実況おしゃべりパロディウス

実況おしゃべりパロディウス』(じっきょうおしゃべりパロディウス)はコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売された日本ゲームソフト。略称は「実況パロ」、「実パロ」。

実況おしゃべりパロディウス
( 〜forever with me〜 )
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 スーパーファミコン[SFC]
プレイステーション[PS]
セガサターン[SS]
PlayStation Portable[PSP]
開発元 コナミ(PSPのみKDE-J
発売元 コナミ(PSPのみKDE-J)
人数 SFC版、PSP版は1人
PS、SS版は2人同時プレイ可能
メディア SFC:バッテリーバックアップ搭載カセット
PS,SS:CD-ROM1枚
PSP:UMD1枚
発売日 SFC:1995年12月15日
PS:1996年12月20日
SS:1996年12月13日
PSP:2007年1月25日 
対象年齢 CERO:C(15歳以上対象)(PSP)
その他 PS,SS,PSPは『実況おしゃべりパロディウス フォーエバー・ウィズ・ミー』
テンプレートを表示

1995年スーパーファミコンの横スクロールシューティングゲームとして発売された後、1996年にプレイステーションセガサターンに大幅なパワーアップ・アレンジを加えて『実況おしゃべりパロディウス 〜forever with me〜』(- フォーエバー・ウィズ・ミー)のタイトルで移植された。

同社の『パロディウス』シリーズの第4作目。1997年に発売された『グラディウス外伝』と同様に家庭用オリジナル作品であり、それを前提とした要素が取り入れられた作品。2007年1月25日発売されたPSP用ソフト『パロディウス ポータブル』にもPS版をベースにしたものが収録されている。

目次

作品解説編集

本作はタイトルについている通り、八奈見乗児が声を演じる初代『パロディウス』の主人公「タコ」による膨大な実況解説が入っているのが特徴である(コンフィグ【設定】画面でOFFにすることも可能)。「顔が弱点だよ」や「真ん中を狙って」とボスの弱点を教えてくれたり、緑色ベルを取った直後に自機が巨大化すると「あらまぁ、デッカイのね」と驚いてくれたり、ボスが自機めがけて突進したりすると「危な〜い!!」と注意してくれたり、スピードアップを取りすぎて最高状態になると「あーっ、もう知らないっ!!」と心配してくれたりする。コナミが『実況パワフルプロ野球』に搭載していた特殊チップを応用し、当時としてはクリアな音質での音声再生を可能にした。なお八奈見はゲーム中の実況だけでなく、オープニングデモのナレーションやタイトル画面のタイトルコールも担当している。

またPS・SS版では2P側に小原乃梨子による実況も追加されている。役名は「ノリコ」で、「タコ」の妻であり「タコスケ」や「タコヒコ」の母という設定である。そのため、台詞の中に「タコヒコの母でございます」というものや「タコ」との夫婦のやりとりと思われる会話が存在する。

また、家庭用オリジナルということもあり、プレイ途中でのセーブ・ロード機能が存在しているほか、ステージごとに隠れている妖精を集めることで、メニュー項目や自機追加の特典がつくなど、今までのシリーズにはない試みがなされている。さらに、本作以前の『パロディウス』シリーズで2P専用として登場していたキャラクターにも、1Pキャラクターとは少し違った装備が施され、主役キャラクターとなっている。

1996年にはプレイステーションセガサターンに移植されたが、オリジナルであるSFC版からはステージ構成をはじめ、ほぼアレンジに近い大多数の変更点(後述)があり、タイトルが『実況おしゃべりパロディウス フォーエバー・ウィズ・ミー』(同じくPS、SS版『ときめきメモリアル』のサブタイトルである『フォーエバー・ウィズ・ユー』のパロディ)に変更され、ロゴもそれに合わせたものになっている。

キャラクターイラストレーションは、全機種とも漫画家あさりよしとおが担当。

ステージの大半をコナミがリリースした作品をパロディにしており、『ワイワイワールド』シリーズに通ずる面もある。

また、『パロディウス』シリーズで初めてボスラッシュステージが採用された作品でもある(次回作の『セクシーパロディウス』でも採用されるが、今作とステージの特徴が違う)。

