実務技能検定協会

公益財団法人実務技能検定協会(じつむぎのうけんていきょうかい)は、検定試験の実施や出版物の発行などの事業を通じて、職業人のビジネススキルの向上や職業教育の充実に寄与することを目的として活動している公益財団法人である。

公益財団法人実務技能検定協会
団体種類 公益財団法人
設立 2012年4月1日
所在地 東京都新宿区高田馬場1-4-15
起源 財団法人実務技能検定協会(1971年[1]-2012年3月31日
主要人物 保坂恭世[2]
活動内容 ビジネススキルに関する検定試験の実施
ウェブサイト https://jitsumu-kentei.jp
テンプレートを表示

一般的には、秘書技能検定試験を主催する団体として知られる。かつては工業系の検定試験も実施していたが、現在は別団体に移管している。

沿革編集

実施している検定試験編集

いずれも文部科学省後援である。

かつて実施していた検定試験編集

公益財団法人国際文化カレッジに移管
一般財団法人中央工学校生涯学習センターに移管
廃止

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集