メインメニューを開く

定善寺(じょうぜんじ)は、宮崎県日向市大字財光寺にある日蓮正宗の寺院。山号は日知屋山(ひちやざん)。日蓮正宗三本山のひとつで日向本山。元は郷門寺院。

定善寺(じょうぜんじ)
定善寺.2011.3.jpg
門前(2011年3月)
所在地 宮崎県日向市
位置 北緯32度24分50.99秒
東経131度37分29.54秒
座標: 北緯32度24分50.99秒 東経131度37分29.54秒
山号 日知屋山
宗旨 日蓮正宗
寺格 本山
創建年 建武2年(1335年[1]
法人番号 9350005002477
テンプレートを表示

日蓮正宗改宗に抵抗した檀家が離脱し近隣に日蓮宗本光寺を建立し本東寺より住職を迎えた。

目次

起源と沿革編集

所在地編集

  • 宮崎県日向市大字財光寺7295。

寺院の特徴編集

  • 毎年、虫払い法要は御会式終了後に行われ、地元では「おまんだらさま」として親しまれ、テレビ中継が行われるほど有名である。

寺院周辺編集

  • 日向市立財光寺小学校
  • 日向財光寺郵便局

交通アクセス編集

その他編集

現存する『曽我物語』の最古のものであり、国の重要文化財の指定を受けている「曾我物語(真名本)」十巻は、天文15年(1546年)に定善寺の一僧侶であった四位日助によって親本から書き写されたものが、保田妙本寺日我の元へ渡ったものである[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日向市史通史編』 平成22年10月1日 P166より
  2. ^ 蓮華(昭和52年8月号)『本山定善寺
  3. ^ 参照2は自山発行の為、根拠として信憑性に欠けます。ノートを参照して下さい。
  4. ^ 「「続・宮崎の謎」三又喬<59>日向版・曽我物語」、西日本新聞 朝刊、1992年4月26日、26頁。

関連項目編集

外部リンク編集