ゲームシステム編集

ゲームシステムは基本的に『極上パロディウス』を踏襲しているが、「フォーエバー・ウィズ・ミー」では「!?」にスロットの要素が追加されており、さらに強力なベルパワーが使用可能になっている。また、オプションにより、ルーレットカプセルの色を識別可能にすることができる(変更後は紫)。

なお、一部のステージでは前作のボスキャラクター「カプチーノ」を模したものが設置されており、触れるだけでパワーアップルーレットを行うことが出来る。

BGM編集

この作品では『パロディウス』シリーズでは珍しく、ステージBGMの多くがクラシック音楽のアレンジだけではなく元ネタとなったゲームのBGMとクラシック等の曲が合わさっており、一部のステージ・ボスBGMは元となったゲームの原曲からのアレンジで構成されている。

また、SFC版『グラディウスIII』では使われなかった空中戦曲『Try to Star』を最終面の空中戦で採用し、ゲームを盛り上げている。

最終面では『パロディウスだ! 〜神話からお笑いへ〜』以来久し振りに、元となった作品の要塞面アレンジBGMが採用されている(ステージ中盤曲まで採用するなど徹底している)。

この作品のみ、JASRACの許諾表示がパッケージに記されている[1]

ストーリー編集

『実況おしゃべりパロディウス』は宇宙暦95年が舞台となっている。
なお、ゲームオープニングは『機動戦士ガンダム』のパロディで、それをパロディウスらしい遊び心溢れるものにしている。
オープニングの冒頭で出る文章に「11人の仲間たちが冒険の旅に出た」という台詞があることから、本作はSFC版『極上パロディウス』の後日談ということが分かる。また、SFC版の「にいたらしめた」は、PS,SS版では「にいたらしめた」に変更されている。

基本操作編集

ボタンの配置はオプションで変えることが出来る。
SFC版:ショット…B ミサイル…B パワーアップ…Y ベルパワー…A
SS版:ショット…B ミサイル…B パワーアップ…A ベルパワー…C
PS版:ショット…× ミサイル…× パワーアップ…□ ベルパワー…○

登場キャラクター編集

上記のように、過去作品の2Pキャラクターが本作では独立した別キャラクターになっており、装備内容まで異なっている。

自機 ゲージ
1 2 3 4 5 6 7
ビックバイパー スピードアップ ミサイル ダブル レーザー オプション OH! フォースフィールド
ロードブリテッシュ ツインホークウインド リップルレーザー マルチシールド
タコヒコ 2-WAYミサイル テイルガン リップルレーザー オクトパストラップ
ベリアル ミサイル ダブル
ツインビー ロケットパンチ テイルガン 3-WAY オプション
(収束型)
バリア
ウインビー オプション しっぽバリア
ペン太郎 ポットンミサイル ダブル スプレッドガン オプション
(収束型)
バブル
お花ちゃん スプレッドボム
そいつ そいつスピード そいつミサイル そいつウェイ そいつレーザー そいつパワー そいつシールド
どいつ どいつスピード どいつミサイル どいつウェイ どいつレーザー どいつオプション どいつシールド
ウパ スピードアップ ホーミングミサイル ワイド レーザー グレードアップ メガクラッシュ
ルパ マルチスプレッドガン サーチバルカン
ミケ マルチボム レーザー ウェーブ フォースフィールド
(重ね張り式)
ラン ホーミングビット リフレクトショット サーチレーザー シールド
スゥ オプション レーザー ダブル ミサイル フォースフィールド
ミメム リバースホークウインド テイルガン ツインレーザー オプション
ドラキュラくん ミサイル
(マクロミサイル)
バルカン
(ラウンドバルカン)
ホーミング
(ニードルクラッカー)
グレードアップ フォースフィールド
(チェンジ)
キッドドラキュラ スプレッドボム テイルガン リフレクトショット シールド

