メインメニューを開く

実況パワフルプロ野球 (スマートフォン)

実況パワフルプロ野球』(じっきょうパワフルプロやきゅう)とは2014年12月18日よりGoogle Playで、同年12月23日よりApp Storeで配信が開始されたAndroid/iOS用野球ゲームである。公式サイトでは『パワプロアプリ』の略称も使用されている。

投球や打撃をタップやフリックで操作し、走塁・守備はオートとなっている。サクセスモードが搭載されている。

目次

概要編集

スマートフォン対応の実況パワフルプロ野球シリーズでは初となるサクセスモードが搭載されており、メイン機能となっている。ガチャで手に入れたイベントキャラクター(略称:イベキャラ)をデッキにセットすることでサクセスシナリオを充実させ、より強力な選手を育成することができる。実在するプロ野球の球団や選手は搭載されておらず、自分のチーム(チーム名は自由に決められる)にサクセスモードで育成した選手を組み入れて強化し、スタジアムモードやその他イベントにて他のプレイヤーのチームと対戦するのが目的である。

イベキャラ編集

ガチャや、サクセス中の宝箱、イベントなどで入手できるキャラクター。NRSRの3段階でレアリティが分かれており、それぞれ上位互換のPNPRPSRが存在する(Pはパワフルの略である)。同一イベキャラが複数のレアリティで登場することもある。イベキャラとして登場するのはこれまでのパワプロシリーズに登場したサクセスモードのキャラであり、一部アプリ版オリジナルのキャラも存在する。

サクセスをプレイする際、「イベキャラデッキ」にキャラをセットすることでサクセスシナリオ中にそのイベキャラを登場させ、それに応じて発生する特殊イベントによって経験点や特殊能力のコツを取得することができる。そうして得られる経験点や特殊能力は、イベキャラごとに設定・割り当てられている能力や「イベントボーナス」「得意練習」などによって異なる他、評価を一定まであげることで得意練習に該当する練習において「スペシャルタッグ」が発生し、より多くの経験点が入手できる。同じイベキャラでも高レアリティでないと発生しないイベントも存在し、特にSR以上のイベキャラをデッキにセットすることで超特殊能力や特殊変化球取得関連のイベントが発生する。他のイベキャラや強化素材を合成することで強化することができ、レベルが一定以上になるごとにイベントや練習での効果が強くなる。

デッキにセットできるイベキャラはプレイヤーが所持しているキャラから最大5人、他のユーザーのリーダーのイベキャラを1人だけ助っ人として使用することができるため、最大6人使用可能である。ただし、シナリオによっては使用できないキャラが一部存在する(シナリオ別のライバルキャラ、他のコラボレーションのシナリオのキャラなど)。

また、先述の通り基本的にはパワプロシリーズに登場するサクセスモードのキャラがイベキャラとして登場しているが、様々なコラボレーション開催に伴いそれに関連したイベキャラも多数登場している。過去に登場したコラボ関連キャラ及びコラボ概要は以下の通り。

実在の選手・人物・キャラクター
  • 田中将大 - パワプロ応援大使就任、田中出演のテレビCM公開、田中プロデュースのサクセスシナリオ・北雪高校編配信[1]
  • 大谷翔平 - 大谷出演のテレビCM公開
  • 吉岡里帆 - 吉岡出演のテレビCM公開[2]
  • トラッキー - コラボイベント開催[3]
漫画・アニメ
  • ダイヤのA』主要キャラクター - 『ダイヤのA』コラボの青道高校編サクセスシナリオ配信
  • MAJOR』主要キャラクター - 『MAJOR』コラボの海堂学園高校編サクセスシナリオ配信
  • 凡田夏之介 - 『グラゼニ』コラボイベント開催[4]
  • 逆境ナイン』主要キャラクター - 『逆境ナイン』コラボの全力学園高校編サクセスシナリオ配信
  • MAJOR 2nd』主要キャラクター - 『MAJOR 2nd』コラボイベント開催
  • 北斗の拳』主要キャラクター - 『北斗の拳』コラボイベント開催・世紀末北斗高校編サクセスシナリオ配信
  • MIX』主要キャラクター - 『MIX』コラボイベント開催
  • タッチ』主要キャラクター - 『タッチ』コラボイベント開催
他のゲーム

