定村 忠士(さだむら ただし、1932年1月2日 - 2001年10月30日)は、日本の編集者評論家劇作家。 日本フェノロサ学会、日本浮世絵協会会員。

来歴・人物編集

福岡県北九州小倉出身。旧制五高卒業。1954年東京大学文学部仏文科卒業。のちに日本読書新聞・日本エディタースクールで同僚となる吉田公彦(旧名:谷川公彦。谷川雁ら谷川兄弟の末弟)とは、五高・東大とおしての同級生。

日本読書新聞に入社し編集者に。1958年週刊読書人創刊による分裂時にも編集部に残り、編集長の巌浩の片腕として活躍。1962年からは編集長もつとめた。

1965年には谷川雁らが創設したラボ教育センターに入社。のちの、ラボ教育センターの分裂時には、谷川と行動をともにし、1981年「十代の会」の発起人の一人[1]として同会創立に参加。

また、日本エディタースクール出版部編集委員、同スクール講師をつとめた。

並行して劇作家としても活動。劇団「ぶどうの会」の文芸スタッフを務め、また、劇団民芸などに戯曲を提供した。

評論家としての著作には、伝説の蝦夷の王悪路王についての著や、ライフワークとして研究した浮世絵師写楽についての著などがある。

著書編集

  • いま、北斎が甦る 浮世絵版画が摺りあがるまで 河出映像センター 1987.5
  • 写楽が現れた 推理ドキュメント 二見書房 1989.6
  • 中川一政生涯展図録(編)TBSビジョン、1992
  • 悪路王伝説 日本エディタースクール出版部, 1992.6 ISBN 4-88888-807-8
  • ロシアのこころ・イコン展 毎日新聞社, 1993.1
  • イコン ビザンティン世界からロシア、日本へ 鐸木道剛共著 毎日新聞社, 1993.2
  • 写楽よみがえる素顔 読売新聞社, 1995.1

翻訳書編集

戯曲編集

  • マグダラの女
  • 悪路王と田村麻呂
  • グラバーの息子 倉場富三郎の生涯

ほか

脚注編集

  1. ^ 発起人は、谷川雁、根本順吉間宮芳生、定村忠士、高松次郎高野睦C・W・ニコル西藤和