ビックバイパー
シリーズのパロディ元である『グラディウス』シリーズに登場する、超時空戦闘機。本作では、タイヤキ屋をやっている。幻のタコヤキを横取りし、副業でタコヤキ屋を始めて私腹を肥やそうとしている。
また、この作品のみビックバイパーとロードブリティッシュはBGMが「Charenger 1985」ではなく、「Charenger 1985」と『沙羅曼蛇』ステージ4のBGMをミックスしたような曲となっている。装備はシリーズ伝統の1番装備だが、今作品ではオプションが緑色。また、バリアはSFC版『極上』に引き続きフォースフィールドを装備。
ロードブリティッシュ
惑星ラティスの防空戦闘機で、惑星王家第1王子の名を冠する機体。幻のタコヤキを横取りして、タコヤキ屋を開業しようと目論む。今回は、リップルレーザーをダブルとして使用可能。バリアはマルチシールドで、右、上、左、下の順に貼れる。
装備はビックバイパーが『グラディウス』の標準装備であるのに対し、ロードブリティッシュは『沙羅曼蛇』の装備に近い。
タコヒコ
『パロディウスだ!』の主人公であるタコ(本名はMr.パロディウス)の次男。野球帽をかぶっている。タコに幻のタコヤキを探すように言われた長男のタコスケにそそのかされて、幻のタコヤキ探しに出発する。
本作では、Mr.パロディウスやタコスケとは違い、彼専用の新規のテーマ曲が用意された。
ベリアル
相変わらず性別は不明な、リボンを付けた黄色いタコ。タコヒコにあこがれてついてきたが、実際は赤ければ誰でもいいらしい。装備は『グラディウスII』の3番装備に近い。
こちらも新規のテーマ曲が用意された。
ツインビー
ツインビー』シリーズに登場する戦闘機。気がつけば口がついていたので[2]、食事のために幻のタコヤキ探しに参加。
ウィンビー
当時、ツインビーシリーズのメディアミックス企画により、パイロットのパステルがアイドルばりにもてはやされていたため、欲求不満をぶつける為に参加。ツインビーと違い、オプションが収束せずその場固定になり、防弾性能を付与するしっぽバリアを装備。
ペン太郎
けっきょく南極大冒険』で南極を一周したペンギンの息子。凶暴化してきたお花ちゃんにおびえていて、彼女の口実のため幻のタコヤキ探しに強制参加させられた。
お花ちゃん
今回もペン太郎のことが心配でついてきたとは本人の弁だが、実際は破壊の快感に目覚めており、幻のタコヤキ探しに参加して暴れまわるための口実である。ミサイルはスプレッドボムに変更。
そいつ、どいつ
「こいつ」と「あいつ」が発見された際、「そいつ」と「どいつ」も存在すると誰かが冗談で言ったら本当に発見された存在。そいつはこいつ(あいつ)と同じくグレードアップ型(単体強化)で緑だが、レーザーの挙動が若干違う。どいつはオプション型(グレードアップも併発)で貫通ツインレーザーを持つ黄色。
ウパ
ファミコン用ソフト『バイオミラクル ぼくってウパ』の主人公。SFC版『極上』にて『パロディウス』シリーズ初参戦。ルアクーヨ王国の王子で、異常発達した嗅覚で幻のタコヤキのにおいを嗅ぎ付けて城を飛び出す。SFC版『極上』と同じく『雷電』が装備の元ネタ。
ルパ
SFC版『極上』で初参戦したウパの妹。国王の頼みで兄を城に連れ戻すことに。装備の元ネタは『達人王』に変更。
ラン
ツインビーの茶飲み友達の白ネコ。タコヒコを見て以来、一度はタコを食べたいという衝動にかられ幻のタコヤキ探しに参加。装備は『R-TYPE LEO』が元ネタでホーミングビットとリフレクトショットが強み。
ミケ
ウインビーのカラオケ仲間の斑のついた猫。幻のタコヤキ探しに参加したウインビーを連れ戻しカラオケになだれ込もうとしている。装備は『ダライアス』が元ネタで、フォースフィールドはコタツで重ね貼り式(机→コタツ→置物→置物豪華版)になっている。
スゥ
ビックバイパーのタイヤキ屋の常連客の12歳の妖精。幻のタコヤキの一件は彼から聞いて知った。ビックバイパーと同じ武装にしようとしたが、ミサイル〜オプションまで配列が逆になっている(『ライフフォース』のロードブリティッシュの配列に近い)。
メミム
741歳の妖精。幻のタコヤキの噂を聞いて探しては失敗を繰り返しており、今度こそはと執念を燃やしている。ミサイルはホークウィンド、レーザーはツインレーザーを装備。
ドラキュラくん、キッドドラキュラ(PSSS版のみ)
ファミコン用ソフト『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』の主人公。SFC版『極上』では最初から選択可能だったが、今回はPS・SS版で妖精を全部集めることで使用可能になる隠しキャラクターとして登場。
装備の元ネタは、ドラキュラくんがSFC版『極上』と同じく『アクスレイ』のままで、キッドドラキュラが『サンダークロス』に変更。
なお、SFC版『極上』ではBGMが『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』のステージ1アレンジであったが、今作品ではステージ2のアレンジになっている。

