宮下 一郎(みやした いちろう、1958年8月1日 - )は、日本の政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、農林水産大臣(第68代)、自由民主党政務調査会長代理、自由民主党農林部会長、自由民主党長野県連会長。

宮下 一郎
みやした いちろう
2020年撮影
生年月日 (1958-08-01) 1958年8月1日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 長野県伊那市[1]
出身校 東京大学経済学部経済学科
前職 住友銀行
秘書官
所属政党 自由民主党安倍派
親族 父:宮下創平
公式サイト 宮下一郎 公式Webサイト

内閣 第2次岸田第2次改造内閣
在任期間 2023年9月13日 - 現職

選挙区 長野5区
当選回数 6回
在任期間 2003年 - 2009年
2012年12月18日[2] - 現職
テンプレートを表示

内閣府副大臣第4次安倍第2次改造内閣)、元財務副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)。父は元厚生大臣宮下創平[3]

来歴 編集

 
2013年

愛知県名古屋市出身[1]東京都立戸山高等学校を経て、1983年東京大学経済学部経済学科卒業。住友銀行に入行。1991年に退社し、父・宮下創平の秘書官となる[4]2003年第43回衆議院議員総選挙に父の後を継いで長野5区から自由民主党公認で出馬し初当選。

2005年第44回衆議院議員総選挙で再選。

2007年8月29日第1次安倍改造内閣財務大臣政務官を務めた。

2009年第45回衆議院議員総選挙民主党加藤学に敗れ、小選挙区で初めて落選し、比例区でも次点に終わり、落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙で加藤を破り、3年ぶりに国政に復帰した[2][5]

2014年9月4日第2次安倍改造内閣では財務副大臣に任命。同年の第47回衆議院議員総選挙で4選。

2016年1月、衆議院財務金融委員長に就任[6]

2017年第48回衆議院議員総選挙で5選。

2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣内閣府副大臣に就任[7]

2020年10月、自由民主党農林部会長に就任[8][9][10]

2021年第49回衆議院議員総選挙で6選[11]

2022年10月23日、自民党長野県連は総務会などを開催。会長の後藤茂之は、同年夏の参院選での松山三四六の擁立ならびに敗北の責任をとり、会長職を辞任。宮下はその後任に就任した[12][13]

2023年9月13日発足の第2次岸田第2次改造内閣農林水産大臣に就任し、初入閣[14]

政策 編集

選挙歴 編集

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 45 長野5区 自由民主党 10万8567票 52.66% 1 1/4 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 47 長野5区 自由民主党 12万25票 54.83% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 51 長野5区 自由民主党 9万1836票 40.15% 1 2/5 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 54 長野5区 自由民主党 9万9225票 52.25% 1 1/5 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 56 長野5区 自由民主党 9万1089票 54.67% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 59 長野5区 自由民主党 9万1542票 49.87% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 63 長野5区 自由民主党 9万7730票 54.86% 1 1/2 /

所属団体・議員連盟 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 衆議院 議員一覧 宮下一郎君”. 2022年5月8日閲覧。
  2. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日選告示第57号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定)
  3. ^ 行政・政治 : 宮下創平氏が死去 権兵衛トンネル開通に尽力 長野日報 2013年10月10日
  4. ^ 宮下一郎公式webサイト プロフィール”. 2019年7月31日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞デジタル:長野 - 開票速報 - 第46回総選挙
  6. ^ 衆参両院の新委員長決まる
  7. ^ “副大臣決まる、第4次安倍第2次改造内閣”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-9/2019091601.html 2019年9月17日閲覧。 
  8. ^ “自民党農林部会長に宮下一郎氏を内定”. 日本農民新聞. https://agripress.co.jp/archives/8603 2020年10月14日閲覧。 
  9. ^ “自民総務会、役員人事を決定”. 日本経済新聞. https://r.nikkei.com/article/DGXMZO64682430W0A001C2PP8000 2020年10月11日閲覧。 
  10. ^ “自民農業基本委で米対策議論、会合では宮下新農林部会長が挨拶”. 日本農民新聞. https://agripress.co.jp/archives/8822 2020年10月14日閲覧。 
  11. ^ 衆議院選挙2021 長野(松本・上田など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ 松山三四六氏落選で…後藤茂之自民党県連会長『引責辞任』 松山氏「政治の世界以外で一歩ずつ」”. FNNプライムオンライン (2022年10月23日). 2022年10月25日閲覧。
  13. ^ 参院選で落選の松山三四六さん「もう一度、政治の世界というより、そうじゃない世界で…」政治活動から距離… 長野”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年10月24日). 2022年10月25日閲覧。
  14. ^ “第2次岸田再改造内閣の閣僚名簿発表”. 産経新聞. (2023年9月13日). https://www.sankei.com/article/20230913-OWNZ2Z2IEVOJ7EZYLE2WXDWBV4/ 2023年9月13日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  16. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  17. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2017年衆院選:朝日新聞デジタル
  18. ^ “受動喫煙対策、国会議員アンケートでわかった5つの「傾向」”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). (2018年3月23日). https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/judokitsuen-kokkai-giin-comment 2021年2月14日閲覧。 
  19. ^ a b 宮下一郎 ブログサイト”. 2018年4月11日閲覧。
  20. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  21. ^ 超党派の「子どもの貧困対策推進議員連盟 総会」に出席しました 宮下一郎公式サイト
  22. ^ 宮下一郎 (2021年5月12日). “衆議院農林水産委員会、経済成長戦略本部、鳥獣被害対策特別委員会、日本産酒類振興PT、感染症対策を資材と方法から考える超党派議連に出席”. 宮下一郎ブログ. 2021年5月23日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

公職
先代
野村哲郎
  農林水産大臣
第68代 : 2023年 -
次代
現職
先代
左藤章
田中良生
中根一幸
佐藤ゆかり
浮島智子
磯﨑仁彦
牧野京夫
秋元司
原田憲治
  内閣府副大臣
大塚拓
平将明
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
御法川信英
石原宏高
山本朋広と共同

2019年 - 2020年
次代
赤沢亮正
藤井比早之
三ッ林裕巳
田野瀬太道
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
岩井茂樹
先代
古川禎久
愛知治郎
  財務副大臣
御法川信英菅原一秀と共同

2014年 - 2015年
次代
岡田直樹
坂井学
先代
江﨑洋一郎
椎名一保
  財務大臣政務官
小泉昭男と共同

2007年 - 2008年
次代
三ツ矢憲生
末松信介
議会
先代
古川禎久
  衆議院財務金融委員長
2016年
次代
御法川信英