実践女子大学

日本の私立大学

実践女子大学(じっせんじょしだいがく、英語: Jissen Women's University)は、東京都日野市大坂上4-1-1に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称実践実女

実践女子大学
Jissen Women's University Osakaue Campus02.jpg
日野キャンパス

実践女子大学の位置(東京都内)
実践女子大学
実践女子大学 (東京都)
実践女子大学の位置(日本内)
実践女子大学
実践女子大学 (日本)
大学設置 1949年
創立 1899年
学校種別 私立
設置者 学校法人実践女子学園
本部所在地 東京都日野市大坂上4-1-1
キャンパス 日野(東京都日野市)
渋谷(東京都渋谷区
学部 文学部
生活科学部
人間社会学部
研究科 文学研究科
生活科学研究科
人間社会研究科
ウェブサイト https://www.jissen.ac.jp/
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

 
渋谷キャンパス
 
下田歌子

実践女子大学は、1882年(明治15年)に下田歌子により開かれた私立女学校「下田学校」(後に「桃夭学校」と改称)をその源泉とする[1]。これが発展し、1899年(明治32年)に実践女学校となった[2]。開校当初は現在の東京都千代田区九段にあったが、1901年(明治36年)に渋谷の常盤松に移転した[2]学制改革で新制大学に移行し、1949年(昭和24年)に実践女子大学となった[3]

1986年(昭和61年)に渋谷から日野へ全面移転したが、2014年(平成26年)に渋谷キャンパスが開設された[4]。現在は、渋谷キャンパスに文学部・人間社会学部・短期大学部が、日野キャンパスに生活科学部が設置されている[5]

教育の理念編集

品格高雅にして自立自営しうる女性の育成[6]

沿革編集

  • 1882年明治15年) 下田歌子が東京・九段に私立女学校(後に「桃夭学校」に校名変更)を創設[4]
  • 1899年(明治32年) 帝国婦人協会の事業として東京・麹町に私立実践女学校ならびに女子工芸学校を創設。下田歌子が初代校長に就任[4]
  • 1903年(明治36年) 実践女学校・女子工芸学校、東京・渋谷の常盤松御用地の新校舎へ移転[7]
  • 1925年大正14年) 実践女子専門学校設置[3]
  • 1928年昭和3年) 専門学部英文科卒業生に対し、英語科中等教員無試験検定の特典認可[3]
  • 1945年(昭和20年)戦災により、多くの校舎を焼失[4]
  • 1949年(昭和24年) 新制大学に移行、実践女子大学を設置[4]
  • 1950年(昭和25年)実践女子学園短期大学を設置[4]
  • 1986年(昭和61年) 大学および大学院が日野校地へ全面移転[4]
  • 1995年平成7年) 家政学部が生活科学部へ改称[3]
  • 2004年(平成16年) 人間社会学部を新規設置[4]
  • 2014年(平成26年) 文学部・人間社会学部・短期大学部が渋谷キャンパスへ移転[4]

基礎データ編集

所在地編集

象徴編集

徽章編集

  • 桜をかたどったものである。

校歌編集

教育および研究編集

組織編集

学部編集

大学院編集

  • 文学研究科
    • 国文学専攻(博士前期・後期課程)
    • 英文学専攻(修士課程)
    • 美術史学専攻(博士前期・後期課程)
  • 生活科学研究科
    • 食物栄養学専攻(博士前期・後期課程)
    • 生活環境学専攻(修士課程)
  • 人間社会研究科
    • 人間社会専攻(修士課程)

教育編集

学内奨学金編集

実践女子大学では、大学独自の奨学金制度があり、状況に応じて応募できるようになっている。

給付型
  • 下田奨学金
  • 桜奨学金
  • 学長賞奨学金
  • 戸野原須賀子奨学金
  • 羽山昇・昭子奨学金 - 羽山昇は理想科学工業の創業者
  • 教職員奨学金(家計急変者を対象とした奨学金)
貸与型
  • 一般奨学金
  • 応急特別奨学金(家計急変者を対象とした奨学金)
  • 学納金緊急貸与(家計急変者を対象とした奨学金)

学生生活編集

学園祭編集

  • 常磐祭
    実践女子大学および短期大学部共通の学園祭。10月および11月に開祭される。常磐祭の名は、日野市に移転する前に学舎のあった東京・渋谷の旧町名「常磐松町」に由来する。また常磐松の葉は常に緑色で色が変わらないことから、永久不変の意味も込められている。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 向田文庫
  • 実践女子大学後援会

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

日野キャンパス編集

  • 使用学部:生活科学部
  • 使用研究科:生活科学研究科
  • 交通アクセス

渋谷キャンパス編集

対外関係編集

他大学との協定編集

附属学校編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 実践女子学園100年史編纂委員会 『実践女子学園100年史』実践女子学園、2001年3月31日、13頁。 
  2. ^ a b 実践女子学園100年史編纂委員会 『実践女子学園100年史』実践女子学園、2001年3月31日、79頁。 
  3. ^ a b c d 実践女子学園100年史編纂委員会 『実践女子学園100年史』実践女子学園、2001年3月31日、947-1041頁。 
  4. ^ a b c d e f g h i 井上一雄 『渋谷・実践・常盤松:知っていますか 過去・現在・未来』星雲社、20170209、6-5頁。ISBN 9784434227332 
  5. ^ a b c 実践女子大学アクセスガイド”. 実践女子大学 (2022年6月8日). 2022年6月8日閲覧。
  6. ^ 建学の精神と教育理念”. 実践女子大学 (2022年6月15日). 2022年6月15日閲覧。
  7. ^ 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版、昭和53年9月30日発行。p.131。
  8. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

関連項目編集

公式サイト編集