定石

昔から研究されてきて最善とされる、きまった手の打ち方
定跡から転送)

(囲碁で)定石、(将棋で)定跡(じょうせき)とは、昔から研究されてきて最善とされる、きまった手の打ち方[1](一連の手)。

ゲーム以外で用いるセオリーという意味で表す場合は、囲碁同様、「定石」と表す。

囲碁や将棋だけに限らず、アブストラクトゲーム全般に広く存在する概念・用語であり、石を用いる囲碁オセロ連珠などでは「定」と「石」という漢字を用い、駒を用いる将棋、チェスなどでは「定跡」と「跡」という漢字が用いられる。チェスでは「オープニング」と表す。


オセロに似たリバーシの説明書の中には、円い白黒の石を「駒」と表記してあるのもある。また、中国語で定石は、「棋譜(チィプゥ)」という。

囲碁の定石編集

囲碁における定石とは、碁盤の中の一部分(主に隅)における部分的には互角になる(とされる)ワンセットの応酬のことを指す(これを囲碁用語で「互角のワカレ」という)。あくまでも「部分的」に互角であり、他の部分の配石次第で定石どおりに打っても悪い結果になることがある。

初中級者が定石の手順を丸暗記して悪い結果になることを「定石を覚えて二子弱くなり」などと揶揄される場合もある。「定石=必勝」ではない。あくまで、定石を理解していない相手には、有利に戦うことができるということである。

定石の一手一手は、それ自体が手筋の応酬であり、単なる丸暗記ではなくその一手一手の意味を考えながら定石を学ぶことが重要である。

詰碁や棋譜並べや実戦と並んで囲碁上達の基本とされている。

実際の対局では、定石の書を見ながら打つこと自体は、禁止ではないが、マナー違反になる場合もある。また、相手が定石通りに合わせないことも多いので、定石の書を見ながら対局している例は稀である。


定石は不変のものではなく、プロ・アマチュアの棋士達によって研究が続けられており、改変、創造、棄却、見直しが常に行われている。

囲碁では先手が有利で、勝率を五分五分にする為、コミと呼ばれるハンディキャップがつくようになった。先手の黒は、後手の白よりもX目以上の差をつけて陣地を作らないと勝ちにならないのである。昔は、「5目以上」だったが改変され、2002年からは日本では「7目以上」となっている。そのため、コミのない時代では黒の好手とされていても、現代のルールでは少々甘い手とされることもある。その為、定石がさらに研究されている。

初級者でも使いこなせる数手程度の簡明な定石も多いが、長手順で変化の多い難解な定石も存在する。前者としてはツケノビ定石ツケヒキ定石など、後者としては、村正の妖刀大斜定石ナダレ定石などが有名である。

定石にも流行があり、時代によって大きく変化する。例えば2016年の人工知能登場以降は、AlphaGoなどの着手を人間の棋士が取り入れ、広く使われるようになっている。

定石の例編集

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

の代表的な定石の例。白1のカカリに対し黒2と小ゲイマに受け、白3のスベリ、黒4の三々受け、白5のヒラキまでが定石とされる。黒白双方ともひとまず安定で急な攻めを受けないため、ここまで一段落で他に向かうことになる。

この定石の場合、しっかりとした黒の形に対して、やや白は不安定な形である。ただ白は下辺に対して発展性がある分で釣り合いが取れており、その意味で定石とされる。ただし前述のように、周囲の状況が異なれば、部分的に定石であっても必ずしも互角とはならない。黒は下辺を重視したければ黒4の手でaへのハサミやbへのツケなどの手も考えられる。白もこれを嫌えば、白3で単に白5の位置や、下辺へヒラく手などもある。このように、定石の選択は局面に応じて適切になされなければならない。