ガチャ編集

イベキャラを入手する主な手段。以下の種類がある。

  • ノーマルガチャ
    ガチャPを200消費して回すガチャ。また、1日1回無料で利用できる。すべてのレアリティのイベキャラが登場する。たまにゲドーくん像のみ出現のガチャや、PN以上確定のガチャなどが行われる。
  • レアガチャ
    パワストーンを5個消費して回すガチャ。R以上のイベキャラが登場する。月曜日のみ、1回だけパワストーン3個消費でPR以上確定のガチャ(ハッピーマンデーガチャ)を引くことができる。
  • チケットガチャ
    PNガチャ券、Rガチャ券、PRガチャ券、SRガチャ券、同10%ガチャ券、同20%ガチャ券、同30%ガチャ券、PSRガチャ券、同10%ガチャ券、同20%ガチャ券、同30%ガチャ券、を消費して回すガチャ。それぞれそのレアリティ以上のイベキャラを必ず入手できる(10%、20%、30%は1つ下のレアリティ)。2016年12月14日にガチャ券の種が実装化された。
  • ミキサーガチャ
    Rを5枚消費して回すレアミキサーガチャ、PRを5枚消費して回すPレアミキサーガチャ、SRを5枚消費して回すSRミキサーガチャ、PSRを5枚消費して回すPSRミキサーガチャがあり、それぞれのレアリティのイベキャラを1枚入手できる。入手できるイベキャラは消費したキャラとは別のものが出てくる

サクセス編集

シリーズ恒例のサクセスモード、基本システムは『実況パワフルプロ野球2013』のサクセスをベースにしたが、本作独自のシステム調整が一部存在する。

シナリオ編集

『パワプロ2013』同様、高校2年の8月からドラフト会議までがシナリオの舞台となっている。異なるテーマに基づいた様々な高校が実装されており、それぞれに特色が存在する。ただし、登場校は『パワプロ2013』から一新されている(くろがね商業高校を除く)

