メインメニューを開く

宜保 翔(ぎぼ しょう、2000年11月26日 - )は、オリックス・バファローズに所属する沖縄県豊見城市出身[1]プロ野球選手内野手)。右投左打。

宜保 翔
オリックス・バファローズ #53
Bs Gibo Sho 20190923.jpg
京セラドーム大阪にて(2019年9月23日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県豊見城市[1]
生年月日 (2000-11-26) 2000年11月26日(19歳)
身長
体重
174 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
初出場 2019年9月6日
年俸 500万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

沖縄県立豊見城高等学校の学生時代にバレーボール部の選手として活躍した実父と、同部の部員時代に沖縄県代表として国民体育大会へ出場した実母の間に出生[3]。豊見城市立とよみ小学校の2年時に、根差部ベースナインで軟式野球を始めた[3][4]長嶺中学校時代には、野球部で遊撃手投手に起用される一方で、一時生徒会長を務めた[3][5]

中学校からの卒業後に、KBC学園未来高等学校沖縄へ進学。硬式野球部では、2年時の秋から4番打者を任された[4]。レギュラーに定着してからの背番号は6で、主に遊撃を守っていたが、投手として試合に登板することもあった。3年生だった2018年春の沖縄県大会では、興南高校との決勝戦に投手として先発。興南打線を完封したことによって、創部4年目の母校を県大会初優勝に導いた[3][4][6]

未来沖縄高校への在学中は甲子園球場での全国大会と無縁であったが、「走・攻・守揃った二刀流選手」としてNPB球団のスカウトから注目。3年生だった2018年のNPBドラフト会議の直前には、5球団から調査書が届けられるほど高く評価されていた[3]。実際には、内野手としてオリックス・バファローズから5巡目で指名[7]。契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。未来沖縄高校の出身者では初めてのプロ野球選手で、背番号は53[2]

オリックス時代編集

2019年には、ウエスタン・リーグ公式戦へ100試合以上出場。大城滉二安達了一の相次ぐ離脱で一軍の遊撃手が不足したチーム事情を背景に、シーズン終盤の9月6日には、札幌ドームの対北海道日本ハムファイターズ戦で「8番・遊撃手」としてスタメンで一軍公式戦へのデビューを果たした[8]。9月7日の同カード7回表の第2打席では、堀瑞輝から放った二遊間へのゴロが、内野安打と判定。判定通りであればこの一打が一軍公式戦での初安打になっていたが、日本ハム監督・栗山英樹からのリクエストによるリプレー検証の結果、判定は二塁へのゴロに変更された[9]。この打席を最後に、9月11日付で出場選手登録をいったん抹消[10]。自身の抹消後に安達が一軍公式戦中のアクシデントで脳震盪に見舞われたことから、NPBの定める脳震盪登録抹消特例措置によって、9月23日に再び登録された。同日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム大阪)に、「8番・遊撃手」としてスタメンへ再び起用。3回裏の第1打席で高橋礼から二塁打を放ったが、二塁から三塁へ走り込んだところ、三塁塁審の梅木謙一からタッチアウトを宣告された。この判定に対して、オリックス監督の西村徳文は、栗山と同様にリクエストを要求。判定自体は覆らなかったものの、一連のプレーが「二塁打と走塁死」とみなされたため、一軍公式戦での初安打が正式に記録された[11]

選手としての特徴編集

高校時代に投手としてストレートで最速147km/hを計測したり、遠投で116mを記録したりしたほど地肩が強い[1][3]。足も速く、手動計測ながら、本塁から一塁までの到達タイムで最速3秒8を記録。沖縄県の高校野球部対抗の競技大会では、立ち三段跳の部で、2年時から2年連続優勝を果たした。ちなみに、小学生の低学年時には、ヒップホップダンスを学んでいたという[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2019 オリックス 8 28 26 0 6 1 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 7 0 .231 .286 .269 .555
通算:1年 8 28 26 0 6 1 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 7 0 .231 .286 .269 .555
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁 遊撃
























2019 オリックス 1 0 5 0 1 1.000 8 12 27 2 6 .951
通算 1 0 5 0 1 1.000 8 12 27 2 6 .951
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

初記録

背番号編集

  • 53 (2019年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 背番号は53 宜保翔オリックス入団合意 「挑戦」誓う”. 琉球新報 (2018年11月28日). 2019年4月4日閲覧。
  2. ^ a b オリックス5位宜保が仮契約、トリプル3で顔になる”. 日刊スポーツ (2019年11月27日). 2019年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 未来沖縄・宜保 走・投・打・頭の四拍子そろった“沖縄の根尾””. スポーツニッポン (2018年10月23日). 2019年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c オリックス・バファローズ 宜保翔”. 週刊ベースボールONLINE. 2019年4月4日閲覧。
  5. ^ 宜保 翔 選手(KBC未来沖縄) オリックス5位指名”. 沖縄県豊見城市立長嶺中学校. 2019年4月4日閲覧。
  6. ^ 宜保翔選手はオリックス5位指名 KBC未来沖縄 プロ野球ドラフト2018”. 沖縄タイムス (2018年10月25日). 2019年4月4日閲覧。
  7. ^ 2018年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2018年10月25日). 2019年4月4日閲覧。
  8. ^ オリックス宜保デビュー戦 無安打に「力んだかな」”. 日刊スポーツ (2019年9月6日). 2019年9月23日閲覧。
  9. ^ オリックス・宜保 まさかの“プロ初安打”取り消し リクエストで判定覆る”. スポーツニッポン (2019年9月7日). 2019年9月24日閲覧。
  10. ^ 【オリックス】ドラフト5位・宜保が登録抹消「いい経験になった」”. スポーツ報知 (2019年9月11日). 2019年9月23日閲覧。
  11. ^ オリ ドラ5宜保“うれしい?”プロ初安打「二塁打と走塁死」”. スポーツニッポン (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集