メインメニューを開く

宮下太吉

宮下 太吉(みやした たきち、1875年9月30日 - 1911年1月24日)は、日本の共産主義者アナキスト現人神信仰を排する目的で明治天皇の殺害を計画し、幸徳事件の事実上の首謀者[1]であった。大逆罪で処刑された12名の1人でもあった。

宮下 太吉
生誕 1875年9月30日
天皇旗 明治政府 山梨県甲府市若松町
死没 (1911-01-24) 1911年1月24日(35歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 市ヶ谷刑務所
職業 機械工
罪名 大逆罪
刑罰 死刑
幸吉
動機 天皇制廃止

目次

略歴編集

山梨県甲府市若松町の出身。実業補習学校卒。東名阪など各地で機械工として働く。

1908年愛知県知多郡亀崎町(現・半田市)の「亀崎鉄工所」で働いていた頃に秋水の『平民新聞』を読んで社会主義に感化された。平民社の人士と関わるようになり、赤旗事件の後、内山愚童の『無政府共産』を読んで、天皇崇拝を否定する考えを固め、1909年長野県東筑摩郡中川手村(現・安曇野市)の官立「明科製材所」に移った頃、当地で明治天皇を暗殺するためとして爆裂弾を試作、爆破実験を行ったという。

1910年5月25日爆発物取締罰則違反の容疑により長野県逮捕された(明科事件)。宮下は管野スガ新村忠雄古河力作の三名と共に天皇暗殺を計画したとされ、官憲はこれをもとにしてフレームアップし、大逆罪で起訴、多数が秋水を首領に天皇暗殺を企てたとして幸徳事件(大逆事件)の端緒とした。

1911年1月18日秋水や宮下らは大逆罪で有罪となり死刑判決を受け(当時大逆罪は未遂・予備を含め死刑しか定められていなかった)、1911年1月24日午後12時16分に処刑された。享年35。墓所は山梨県甲府市相生三丁目の広沢寺。

山梨県での活動編集

山梨県では、1906年(明治39年)に宮下と共に宮崎民蔵日本社会党を結成する堺利彦森近運平らが来県した。彼らは山梨県において社会主義や無政府主義を紹介し、社会変革を求める山梨県県内の名望家らから一定の賛意を得て、小作層を中心に入党者を得ていた。その後、明治40年の大水害と大逆事件を契機に状況は一変し、運動は萎縮した。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮下が首謀者で実際に計画に携わったのは4名に過ぎなかったが、官憲は幸徳秋水首謀者に設定して大がかりなフレームアップを行い、大量検挙を目指した。このため相対的に宮下はあたかも従犯のように扱われた。

参考史料編集

  • 大杉彦助『山梨思想運動史』
  • 小松芳郎『松本平からみた大逆事件』(信毎書籍出版センター、2001年 ISBN 4-88411-012-9
  • 渡辺順三 塩田庄兵衛共編『秘録大逆事件 春秋社 1959年

関連項目編集