なお、本作の世界観は『実況パワフルサッカー』の世界観と共有され、2作のキャラがそれぞれのサクセスシナリオに相互出演した場合もある。

パワフル高校
パワプロシリーズ定番の高校。本作ではプロ野球を目指してパワフル高校に入学した主人公が、幼馴染である星井スバルと再会して甲子園、そしてプロ野球選手を目指すというストーリーになっている。
特殊コマンドなどがなくシンプルなシナリオであり、初心者がサクセスの基本を身につけるためのシナリオとされる。
余談だが、『パワプロ2016』、『パワプロ2018』のパワフェスモード、『パワプロ ヒーローズ』のヒーローズモードの主人公の本来の所属チームはこのチームである。
瞬鋭高校
かつては名門校と呼ばれていた高校。「エリート組」と「雑草組」に分けられており、主人公は実績がなかったために雑草組になっていた。しかし、臨時コーチとして招聘された厳巳浩平によって完全実力主義となり、主人公は一軍への昇格、甲子園の出場を目指すこととなる。
チームが3軍、2軍、1軍に分かれており、その昇降格を決める4度の実技試験がポイントとなる。特殊コマンド「呼び戻す」によって練習をボイコットしているキャラを呼び戻すことができる。
青道高校
漫画『ダイヤのA』とのコラボレーションのサクセスシナリオで、主人公沢村栄純が所属する青道高校を再現。このシナリオでは、イベキャラデッキにセットできるのは男性の選手かサポートキャラクター(他コラボレーションのサクセスキャラ除く)のみ[5]となる。
このシナリオでは、デートと遊ぶコマンドが使用できず、かわりに特殊コマンド「青心寮」で「練習の約束」をすることによってキャラを最大3週間指定の練習に固定できる。また、「青心寮」でのイベントによって「青道魂」を発動させることで様々な効果が得られる。
北雪高校
パワプロ大使・田中将大プロデュースのシナリオ。北海道にある女子部員しかいない高校で甲子園を目指す。このシナリオではイベキャラデッキにセットできるのは女性キャラクターのみ[5]となる。
特殊コマンドとして「ときめき」コマンドがあり、メインキャラである美園、小嵐、八尺、明星の4人の「ときめき度」をあげることで特別な効果が得られる。
前述の通り、男性キャラは使用できないため、矢部ではなく矢部田が相棒となっている。そのため一部キャライベントの内容が変更されている。
SG高校
民間警備会社が運営する私立高校。独自カリキュラムの「護衛任務」が取り入れられ、護衛に不可欠な能力が野球にも通じており、プロ選手も多数輩出している。主人公は護衛任務をこなし、甲子園を目指す。
特殊コマンド「ミッション」ではミニゲームをプレイすることができ、それらをクリアするによって育成を有利に進めることができる。ミニゲームのプレイにあたり、各イベキャラにはそれぞれ「バウンサー」「レンジャー」「ガード」「スナイパー」のうちのいずれかの役割が与えられている。
覇堂高校
過酷な練習量で知られる強豪校。キャプテンの木場嵐士と星井スバルの両エースを擁し、甲子園出場が確実視されていたが、星井の突然の転校と練習過多による故障者続出により予選敗退してしまう。主人公はバラバラのチームメイトたちの心に火を付け、野球部を立て直していく。
「オーバーヒート」が最大のポイントであり、「オーバーヒート状態」のキャラと練習することでより多くの経験点が得られる。「号令」コマンドでキャラの練習場所を入れ替えることが可能。星井スバルとの対決がランダムで発生し、一定条件を満たすことで超特殊能力のコツが得られる。
太平楽高校
ごく普通の私立高校であったが、新監督・鬼河原の厳しいトレーニングに反旗を翻した者がいたため「監督派」と「反監督派」に分けられる。監督派は、監督の指示通りにすれば、評価も上がり、怪我もしない(監督の指示に従わない場合は、評価が下がることがある)反面、反監督派は、自由に練習ができる(監督の評価が上がることもある)という一長一短の中、シナリオが進む。
プレイヤーは各セクションごとに「監督派」か「反監督派」かを選択し、対抗する派閥のキャラを引き抜いていくことで特別な効果が得られる。
海堂学園高校
漫画『MAJOR』とのコラボレーションシナリオで、主人公茂野吾郎が最初に入学した海堂学園を再現。イベキャラデッキに吾郎をセットしていると、原作とは異なり吾郎が聖秀学院に転校しないシナリオを楽しむことができる。
練習をすることで「ストイックゲージ」を貯め、それによって使用可能となる「ブレイクスルー」コマンドで練習の効果をあげることがポイントとなる。また、3週連続で同じ練習をする(精神練習を除く)ことで特別なイベントが発生する。
コラボレーションシナリオである為、他のコラボレーションシナリオのキャラがイベキャラデッキにセットできない。
なお、続編『MAJOR 2nd』から登場した相棒キャラは、このサクセスでは『MAJOR』のキャラとして扱いてイベキャラデッキにセット可能(逆に他コラボレーションのサクセスシナリオでは使用できない)。
ブレインマッスル高校
夏の地方大会準決勝敗退を機にスポーツ科学科が研究を進めている「肉体強化プログラム」を活かした練習メニューを開発したが、主力選手がみなそれぞれ弱さを抱えており、新チームはいきなり秋の大会で1回戦負けを食らった。しかし、ブレインマッスル高校が誇るマッドサイエンティスト女子高生・比良女木美々が開発した「ブレインミックス」でチームメイトが弱点を克服。この「ブレインミックス」が甲子園出場に向けての大きな武器となっていく。
このシナリオでは、イベキャラの得意練習が固定されておらず、「ブレインミックス」コマンドによって得意練習を変更することができ、場合によっては複数人による「スペシャルタッグ」を発動させることができる。
くろがね商業高校
『パワプロ2013』から移植したシナリオ(固有選手の追加とイベント内容調整など変更がある)、詳細は実況パワフルプロ野球2013#くろがね商業高校を参照。
ダン&ジョン高校
