官房三課長(かんぼうさんかちょう)とは大臣官房に置かれる「人事」「総務」「会計」を担当する3つの課長の通称である。「官房第三課」という部署の長ではない。

概要編集

省庁が政策の執行に当って重要なものは「ヒト」「国会、他省庁対策」「カネ」の充実であり、どれが欠けても政策の執行は難しい。また、これらの役職は他の省庁との交渉も多く各省庁ではそれぞれの業務責任者である大臣官房秘書(人事)課長、総務(文書)課長及び会計(予算)課長の通称「官房三課長」を重要視している。そのため官房三課長には優秀な人材(将来の事務次官候補など)が充てられており、逆の見方をすれば、事務次官に向けた出世ポストとも言える。

職務編集

秘書(人事)課長
秘書課は人事、労働に関する業務を行っている。
総務(文書)課長
総務課(文書課、企画課がその業務を行う場合もある)は国会対策、公文書の管理又は機密に関する仕事などを行っている。
会計(予算)課長
会計課は予算に関する業務を行っている。名称は農林水産省大臣官房では予算課、宮内庁長官官房では主計課とされている。また、金融庁では総合政策局秘書課の中に予算に関する業務を行う管理室が置かれている。

その他編集

財務省大蔵省)の場合は文書課秘書課に加え、総括審議官を支える総合政策課(旧調査企画課)が官房三課とされている。財務省自体が予算を査定しているため、他省庁では「金庫番」とされている会計課の職務の重要度は低い[1]。また、それらに主計局総務課を加え、「四課」とも呼ばれている。

脚注編集

  1. ^ 『[Q]財務省 大臣官房どんな組織 企業の方々が総務部、社長室』読売新聞 2019.2.24 東京朝刊 政経

関連項目編集