ステージ紹介(SFC版基準)編集

Stage 内容 解説 ステージ音楽 ボス ボス音楽
1 ソウル ディスコ風のステージ。
大阪道頓堀の名物看板が多数置いてある。
KC and the Sunshine Band:『ザッツ・ザ・ウェイ』
(PSP版では『Dance Dance Revolution』より「BRILLIANT 2U」(NAOKI作曲))
ジュデー&メローラ 筒美京平作曲:『魅せられて
2

学校

恋愛ゲーム『ときめきメモリアル』のパロディが盛り込まれたモアイ面。中盤に登場するモアイは、同作に登場する一部の女性キャラクターを模した風貌になっている。 ときめきメモリアル』より「Jumping Smile」(朝日奈夕子のテーマ)
ボロディン作曲:『歌劇イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」』
ときめきメモリアル』より「思い出の数だけ…」(藤崎詩織のテーマ)
巨大ひかる&あかね ネッケ作曲:『クシコス・ポスト
3 野原 ツインビー』シリーズのパロディで、雲に攻撃を当てるとベルが出てくるため点稼ぎにもってこいの面。同作品の雑魚敵であるザコビーが敵キャラクターとして登場。 出たな!!ツインビー』より「風の贈り物」
ペツォールト[3]作曲:『メヌエット ト長調
出たな!!ツインビー』より「天空の要塞ラピュタ」
バロンビー 女狼羅命(オリジナル曲)
ボインビー ツインビーヤッホー』より「Kiss My Parasol」
4 江戸 アクションゲーム『がんばれゴエモン』のパロディ。飛び跳ねる桜の木、餅つき、歌舞伎役者などの日本風の障害物が特徴。後半に餅菓子(煎餅など)やこんぺい糖を掘り進む地帯がある。 ザ・ベンチャーズ:『ダイアモンド・ヘッド』
がんばれゴエモン!からくり道中』より「城下町」
ゴエモンコンパクト→ミスコンパクト がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』より「ゴエモン・インパクト」
5 お菓子 前作のステージ3の雑魚敵が再登場するポリゴン風のステージ。『ゼクセクス』の第2ステージのパロディ。ボスは死に際に体当たりを行う。 ドビュッシー作曲:『2つのアラベスク 第1番』
サティ作曲:『ジュ・トゥ・ヴー
デコレーションコアMk-II グラディウスII -GOFERの野望-』より「Take care!」
6 ハイウェイ ガンシューティング『リーサルエンフォーサーズ』のパロディの高速スクロール面。道中にあるコインをとると点数が加算される。 リーサルエンフォーサーズ』より「パトロールマン」 殿様  対戦ぱずるだま』より「余Win」
7 ボスラッシュ グラディウスシリーズ伝統のボスとの連戦。ザブ地帯後に3体のボスと戦闘になる。最初のビッグコアは初代『グラディウス』と違い、途中で後に回り込んでくる。3体目のバロンビーは最初ビッグバロンビーに搭乗しており、これを破壊するとバロンビー戦に移行。 ビッグコア グラディウス』より「Aircraft Carrier」
女幽霊 がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』より「思春期のボス」
ビッグバロンビー→バロンビー(2回目) Pop'nツインビー』より「ぶっとび大砲野郎どもに捧ぐ」
8 お祭り グラディウスIII』の要塞面の構造を模した最終面(このステージの空中戦のみ、SFC版『グラディウスIII』で使われなかった「Try to star」のアレンジに変わる)。ただし基になっているのはSFC版なので停電ポイントや回転レーザーは存在しない。ちちびんたリカはシャドーギアMk-IIと違って破壊不可能。 グラディウスIII -伝説から神話へ-』より「Try to star」(空中戦) 要塞きんぎょやさん 泳げ金魚くんスイスイスー(オリジナル曲)
グラディウスIII -伝説から神話へ-』より「Mechanical Base」(ステージ前半) ちちびんたリカ(祭Ver.) グラディウスII -GOFERの野望-』より「The Final Enemy」
グラディウスIII -伝説から神話へ-』より「Final Shot」(ステージ後半) ばくてり屋 グラディウス』より「Airclaft Carrier」(ラスボス)