主人公は小学2年生までに住んでいた地域をダン&ジョン高校の転校を機に出戻る。しかし、野球部の前監督が呪われた旧校舎で怪物を見たことで退任。旧校舎の調査を兼ねて新任してきた独田監督と共に、旧校舎を調査する。
「旧校舎」コマンドで、旧校舎の探索やそのための装備品の作成などを行う。装備品などのデータが次回以降に引き継がれ、複数回に渡る長期的なプレイが必要となる。
あかつき大学付属高校
パワプロ9』のシナリオの1つ「あかつき大学付属高校」のアレンジ版。『パワプロ9』の時と異なり、猪狩守の先輩たち(『パワプロ9』の「あかつきの黄金時代」の9人)は全て主人公と同じ学年という設定になっている(そのため、四条賢二の妹でありマネージャーでもある四条澄香は主人公の1年後輩として登場する)。
「あかつき十傑」(「あかつきの黄金時代」の9人及び猪狩守)と呼ばれる突出した能力を持ったレギュラーが中心となっている名門校。1軍にあがったばかりの主人公に「打倒!あかつき十傑」の命が下る。
10人のキャラそれぞれに「打倒カウント」が設定されており、一緒に練習することで減らすことができる。「追求」コマンドによって特別な効果が得られる他、各ポジションへの理解度をあげることができ「打倒カウント」の減少幅を大きくすることができる。打倒の順番によって得られる効果が変わる。
ヴァンプ高校
ふとしたきっかけで吸血鬼となった主人公。人間に戻るには「ヴァンプ高校」の野球部を率いて甲子園優勝を果さなければならない。
自然に減っていく「ブラッドゲージ」と「吸血」コマンドを利用することでより多くの効果を得られる。
天空中央高校
高校野球界の頂点に輝く高校。しかし、とある理由から中心選手たちのモチベーションが著しく低下。彼らのモチベーションを向上させるべく、「エンジェルナイン計画」が実行に移される。虹谷率いるパワプロ史上最強と名高い高校が実装化。
「エンジェル」コマンドによって「エンジェルナイン」の発掘、強化を行い、練習にてエンジェルから「ハート」を受け取ることで育成を有利に進めることができる。
支良州水産高校
いつも大会では1回戦で負けてしまう支良州水産高校野球部。そんな弱小チームがふとしたことで甲子園優勝の夢を本気で追いかけることに。妄想パワーで自信をつけた雑魚たちが、並み居る強豪に逆襲をかける。史上最弱と言われた高校が実装化。
自分より能力の低いキャラへの「指導」やイベントを強制的に発生させる「妄想」コマンドによって特別な効果が得られる。
メカニクス産業高校
少子化で部員が減少したメカニクス産業高校野球部。そこへロボット部員をひっさげて新監督がやってきた。
デッキにセットしたイベキャラの組み合わせによって作成される「ロジカルマップ」がポイント。組み合わせによって得られる効果が変動するためデッキ編成が鍵となる。
鳴響高校
吹奏楽の名門で、かつては吹奏楽部の応援をバックに甲子園で快進撃を果たしたが、野球部は当時の輝きを失っていた。野球で甲子園を目指す主人公と、甲子園での応援を夢みる少女が出会う。
練習などで得た「楽譜」を「吹奏楽部」コマンドで演奏することで、練習に演奏効果が加わり様々な効果が得られる。
円卓高校
長い歴史を誇る名門「円卓高校」。この学校には「エンタクルス」という巨大な円盤があった。キャプテンの阿麻率いる円卓高校野球部が「エンタクルス」で未来を占う。聖杯を巡って繰り広げられる野望と陰謀のストーリー。アーサー王伝説が元となっている。
練習によってマスに様々な効果が配置された円盤「エンタクルス」を回転させ、止まったマスの効果を得ることができる。スペシャルタッグ練習時はスタートのマスから止まったマスまでの通ったマス全ての効果を得られる。また、「エピック」コマンドでは練習などで発現した「エピック」を調査でき、調査完了するとそれに応じた効果を得ることができる。
全力学園高校
漫画『逆境ナイン』とのコラボレーションのシナリオで、主人公・不屈闘志が所属する全力学園高校を再現。他のコラボレーションシナリオ同様、他のコラボレーションシナリオのキャラがイベキャラデッキにセットできない。
ケガや体力減少などで溜まる「逆境ゲージ」を満たし男の魂充電完了状態にすることで練習の効果を上げることができる。また、作中に登場する名言を模した「言霊コマンド」を使用することで様々な効果を得ることができる。
恵比留高校
全くの無名だった高校が、1人のキャプテン就任とともにメキメキと力をつけていく。時を同じくして他校の野球部では主要メンバーが次々と原因不明の体調不良で戦線を離脱していた。
各練習で練習することで「他校偵察」を行い、その時に練習にいたイベキャラの人数に応じて他校選手を「ソウルジェイル」に閉じ込めることで次回以降の練習で経験点が得られる。スペシャルタッグ練習で魂を空にする(「タッグフィニッシュ」)ことでより多くの効果が得られる他、各高校全てのメンバーの魂を空にするとその高校に応じた「ソウルボーナス」が使用できる。
マントル辺境高校
巨大な露天鉱床にあるマントル辺境高校。野球部は採掘実習を通じて鍛えられているが、結果に結びついていなかった。そんな中、不思議なパワーを持つ鉱石が採れる謎の鉱脈が学校の敷地内から発見される。
練習などのコマンドを実行することで採掘できる「鉱石」を用いて様々な「施設」を建設、「施設」で生産される「道具」を活用すると練習の効果を上げることができる。
世紀末北斗高校
漫画『北斗の拳』とのコラボレーションシナリオで、パワプロアプリの書き下ろし高校として北斗の拳のストーリーを再現。
各セクション開始時、各練習それぞれに「敵カウント」が設定されており、練習することで減らすことができる(条件によって減少幅を大きくすることができる)、敵を排除することで育成を有利に進めることができる。更に合計敵カウントが一定以下の場合特殊コマンド「決戦」が使用でき、それぞれのセクションの首領を打倒すると様々な能力を得ることができる。
他のコラボレーションシナリオ同様、他のコラボレーションシナリオのキャラがイベキャラデッキにセットできない(サクセス配信以前の『北斗の拳』キャラがこのコラボレーションシナリオのキャラとして扱い)。

