(杉村智次室)、女(柳川調興室)、女(宗成親室)、女(古川成倫室)、女(内野助成室)
正室日野資勝の娘・養玉院
側室横松信直の娘
義真細川真春(次男)、福(松平隆綱室)、長(太田資次継室)、娘(松平正信正室)、勝(三条公富(転法輪公富)室)
テンプレートを表示

生涯編集

慶長9年1月15日1604年2月14日)、初代藩主・宗義智の長男として生まれる。慶長20年(1615年)に父が死去すると、上京して大御所の徳川家康、第2代将軍の徳川秀忠と謁見した上で家督相続を許され、第2代藩主となった。同年4月から始まった大坂夏の陣にも徳川方として参戦し、丹波方面の守備を担当した。

元和3年(1617年)3月、従四位下に叙位される。その後は検地や菩提寺である万松院の創建、朝鮮通信使の待遇簡素化による財政節減、銀山開発などを積極的に行なって藩政の基礎固めに専念した。ところが寛永12年(1635年)、父が李氏朝鮮己酉約条を結んだときに国書を偽造していたことなどが幕府に露見し、宗氏は改易の危機に立たされた。しかし第3代将軍・徳川家光は朝鮮とのパイプ役として宗氏を使うことが得策と考え、家光の直裁により家老の柳川調興らが処罰されるにとどまり、宗氏は改易を免れたのである(柳川一件)。

明暦3年10月26日1657年12月1日)に江戸で死去。享年54。跡を長男・義真が継いだ。