PS,SS版での変更点編集

ステージ

1面
序盤で『極上』のオープニングに近い演出を見ることができる。また、背景の空の色が変更。
ボスの入っているミラーボールの弱点がクサリから真ん中に変更。
終盤に登場するカーネル・サンダースをモチーフにした敵キャラクターの衣装が変更。
2面
ポーズ中にあるコマンドを入力するとBGMが『ときめきメモリアル』藤崎詩織役の声優である金月真美のボーカルが入るバージョンに切り替わる。
後半のシャボン玉に入っているキャラクターが『ときめきメモリアル』のキャラクターに変更されている(一つだけセーラー服を着たブタがいる)。
ボスはハードの性能向上により、グラフィックが別物と言ってもいい程に描き直されている。ポージングも変わっており、プレイヤー時に使用するミサイルを所持している(SFC版では何も持ってない)。髪をなびかせた時に花びら型の雑魚が出現するなど、攻撃方法が大幅に異なる。更に上昇途中に、あかねに攻撃すると怒って反撃される仕様となっていたりする(SFC版では何もしない)。
3面
地形の家がツインビー仕様になり、背景の雲のキャラクターが増加。
ベルを放出するキャラクターが眼鏡をかけたウサギに変更。
中ボスのバロンビーを搭載している戦艦がワルモン博士の登場する豚顔の戦艦になっている他、ボインビーが投げキッスによる攻撃を行ってくるようになった。
4面
序盤で登場するトンビに捕まっているキャラクターが中年男性の人形から油揚げ(実はキツネが化けている)に変更。
ゴエモンコンパクトの爆弾の軌道が大きく異なり、第二形態がエビス丸になる。
5面
浮遊している風船がブドウに変更された。
ボスの弱点に奥行きがなくなり、攻撃パターンも追加された。
6面
リーサル・エンフォーサーズが実践される。
終盤に高速ステージではおなじみの開閉するゲートが連続する地帯が追加され、ボスはPS、SSオリジナルのネコ戦闘列車に変更(BGMはリムスキー=コルサコフの『熊蜂の飛行』)。
7面
ザブがナルト型からぱずるだま型に。各ボス前に倒すとベルを出す敵キャラクターが追加。ボスは『対戦ぱずるだま』のジョン・ワン次郎、ペンクロー、とのさま(SFC版6面とは攻撃がまったく異なる)に変更(攻撃はSFC版の7面とほぼ同じ。BGMは登場順に、「スゥール・ノウ」、「Puzz-Rock」、「余Win」)。
また、地面が存在し各ボスは地上から浮遊(出現)する。
8面
ラストボスであるばくてり屋が、黒いベールをかぶって登場するようになった。
おまけ面
新規の特別ステージが2種類追加されている。一つ目はSFC版『パロディウスだ! 〜神話からお笑いへ〜』のおまけ面と同様にスコアアタックが目的で玩具をモチーフとしたステージ。BGMはモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』。二つ目は高速スクロールでゴールへ到達するまでのタイムアタックを競う(自機をスピードアップさせるとスクロール速度も上昇。早いほど障害物を避けにくくなるがタイムが向上する)。F1をモチーフにしており、正式名称は「P1(ピヨワン)グランプリン in 鐘鹿(ベルカ)」(鐘鹿は鈴鹿サーキットのパロディ)。BGMはTHE SQUARETRUTHF1中継のメインテーマ)。PSP版では雰囲気を似せたオリジナル曲「Paruth」に変更されている。
PS版のみの追加ステージ
ステージクリア時に「アクシデントステージ」が乱入することがある。これはオプションで切ることも可能。ボス敵は存在しない。
ミスの場合、設定でその場復活にしていると継続できるが、そうでない場合はアクシデントステージは終了する。
ステージは宇宙空間で、登場する敵や障害物がポリゴンで描かれている(大半が過去のグラディウスシリーズに登場したネタのパロディで占めている)。
登場する敵や障害物パターンは、「巨大ウナギ(元はバルチャードドラゴン)」「隕石襲来」「特大ミサイル(遠景にいるモアイ戦艦が飛ばしてくる)」「タコ型触手(元はグラディウスの触手団子)」
また、メインメニューにおいて特定のコマンド入力でアクシデントステージのみが連続するゲームモードがある。このモードでのみ、前作のカプセル怪獣カプチーノに相当するキャラクターがステージ間に登場する。このモードは全アクシデントステージをクリアで終了。
EXTRAモード(SS版のみ)
SS版のみに搭載されているモード。ステージ構成は通常と同様だが、敵の配置が大幅に変更され、ボスの攻撃パターンが異なるなどの違いがある。

