メインメニューを開く

室蘭やきとり

日本の北海道のご当地料理

室蘭やきとり(むろらんやきとり)は、北海道室蘭市豚肉タマネギを使用した串焼き料理。豚肉を使用するものの関東地方でいう「やきとん」とは呼ばず、鶏肉もつを使ったものとの総称で「やきとり」と呼ばれている。

目次

概要編集

 
室蘭やきとり

室蘭やきとりは豚精肉とタマネギ竹串に刺し、焼き鳥のように焼いた室蘭市の肉料理で、郷土料理とされている。甘味の強いタレと洋がらし練りからしで味付けするのが一般的である[1]が、焼きを指定することもできる店が多い。豚肉の肩ロースがよく使われている[2][3]。ほかに豚トロサガリなど、他の部位を合わせて提供する店もある。「ねぎま」と書かれている場合、豚肉とタマネギの組み合わせであることが多い。また、メニューには、レバーなどのもつも選択できるようにしてある店もある。

現在、室蘭市では、鶏肉を使用した全国的に一般的な焼き鳥は、「鶏精」、「鶏精肉」と称して、合わせて提供されることが多く、これらも含めて「やきとり」と呼ばれている。

歴史編集

昭和初期、食糧増産のために室蘭では農家が豚を飼うようになった。1933年頃に室蘭市の輪西では豚肉の串焼きの屋台が営業していた。屋台主の一人が1937年などの野鳥の串焼きを売り出す[1]「鳥よし」という店を開店したが、当初から、豚の精肉とモツを使用した串焼きを提供しており、これが「室蘭やきとり」の元祖であるとされている[1]1939年日中戦争で大量に必要となった軍靴豚皮で作るため、養豚が奨励され、豚皮と肉以外は地元で食べてもよいことになったことから、豚のもつ料理を出す店が増えた。

戦後、大量生産に向くブロイラーが導入され、昭和30年代に鶏肉が広く普及するまでは、ほとんどがモツや豚肉の串焼きであり[1]、今でも豚精肉が最も人気のメニューとなっている。

室蘭市内で、54軒の室蘭やきとり店が存在している[1]。近隣の伊達市登別市札幌市など、室蘭市以外の地域にも、「室蘭やきとり」の専門店がある。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集