その他編集

スタジアム編集

ほかのユーザーのチームと対戦することができるモード。リーグLv.1〜8までのリーグ形式になっている。リーグの期間は1週間であり、1週間ごとの昇格、残留、降格によって所属するリーグが決定する。基本的には自動で試合が進んでいき、チャンスやピンチになるなどのタイミングで操作することができる。プレイ内容に応じてポイントが算出され、そのスコアに応じてガチャPやストアメダルを獲得できる他、1週間中に記録した1試合の最高スコアの値に応じてリーグの昇降格が決定する。

イベント編集

上記要素の他に様々なイベントが存在する。スタジアム形式のものが大半であるが、中にはサクセスに付属するものやチャレンジ形式のイベントもある。報酬としてイベキャラや様々なアイテムを手に入れることができ、サクセスやスタジアムを有利に進めることができる。

チャレンジ編集

特定の条件を満たすことで、アイテムやパワストーン、ガチャPなどを入手できる。常設されているものと、開催中のイベントなどにまつわる期間限定のものとが存在する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『実況パワフルプロ野球』シリーズ20周年記念 世界で活躍する田中将大投手がパワプロ応援大使に就任 コナミデジタルエンタテインメント 2014年10月22日
  2. ^ インフォメーション パワプロ通信
  3. ^ 阪神のマスコット・トラッキーが『パワプロアプリ』に登場 BASEBALL KING 2019年2月25日
  4. ^ また、凡田との苗字・ボジション繋がりから、『パワプロクンポケットシリーズ』の「凡田大介」もこのコラボレーションの一環としてパワプロアプリに配信された。
  5. ^ a b ただし、調子くんとパワにゃんなど性別不明のキャラカードは使用できる。

関連項目編集

外部リンク編集