メインメニューを開く

宝塚歌劇団22期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1932年宝塚歌劇団に入団し、1933年、花組公演『世界一周』初舞台を踏んだ39人を指す[1]。当時は寶塚少女歌劇團であった。

目次

概要編集

この期は女優の春江ふかみ、櫻町公子と元花組月組雪組星組組長の美吉左久子が入団した。

一覧編集

入団時の成績順にまとめている[2]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
櫻町公子 さくらまち きみこ 10月10日[3] 東京府東京市芝区(現・東京都港区 東洋英和女学院 父親の知人である詩人北原白秋が命名[4] ちんない
チフちゃん[5]
娘役 1944年 俳優
照國佐智子 てるくに さちこ 12月24日 大阪府 帝塚山学院女学部 チャッチャン
小島さん
天井[6]
1949年 改名後・照國早智子(てるくに さちこ)[1]
昇道子 のぼる みちこ 4月15日[7] 大阪府大阪市 神戸女学院[8] 明治天皇の御製「大空に聳えて見ゆる高嶺にも登れば登る道はありけり」[4] ミッちゃん[5] 男役 1940年 妹は高嶺とき子
花乃井千草 はなのい ちぐさ 4月17日[7] 兵庫県姫路市 母校内にある史蹟・此花乃井の通称と紅千鶴の千と種と書いて「くさ」と読む絵画[4] 娘役 1939年 妹は空小鳥
朝海登代子 あさみ とよこ 1933年(昭和8年)の歌御会始の勅題「朝海」に因んで父親が命名[4] 1937年 改名後・朝海登世子(あさみ とよこ)[1]
淀七瀨 よど ななせ 1月10日 愛知県名古屋市 コウリャン髭[9] 1940年
海原千里 うなばら ちさと 6月30日[10] 兵庫県神戸市 甲南高等女学校 和漢吟詠集から姉と選択[4] ドンちゃん[11] 娘役 1941年
時雨明代 しぐれ あきよ 1934年
山葉まさ江 やまは まさえ 7月14日 兵庫県宝塚市 ヤーモッちゃん[12] 1940年
高城淑子 たかしろ よしこ 2月14日 兵庫県神戸市 1939年
花若かつみ はなわか かつみ 1935年
花水歌路 はなみず うたじ 1935年
加賀松乃 かが まつの 2月11日[13] 大阪府 プール学院 モトメちゃん
聖徳太子[9]
娘役 1944年 女優・加賀元女
松帆富子 まつほ とみこ 1933年
若葉繁 わかば しげる 1936年 1936年5月1日、在団中に逝去[1]
姉は桜緋紗子
妹は旭映子
住吉良子 すみよし りょうこ 3月7日[14] 兵庫県神戸市 カメちゃん[14] 1945年
清原伊久子 きよはら いくこ 12月2日 1939年
松原三保子 まつばら みほこ 1937年
松藻さつき まつも さつき 9月20日 自分で考案[4] 1936年
櫻野里子 さくらの さとこ 3月1日 オセキちゃん 1941年
岩戸照子 いわど てるこ 1934年
松島喜美子 まつしま きみこ 9月6日[3] 兵庫県神戸市 神戸女学院[15] 父親の出生地と父親の名を慕う名前の組み合わせ[4] コイケちゃん[11] 娘役 1940年
若竹操 わかたけ みさお 3月28日[13] 福岡県 福岡高等女学校 てるちゃん
ヒラー
コテイさん
オヒラ
娘役 1942年
牧藤尾 まき ふじお 3月30日[3] 兵庫県神戸市[16] 兵庫県立第二神戸高等女学校[17] かつさん
おすましさん[6]
男役 1941年 改名後・牧ちとせ(まき ちとせ)[1]
明海陽子 あけみ ようこ 2月6日[18] 北海道日高郡新ひだか町 北星高等女学校[19] 1933年(昭和8年)の歌御会始の勅題「朝海」に因んで自分で考案[4] イナちゃん[19]
シゲちゃん[15][20]
白熊[6]
男役 1939年
相良昌代 さがら まさよ 8月18日[3] 東京都 おせいちゃん[14] 男役 1941年
名村志都子 なむら しづこ 1934年
渚千鳥 なぎさ ちどり 1934年
大殿みやび おおとの みやび 6月21日[3] 大阪府堺市 堺高等女学校 源氏物語[4] うけちゃん[21] 男役 1938年
芝惠美子 しば えみこ 10月25日[14] 島根県隠岐郡 唄が上手くなる様に上級生の橘薫の愛称[4] なべちゃん[22]
われなべ[6]
ナベコ
娘役 1941年 改名後・芝惠津子(しば えつこ)[1]
月岡康子 つきおか やすこ 台湾[4] やっちゃん[23] 1936年
六原いづみ ろくはら いづみ 1月2日 岡山県 出身学校名と引田一郎が命名した名前の組み合わせ[4] 1940年
眞山伊那子 まやま いなこ 1934年
花影絹子 はなかげ きぬこ 10月4日[5] 大阪市立櫻宮高等女学校[5] 戸田子爵家の人が命名[5] カイちゃん 男役 1943年 改名後・英みのる(はなぶさ みのる)[1]
美吉佐久子 みよし さくこ 8月31日[13] 兵庫県神戸市[13] 神戸市兵庫尋常小学校[13] 古今集 ウマちゃん
ハルウマさん[24]
男役 1979年 改名後・美吉左久子(みよし さくこ)[1]
宝塚歌劇団演技講師
歌垣つくば うたがき つくば 1934年
大庭梅香 おおば うめか 12月12日 大阪府 1941年
春江ふかみ はるえ ふかみ 1月30日[3] 兵庫県 オバアチャン[22] 娘役 1946年 俳優
山部志賀子 やまべ しかこ 10月19日[14] グリコ[25] 娘役 1947年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 100年史(人物) 2014, p. 21.
  2. ^ 100年史(人物) 2014, p. 5.
  3. ^ a b c d e f 『寶塚スタア生まれ月暦』
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年5月、158号
  5. ^ a b c d e 『エスエス』、東宝発行所、1939年1月号
  6. ^ a b c d 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年8月、161号
  7. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1938年3月号
  8. ^ 『東宝』、東宝出版社、1936年3月号
  9. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年6月、159号
  10. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1938年5月、218号
  11. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1939年8月号
  12. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年6月号
  13. ^ a b c d e 『エスエス』、東宝発行所、1939年7月号
  14. ^ a b c d e 『エスエス』、東宝発行所、1939年6月号
  15. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1938年1月号
  16. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1938年12月1日、225号
  17. ^ 『宝塚グラフ』、宝塚少女歌劇団、1939年9月号
  18. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年4月号
  19. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1939年5月号
  20. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1939年3月、228号
  21. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年3月号
  22. ^ a b 『エスエス』、東宝発行所、1939年9月号
  23. ^ 『東宝』、東宝出版社、1936年4月号
  24. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P100
  25. ^ 『今昔たからづか ―花舞台いつまでも―冨士野高嶺著、宝塚歌劇団出版、1990年12月1日

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0