メインメニューを開く

実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子

実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 (じつろく・たけなかまさひさのしょうがい あらぶるしし)は、溝口敦原作「山口組四代目 荒らぶる獅子」を、小沢仁志を主役に迎えて実写化されたオリジナルビデオシリーズ。

概要編集

山口組四代目組長・竹中正久の幼少期(外伝)から、博多事件・大阪戦争を経て山一抗争にて命を落とすまでの壮絶な生涯を描く。日本最大組織の頂点へと昇り詰めた男の生涯、権力に屈する事のなかった竹中正久の壮絶な武闘の履歴を描く実録極道巨編。2004年に全作品、DVD化された。

第1弾 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 前篇 (2003年2月25日発売)
代紋や盃に縛られる事を嫌う竹中正久は、極道の激戦区と言われた姫路において、弟の英男・正・武らと共に一統を形成し、愚連隊のような生活を送っていた。喧嘩では無敵を誇り、極道でさえ恐れをなす竹中正久の名は、姫路だけにとどまらず、各地に広まり始める。だが、そんな正久の人生に一つの転機が訪れる。当時全国各地に領土を広げつつあった山賀組三代目組長・田城正雄との会見である。この会見の場で、田城の器の大きさに心を打たれた正久は、極道として生きる事を決意する。そして、昭和36年12月13日、遂に田代正雄から盃を下ろされた竹中正久は、この後血塗られたやくざ抗争史を歩んで行く事となるのである…
第2弾 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 後篇 (2003年4月25日発売)
山健組組長・山倉健三の若頭就任に伴い、竹中組組長・竹中正久は若頭補佐に任命された。その後、大阪戦争・姫路事件と言った幾多の血でを血を洗う抗争を闘い抜いた竹中正久は、山賀組内において、頑固たる地位を築き上げていく。だが、三代目山賀組組長・田城、新若頭・山倉の相次ぐ死により、正久は組内の巨大な権力抗争に巻き込まれて行く事となるのである。そして日本極道組織の頂点へと昇り詰めた時、正久を待ち受けていたのは、あまりにも残酷な運命であった…。
第3弾 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 外伝 (2004年5月25日発売)
極道社会の頂点へと昇り詰めた男・竹中正久の新たなる真実!
昭和61年1月、四代目山賀組組長・竹中正久が正和会の放ったヒットマンの銃弾に倒れた。その数日後、正久の実弟である二代目竹中組組長・竹中武は、竹中組の正和会への報復を警戒され、野球賭博の容疑で逮捕された。岡山県警取調室。岡山検察庁検事・高田による取り調べが進むにつれ、武の脳裏に正久の過去が次々と蘇り、その壮絶な戦いの数々が語られて行く。日本最大組織の頂点へと昇り詰めた武闘派極道・竹中正久の新たなる伝説が今明らかに!

出演者編集

竹中組

山賀組(モデル:山口組

大下会(モデル:木下会

  • 大下雅裕 (崎山凛) - 大下会若頭(モデル:高山雅裕
  • 松波 (大槻博之) - 大下会幹部
  • 梅本 (勝飛) - 大下会幹部 親睦会席上、英男に殴りかかった。

その他

...etc

主題歌、挿入歌編集

主題歌編集

前編・後編
「命」(日本クラウン
作詞:宮原哲夫 / 補作詞:原譲二 / 作曲:原譲二 / 編曲:鈴木操 / 唄:北島三郎
外伝
「命の篝火」
作詞・作曲:奥野敦士 / 唄:矢野明

挿入歌編集

前編・後編
「男の夜曲」
作詞:やしろよう / 作曲:浜圭介 / 編曲:若草恵 / 唄:矢野明

スタッフ編集

関連書籍編集

関連作品編集

  • 『武闘派極道史 竹中組 -組長邸襲撃事件-』 - 『実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子』の後日談に当たる事件を題材にしており、一部、外伝の映像が使用されている。

関連項目編集

外部リンク編集