宮ヶ谷塔

埼玉県さいたま市見沼区の町丁および大字
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 見沼区 > 宮ヶ谷塔

宮ヶ谷塔(みやがやとう)は、埼玉県さいたま市見沼区町名および大字。現行行政地名は宮ヶ谷塔一丁目から宮ヶ谷塔四丁目および大字宮ヶ谷塔。住居表示未実施地区[4]郵便番号は337-0011[2]。本項では、かつて同地域に存在した北足立郡宮ヶ谷塔村(みやがやとうむら)についても記す。

宮ヶ谷塔
深作川
深作川
■宮ヶ谷塔の位置(埼玉県内)
■宮ヶ谷塔
宮ヶ谷塔
宮ヶ谷塔の位置
北緯35度56分36.02秒 東経139度40分23.3秒 / 北緯35.9433389度 東経139.673139度 / 35.9433389; 139.673139
日本の旗 日本
都道府県 埼玉県の旗 埼玉県
市町村 さいたま市旗 さいたま市
見沼区
地域 Emblem of Omiya, Saitama.svg大宮地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 692人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
337-0011[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

地理編集

さいたま市見沼区東端部に位置する。町域は主に綾瀬川沿いの低地で、一部が細長い大宮台地上にあり古くからある民家や神社が立地する[5]。綾瀬川沿いに自然堤防(微高地)があり、そこに江戸期からの集落がある[5]。西で小深作深作飛地)に・東門前(飛地)に、北で深作・卸町に、南で東宮下に、東で岩槻区岩槻並木加倉に隣接する。

概ね綾瀬川の右岸にあたり、中央を深作川国道16号東大宮バイパス岩槻春日部バイパス)が縦貫、南部を埼玉県道2号さいたま春日部線東武野田線(東武アーバンパークライン)が横断する。

綾瀬川の対岸飛地を除く、概ね埼玉県道2号さいたま春日部線以北が宮ヶ谷塔一丁目 - 四丁目で、残部が大字宮ヶ谷塔である。

縄文時代後期の縄文遺跡である鍛冶屋遺跡がある[6]

河川編集

歴史編集

みやがやとうむら
宮ヶ谷塔村
廃止日 1892年9月21日
廃止理由 新設合併
丸ヶ崎村小深作村深作村宮ヶ谷塔村春岡村
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
  日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 368
(埼玉県市町村誌、1889年
隣接自治体 深作村、小深作村、風渡野村東宮下村東門前村
宮ヶ谷塔村役場
所在地 埼玉県北足立郡宮ヶ谷塔村
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地名の由来編集

鎮守であった氷川神社(宮)と、谷戸があったことから「宮ヶ谷戸」と呼ばれ、その表記が変化したもの[7]

沿革編集

もとは江戸期より存在した武蔵国足立郡南部領に属する宮ヶ谷塔村であった[6]。『武蔵国田園簿』では宮ケ谷戸村とも記されているが、『元禄郷帳』では宮ヶ谷塔村と記されている。地勢上綾瀬川に近く、水利には恵まれていた反面、大水の被害に度々見舞われていたという[6]。村高は正保年間の『武蔵田園簿』では350(田19反余、畑15町5反余)、『元禄郷帳』および『天保郷帳』では350石余で以降は増減なしであった[6]助郷日光御成街道岩槻宿に出役していたが、寛保宝暦年間は中山道大宮宿にも出役していた[6]化政期の戸数は50軒で、村の規模は東西5、南北2町余であった[6]

宮ヶ谷塔村に存在していた小字編集

  • 綾・前・中・後[13]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字丁目 世帯数 人口
大字宮ヶ谷塔 71世帯 148人
宮ヶ谷塔一丁目・二丁目 45世帯 122人
宮ヶ谷塔三丁目 139世帯 337人
宮ヶ谷塔四丁目 40世帯 85人
295世帯 692人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[14]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
大字宮ヶ谷塔 全域 さいたま市立春岡小学校 さいたま市立春里中学校
宮ヶ谷塔一丁目 全域
宮ヶ谷塔二丁目 全域
宮ヶ谷塔三丁目 全域
宮ヶ谷塔四丁目 全域

交通編集

鉄道編集

宮ヶ谷塔三丁目の町域を東武野田線(東武アーバンパークライン)が通るが、町域内に鉄道駅は存在しない。最寄り駅は東武野田線(東武アーバンパークライン)七里駅となる[15]

バス編集

道路編集

施設編集

 
氷川神社
大字宮ヶ谷塔
  • さいたま市農村広場(春おか広場)農業者総合研修施設(一部) - 飛地に所在
  • 天理教西利根分教会
  • 宮ヶ塔陸橋下公園 - 東武野田線と交差する国道16号の高架下に所在する。
宮ヶ谷塔一丁目
宮ヶ谷塔二丁目
  • 深作遊水地
  • さいたま市食肉中央卸売市場・と畜場(2028年度移転予定)
宮ヶ谷塔三丁目
  • 大六天神社
  • 金光山不動尊
  • 氷川神社
    • 宮ヶ谷塔自治会集会所

※ 宮ヶ谷塔四丁目は、北部の低地はほぼ全域が農地で、南部の台地上に住宅や事業所がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施地区一覧 (PDF)”. さいたま市 (2019年2月26日). 2019年10月11日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 962頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 832頁。
  7. ^ さいたま来ぶらり通信 第20号 (PDF)”. さいたま市役所. pp. 1-2 (2012年11月15日). 2019年7月22日閲覧。
  8. ^ 「旧高旧領取調帳データベース」の検索結果も参照。
  9. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 1420頁。
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 704頁。
  11. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 増補5-6頁。
  12. ^ 平成9年1月6日 障害者福祉施設「春光園」オープン”. 大宮市. 1997年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月11日閲覧。
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 1387頁。
  14. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。
  15. ^ 埼玉県さいたま市見沼区宮ヶ谷塔の住所一覧 - いつもNAVI(ゼンリン). 2022年2月6日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県(増補版)』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

外部リンク編集