メインメニューを開く

宝仙寺

宝仙寺(ほうせんじ)は、東京都中野区中央二丁目にある真言宗豊山派の寺院。

宝仙寺
Hosen-ji (Nio-mon).jpg
山門
所在地 東京都中野区中央2-33-3
位置 北緯35度41分56秒 東経139度40分46秒 / 北緯35.69889度 東経139.67944度 / 35.69889; 139.67944座標: 北緯35度41分56秒 東経139度40分46秒 / 北緯35.69889度 東経139.67944度 / 35.69889; 139.67944
山号 明王山(みょうおうざん)
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王秘仏
創建年 寛治年間(1087年 - 1093年
開基 源義家
正式名 明王山 聖無動院 宝仙寺
札所等 関東三十六不動 15番
御府内八十八箇所 12番
地図
宝仙寺の位置(東京都区部内)
宝仙寺
法人番号 5011205000317
テンプレートを表示

中野区でも屈指の広大な寺院で、千年近くの歴史を誇る古刹である。山号は明王山(みょうおうざん)。戦前は当時の中野町役場も置かれていた。また、著名人の葬儀・告別式も多く執り行われることでも有名な寺院である。また、節分の僧兵行列も趣き深い。

目次

歴史編集

寛治年間、源義家によって現在の杉並区阿佐ヶ谷にて開かれた[1]。本尊は、義家が後三年の役の際に護持していた不動明王像で、良弁作と伝えられる。

また宝仙寺は、同じ杉並区大宮八幡宮別当寺となった。本尊は鎌倉時代には秘仏になった。室町時代になり、現在の位置に移転した(1429年[2]江戸時代には、優れた僧を出し、歴代の将軍から厚い保護を受け発展した。また、当寺院の僧侶が将軍の御前論議に参加することもあった。また将軍家が鷹狩りに出た際の休憩所としても利用された。明治期以降、境内には中野町(現在の中野区)の役場が置かれていた。戦災を被ったものの、戦後再建され、三重塔や本堂を見ることができる。

施設・史跡編集

アクセス編集

  • 〒164-0011 東京都中野区中央2-33-3
  • 丸ノ内線大江戸線中野坂上駅」2番出口より徒歩5分
  • 都営バス「宝仙寺前」より徒歩1分
  • 拝観は日中の時間帯のみ無料。
  • 駐車施設:60台収容(葬儀利用のみ)。

関連団体編集

脚注編集

  1. ^ 寺領は青梅街道付近から現在の阿佐ヶ谷駅付近にまで及んだという。また宝仙寺の名の由来は、源義家が寺を創建しているときに稲荷明神が現れ、『この珠は、希世の珍、宝中の仙である。これを以て鎮となさば則ち武運長久、法灯永く明らかならん。』と言い義家に珠を与えて去っていったことに由来するという。
  2. ^ 移転より、阿佐ヶ谷の地には地元の村民のために子寺として世尊院が建てられ現在に至っている。
  3. ^ 当初は、後の中野区立第十中学校の辺りに建てられていた。

外部リンク編集