メインメニューを開く

実録犯罪史シリーズ』(じつろくはんざいしシリーズ)は、1991年から1993年までフジテレビ系「金曜ドラマシアター」枠で放送されたテレビドラマのシリーズ。全10作。ほかに未放送作品が1作(後述)。

タイトル通り、実際に起きた事件をテレビドラマ化したものであり、金嬉老事件三億円事件といった広く知られた事件を始め、古今東西の様々な事件を題材としている。ただし、登場人物の名前を変えたり、ストーリーに一部フィクションを加えている。

放映リスト編集

『金(キム)の戦争』編集

金(キム)の戦争 ライフル魔殺人事件1991年4月5日放送(21:03 - 23:22)。金嬉老事件を描いた。「金曜ドラマシアター」の第1回放送作品。脚本・早坂暁、監督・小田切正明

キャスト

『昭和の説教強盗』編集

昭和の説教強盗 命はとらぬ金を出せ!』 1991年5月10日放送(21:02 - 22:52)。“説教強盗”と呼ばれた妻木松吉を描いた。脚本・監督、前田陽一

キャスト

『恐怖の二十四時間』編集

恐怖の二十四時間 連続殺人鬼西口彰の最期』 1991年9月6日放送(21:02 - 22:52)。連続殺人犯・西口彰が逮捕されるまでの24時間を描いた。脚本・中島丈博、監督・深町幸男

キャスト

『危険な花嫁』編集

危険な花嫁 札幌テレクラ殺人事件』1991年11月29日放送(21:02 - 22:52)。札幌テレクラ殺人事件[1]を描いた。脚本・佐伯俊道、監督・福本義人

キャスト

『新説・三億円事件』編集

新説・三億円事件 史上空前の現金強奪!! 少年A犯行の全真相…!?』 1991年12月27日放送(21:03 - 23:22)。三億円事件を新たな視点から描いた。脚本・岩間芳樹、監督・小田切正明。

キャスト

『替え玉』編集

替え玉1992年2月28日放送(21:02 - 22:52)。佐賀替え玉保険金殺人事件を描いた。脚本・安倍徹郎、監督・松田秀知

キャスト

『国際指名手配第1号』編集

国際指名手配第1号 前科3犯 逃亡画家』 1992年4月24日放送(21:02 - 22:52)。日本における国際指名手配第1号となった古美術品窃盗犯・人見安雄[2]を描いた。脚本・長谷川公之、監督・恩地日出夫

キャスト

『弘前大学教授夫人殺し』編集

弘前大学教授夫人殺し 名乗り出た真犯人』 1992年5月29日放送(21:02 - 22:52)。弘前大学教授夫人殺人事件を描いた[3]。脚本・森崎東矢野広成、監督・三村晴彦

キャスト

『最期のドライブ』編集

最期のドライブ 富山長野女子高生・OL連続誘拐殺人事件』 1992年6月26日放送(21:02 - 22:52)。富山・長野連続女性誘拐殺人事件を描いた。脚本・斎藤久志、監督・長崎俊一

キャスト

『浅虫温泉放火事件』編集

浅虫温泉放火事件 お母さんは犯人じゃない』 1993年1月22日放送(21:02 - 22:52)。青森県浅虫温泉で起きた冤罪事件・浅虫温泉放火事件を描いた[4]。脚本・国弘威雄、監督・森崎東。

キャスト

未放送編集

1989年から1990年にかけて起きた杉並老女殺人事件[5]を描いた『闇に咲く女 杉並老女殺人事件』が1993年3月19日に放送予定であったが、放送予定当日に犯人(当時はまだ逃走中であった[6])の子息が通う学校から「子息の事を考えて放送を中止してほしい」とする電話があり、他番組に差し換えになった[7]。脚本・冨川元文、監督・石田勝心

キャスト

ソフト化編集

『金(キム)の戦争』、『昭和の説教強盗』、『恐怖の二十四時間』、『新説・三億円事件』は後にVHSビデオソフト化された[8]

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ “試写室 えん罪の恐ろしさ訴える - 実録犯罪史シリーズ 「弘前大学教授夫人殺し 名乗り出た真犯人」(フジ=後 9.02)”. 読売新聞(首都圏版): p. 32. (1992年5月29日) 
  4. ^ 吉川則子 『冤罪のカゲに蠢く男たち―青森・浅虫温泉放火事件の真実』
  5. ^ [3]
  6. ^ その後、1995年に逮捕された。
  7. ^ 闇に咲く女 杉並老女殺人事件 - テレビドラマデータベース
  8. ^ [4]

外部リンク編集