その他編集

後に「そいつ」と「どいつ」が、それぞれ「ソイツ」「ドイツ」として『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム』のモンスターカードとなっている。共に単体では全カードの中でも名実共に最弱の部類に属するが、ユニオン(合体)することで強力モンスターとなる。

PS版・SS版のステージ2においてコマンド入力をするとステージBGMがボーカル版に変更されるが、ボーカル版の歌詞は実は『ときめきメモリアル』に多数あるボーカル曲・イメージ曲から引用した、それぞれの歌詞の一部を繋ぎ合わせたものである。ボーカル部分はループはされず、前半最初でコマンド入力が発動できる箇所から後半の体育館あたりまでがフルコーラス部分で、ボス手前では通常のステージBGMバージョンに戻る。

高速面であるステージ6はグラディウス・パロディウスシリーズの高速面としては珍しく、難易度を一番簡単なレベルにすると通常の速度のスクロールに変化する。

最終ステージのちちびんたリカは逆立ちした状態で登場する事があるが、その際はSFC版『グラディウスIII』のシャドーギアMk.IIの手足の特徴とほぼ同じ(天井側が長く、床側が短い)。

脚注編集

  1. ^ 1面ボスBGMの原曲『魅せられて』と4面ステージBGM原曲『ダイアモンド・ヘッド』の使用によるもの。
  2. ^ 1993年頃から口が描かれているイラストと描かれていないイラストが混在(「Pop'nツインビー」のパッケージ及びゲーム中のイラストには描かれていないが、ROMカセットのラベルとサウンドトラックCDのジャケットには描かれているなど)し始め、発売当時はすでに口があるイラストが標準になっていた。
  3. ^ PSP版のミュージックプレイヤーモードではバッハ作曲と表記されているが、正しくはペツォールトの作品である。

外部リンク編集