メインメニューを開く

西暦・干支・他元号との対照表編集

宣和 元年 2年 3年 4年 5年 6年
西暦 1516年 1517年 1518年 1519年 1520年 1521年
干支 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳
黎朝 洪順8年
光紹元年
光紹2年 光紹3年 光紹4年 光紹5年 光紹6年

出典編集

『大越史記全書』本紀巻之15 丙子洪順8年冬11月条 
再命鄭惟㦃、阮弘裕与明武侯鄭栱、広福伯阮克譲提領官軍、往討陳暠於至霊鄒山崇巌寺山麓。【中略】暠伝其子昇、僭号宣和、後暠削髪為僧、逃匿得免、今保禄、安楽、周源等村猶有祠在、意暠死於此焉。
『大越史記全書』本紀巻之15 辛巳光紹6年秋8月条 
帝幸瓊雲殿、慰労莫登庸及諸将士、往京北諒源地方捜捕陳昇。
『大越史記全書』本紀巻之15 辛巳光紹6年秋9月条 
是時官軍進至諒源等地方、昇等並走、捕得昇妻与女誅之、昇走入七原州。一云、昇走亡入明国、後檻送京師。

参考文献編集

  • 黎僖ほか撰、陳荊和編校『校合本 大越史記全書(中)』(東洋学文献センター叢刊44、東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センター刊行委員会、1985年)

関連項目編集


前の元号:
天応
ベトナムの元号
陳昇
次の元号:
--