メインメニューを開く

宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市竹生島にある真言宗豊山派寺院。山号を巌金山(がんこんさん)と称する。本尊は弁才天(観音堂本尊は千手観音)。西国三十三所第30番札所。観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地でもあり、日本三大弁才天の1つにも数えられる(他の2つは厳島神社江島神社とされている)。

宝厳寺
Chikubu island03s3200.jpg
伽藍遠望
所在地 滋賀県長浜市早崎町1664
位置 北緯35度25分16.04秒 東経136度8分35.61秒 / 北緯35.4211222度 東経136.1432250度 / 35.4211222; 136.1432250座標: 北緯35度25分16.04秒 東経136度8分35.61秒 / 北緯35.4211222度 東経136.1432250度 / 35.4211222; 136.1432250
山号 巌金山
宗派 真言宗豊山派
本尊 弁才天
創建年 伝・神亀元年(724年
開基 伝・行基聖武天皇(勅願)
札所等 西国三十三所第30番
江州三十三観音第17番
びわ湖百八霊場第44番
神仏霊場巡拝の道第138番(滋賀6番)
日本三大弁天
文化財 唐門・法華経序品(国宝)
観音堂・渡廊・石造五重塔・絹本着色十六羅漢図ほか(重要文化財)
公式HP 竹生島・宝厳寺 〜西国第三十番札所〜
法人番号 8160005004130
宝厳寺の位置(滋賀県内)
宝厳寺
テンプレートを表示

目次

歴史編集

琵琶湖の北端近くに浮かぶ竹生島に位置する。竹生島は周囲2キロメートル、面積0.14平方キロメートルほどの小島で、島の周囲は南東部にある船着き場を除いてほとんどが急な断崖になっている。島には宝厳寺と都久夫須麻神社の他にはみやげ物店が数軒あるだけで、文字通り信仰の島である。現在は宝厳寺と都久夫須麻神社という「寺」と「神社」に分かれているが、このように区別されるようになったのは、明治時代初期の神仏分離令以降のことであり、竹生島では平安時代から近世まで神仏習合の信仰が行われていた。延喜式神名帳には、近江国浅井郡の社として都久夫須麻神社の名があり、祭神は浅井姫命(あざいひめのみこと)とされていた。浅井姫命は、浅井氏の氏神ともいわれ、湖水を支配する神ともいわれるが、平安時代末期頃から、この神は仏教の弁才天(元来はインド起源の河神)と同一視されるようになったようである。近世には宝厳寺は観音と弁才天の霊場として栄える一方で、都久夫須麻神社は宝厳寺と一体化し、寺と神社の区別はなくなっていた。

宝厳寺は奈良時代、聖武天皇の命により、僧・行基が開創したとされている。行基は出身地の河内国(大阪府南部)を中心に多くの寺を建て、架橋、治水灌漑などの社会事業にも尽くし、民衆の絶大な支持を得ていたとされる僧であり、近畿一円に行基開創を伝える寺院は多い。宝厳寺の寺伝によれば神亀元年(724年)、行基が竹生島を訪れ、弁才天を祀ったのが起源とされているが、承平元年(931年)成立の『竹生島縁起』には、行基の来島は天平10年(738年)で、小堂を建てて四天王を祀ったのが始まりという。同縁起によれば、天平勝宝5年(753年)、近江国浅井郡大領の浅井直馬養(あざいのあたいうまかい)という人物が、千手観音を造立して安置したとある。当初は本業寺(ほんごうじ)、のちに竹生島大神宮寺と称し[1]東大寺の支配下にあったが、平安時代前期、10世紀頃から近江国の他の多くの寺院同様、比叡山延暦寺の傘下に入り、天台寺院となった。以降、島は天台宗の僧の修行の場となった。また、平安時代末期頃からは観音と弁才天信仰の島として栄えた。

中世以降、貞永元年(1232年)、享徳3年(1454年)、永禄元年(1558年)などに大火があったが、その都度復興している。永禄元年の大火後、慶長7年-8年(1602-1603年)、豊臣秀頼片桐且元に命じて伽藍を復興している。この際復興されたのが唐門、渡廊、観音堂、ならびに弁才天社(現・都久夫須麻神社本殿)である。唐門は豊国廟(京都東山にあった豊臣秀吉の霊廟)の唐門(極楽門ともいい、元は大坂城の極楽橋の唐破風造部分であった可能性が指摘されている)を移築したものであり、都久夫須麻神社本殿は豊国廟あるいは伏見城の日暮御殿を移築したものとされる。

明治の神仏分離の際、時の政府は弁才天社を平安時代の『延喜式』に見える「都久夫須麻神社」という社名に変更することを強要し、仏教寺院としての宝厳寺は廃寺の危機を迎えるが、寺側は、弁才天は仏教の仏であると主張して譲らなかった。結局、竹生島の信仰施設は宝厳寺と都久夫須麻神社に分離することになり、明治7年(1874年)に「寺」と「神社」の境界が決まり、明治16年(1883年)には寺の財産と神社の財産が区別されて今日に至っている。現状、宝厳寺と都久夫須麻神社は別法人であるが、宝厳寺観音堂と都久夫須麻神社本殿は渡廊で直接連絡しており、両者はもともと不可分の関係にあることがわかる。