参考図書編集

  • 『定石大事典 上・下 』日本棋院
  • 鈴木為次郎『囲碁大辞典』(全6冊)誠文堂新光社
  • 呉清源『現代定石活用辞典』(全三巻)誠文堂新光社
  • 石田芳夫『基本定石事典 上・下』日本棋院
  • 高尾紳路『新版 基本定石事典 上・下』日本棋院
  • 山部俊郎監修『現代定石事典』平凡社
  • 小林光一『囲碁定石事典―筋と形に強くなる』学習研究社
  • 『新・早わかり互先定石小事典』『新・早わかり星定石小事典』日本棋院
  • 大竹英雄『定石の選択―碁盤を大きく使う (有段者シリーズ) 』土屋書店

オセロの定石編集

対局において、互角となると考えられている打ち方の手順。動物の名前が付けられているものが多いが、動物以外の形に見立てて名前を付けられたもの、考案者・愛用者の名が冠されているものもある。互角でなくても、定石と呼ばれるものも多い。

連珠の定石編集

将棋の定跡編集

序盤が定跡化されており、指し手の選択によって、先手有利、後手有利などの変化が生じる。戦法によっては終盤まで定跡化されていることもある。これらは日々専門家の実戦によって変化している。江戸時代からの傾向で、定跡の書籍も例えば『将棋独稽古』(1758年、宝暦8年)では、盲目客人石田検校が考案した石田流三間飛車や、最古の棋譜にもある四間飛車など、戦法の定跡が図入りで紹介されており、これらの戦法手段は現代までも受け継がれている。

チェスの定跡編集

チェスの序盤における定跡は特にオープニングと呼ばれ、シシリアン・ディフェンスなど固有名による分類の他、ECOコードと呼ばれる分類記号も広く使われている。

チェスの場合は終盤に向けて駒が少なくなっていくため、終盤についても常形の局面が研究されており、これも定跡ということができる。特に残り駒数が両キングを含めて7以下の局面については、コンピュータ解析によってすべて最善の手順が求められ、データベース化されている。

チェッカーの定跡編集

チェッカーにおいては定跡から連なる組合せは全て調べ尽くされ、先後互いに最善手を指すと引き分けに終わるとの結論がでている。

コンピュータチェス、コンピュータ将棋などが持つ定跡データ編集

コンピュータチェスコンピュータ将棋などのアプリケーションソフトウェアは、定跡をデータベースとしてもっていて、序盤では定跡どおりに指していく。その目的は2つある。

  • 序盤での消費時間を少なくする。
  • 序盤でのミスを回避する。

データベースに記憶されている定跡(の長さ)には限りがある。中盤に入って定跡の末端まで到達してしまうと、それ以降はプログラムの計算による指し手になり、コンピュータのプログラム本来の強弱が発揮される。

上記の状況は、コンピュータ囲碁コンピュータオセロなどでも同様である。

ただしチェスにおいては前述のとおり終盤についても定跡があり、特に駒数の少ない局面についてはほぼ網羅的に研究しつくしたデータベース(「テーブルベース」と呼ばれる)が構築されている。コンピュータチェスでもこの終盤データベースを利用することでわずかな消費時間で完璧なプレイを行なえるものが多い。

AI導入による定石の見直しや新たな定石の出現編集

冒頭の定義文で「最善とされる」と説明したように、定石というのは(名人級の)人間たちによって「最善」とされた、ということであり、長らく定石(定跡)というものはかなり堅いものだと一般に見なされていたが、最近ではゲームの種類によっては、機械学習を用いたAIや、AIプレーヤー同士の無数の自動相互対戦による自動的な学習などによって、人間の頭脳では思いつかないような奇抜な手が発見されて、AIが見出した手のほうが、長らく定石とされてきた手よりも優れている、と判断され定石の一部が見直される、ということが起きたり、(ひと言で「AI」と言っても、その力量はAIひとつひとつごとに「ピンキリ」であるが)最上位で非常に強いAIが好んで打つ手を人間の上位のプレーヤーらが模倣し、それが一種の新たな定石(定跡)として、そのゲームの世界で認知される、ということもそれなりの頻度で起きている。

脚注編集

  1. ^ 大辞泉

関連項目編集

外部リンク編集