伽藍編集

 
唐門(国宝)(後方は観音堂)
 
本堂
 
渡廊(舟廊下)
 
法華経序品
 
唐門部分 大虹梁上の蟇股(牡丹文)と松に尾長鳥の彫刻
  • 唐門(国宝)
船着き場から急な石段を上り、途中で右に入った位置に建ち、観音堂に接続している。この門は慶長7年(1602年)に豊国廟(京都の東山にあった豊臣秀吉の霊廟)の唐門(極楽門)を移築したものであることが、『梵舜日記』にみえる[2]。その極楽門は大坂城の極楽橋の唐破風造部分を豊国廟へ移築したものである可能性が指摘されている。極彩色の彫刻と飾金具で飾った華麗な門で、桃山時代の雰囲気を伝えている。
  • 観音堂(重文)
入母屋造檜皮葺き。西国三十三所観音霊場第30番札所で、本尊の秘仏千手観音立像(鎌倉時代)を安置する。傾斜地に建つため、床下に長い柱を立てて支える懸造(かけづくり)となっている。柱などの木部は総漆塗りで、天井には極彩色で菊、桐などの文様を描く。柱が床下部分まで漆塗りであるなど、各所に移築の痕跡があり、他所から移築されたものである。札所本尊の千手観音像は秘仏で、開扉は原則として60年に一度である。[3]
  • 渡廊(重文)
宝厳寺観音堂と都久夫須麻神社を結ぶ屋根付きの廊下である。豊臣秀吉の御座船の用材を用いて建てたという伝承から「船廊下」の称がある。
  • 本堂(弁才天堂)
船着き場からの石段を真っ直ぐに上りきった高台に建つ、寺内最大の建物。本尊弁才天像を祀る。1942年に平安時代様式で新築されたもの。
  • 三重塔-弁才天堂の向かいに建つ。近世に焼失して以降長らく失われていた塔で、2000年に再興された。
  • 石造五重塔(重文)-鎌倉時代。

文化財編集

国宝編集

  • 唐門
  • 法華経序品(じょほん)(竹生島経)-金銀泥で草花、鳥などの下絵を描いた用紙に法華経を書写する。この種「装飾経」の早い時期の作例で、11世紀の作品。

重要文化財編集

  • 観音堂
  • 渡廊(低屋根)
  • 渡廊(高屋根)
  • 石造五重塔
  • 絹本着色十六羅漢図
  • 絹本着色釈迦三尊像
  • 絹本着色如意輪観音像
  • 絹本着色阿弥陀来迎図
  • 絹本着色北斗九星像
  • 刺繍普賢十羅刹女図額
  • 刺繍阿弥陀三尊来迎図額
  • 毛抜形太刀〈無銘(伝藤原秀郷奉納)/〉附梨子地桐紋蒔絵鞘
  • 銅水瓶 弘安十一年銘
  • 空海請来目録 附:観応元年卯月十日宗光寄進状
  • 法華経分別功徳品 1帖
  • 竹生島文書(312通)5巻、13幅、49冊、2帖、243通
  • 銅印(駿河倉印)

御詠歌編集

月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積む心地して

札所編集

西国三十三所
29 松尾寺 -- 30 宝厳寺 -- 31 長命寺
江州三十三観音
16 宗正寺 -- 17 宝厳寺 -- 18 大澤寺
びわ湖百八霊場
43 勝安寺 知善院 -- 44 宝厳寺 -- 45 良疇寺
神仏霊場巡拝の道
137 長浜八幡宮 -- 138 宝厳寺 -- 139 観音正寺
日本三大弁天

交通アクセス編集

竹生島#交通アクセスを参照されたい。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長浜市の宝厳寺(ほうごんじ)の概要を知りたい。”. レファレンス協同データベース (2011年10月28日). 2013年3月13日閲覧。
  2. ^ 『週刊朝日百科 日本の国宝』79号、p.8 - 276
  3. ^ 近年では1977年に開扉。2000年には三重塔落慶法要のため特別開扉された。花山法皇一千年忌の西国三十三所結縁開帳で、2009年5月1日 - 5月15日と2010年5月1日 - 5月15日にも開帳された。

参考文献編集

  • 井上靖、塚本善隆監修、陳舜臣、峰覚海著『古寺巡礼近江3 竹生島宝厳寺』、淡交社、1980
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』79号(彦根城ほか)、朝日新聞社、1998
  • 『日本歴史地名大系 滋賀県の地名』、平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 滋賀県』、角川書店
  • 『国史大辞典』、吉川弘文館

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、宝厳寺に関するカテゴリがあります。