宮下 正彦(みやした ただひこ、1962年5月19日 - 2008年)は、東京都江戸川区出身のプロ野球選手外野手)。1990年から1991年までの登録名は「宮下 嗣朗」(みやした しろう)。

宮下 正彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1962-05-19) 1962年5月19日
没年月日 2008年
身長
体重
170 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1986年 ドラフト外
初出場 1987年10月22日
最終出場 1991年4月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

東海大相模高では中堅手リードオフマンとして活躍。1979年秋季関東大会に進むが1回戦で君津商に惜敗。翌1980年春季関東大会は決勝に進出するが愛甲猛のいた横浜高に敗退。同年夏の神奈川大会でも有力視されたが、3回戦の三浦高との試合中に不祥事があり、以後の出場を辞退。高校同期に右翼手・4番打者の長谷川国利がいる。

長谷川とともに東海大に進学するも中退。その後、社会人野球いすゞ自動車を経て、1986年オフにドラフト外横浜大洋ホエールズに入団。1987年3月28日夜、大洋二軍イースタン・リーグ)の同僚3人(竹田光訓武田康長谷川国利)とともに、神奈川県横須賀市内で飲酒してタクシーで球団合宿所(横須賀市長浦)へ帰る途中、竹田・武田の両名とともに一般人への暴行事件を起こしたとして、横須賀警察署傷害容疑で取り調べられ[注 1][2]、球団から無期限謹慎処分を受けた[3]1991年シーズンオフに大洋を退団し[4]、同年のシーズン限りで現役を引退。

2008年夏、肝臓がんのため46歳という若さで逝去[5][6]。次男は正彦の死後、2010年第92回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に関東第一高校の選手(3年生)として出場[注 2][6]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1987 大洋 1 1 1 0 1 0 1 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 3.000 4.000
1988 10 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .250 .000 .250
1989 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1990 5 7 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .143 .143 .143 .286
1991 6 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 .333 .500 .333 .833
通算:5年 23 17 15 1 3 0 1 0 5 0 0 1 0 0 2 0 0 6 0 .200 .294 .333 .627

記録編集

背番号編集

  • 46 (1987年 - 1991年)

登録名編集

  • 宮下 正彦 (みやした ただひこ、1987年 - 1989年)
  • 宮下 嗣朗 (みやした しろう、1990年 - 1991年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、同事件について横浜地検横須賀支部は竹田・宮下・武田の3名を傷害および器物破損の容疑で取り調べたが、3人と被害者との間で示談が成立したことや、被害者の怪我が軽かったこと、3人とも反省していることなどから、同年5月8日付で3人を起訴猶予処分とした[1]
  2. ^ 次男の同期には山下幸輝がおり、東東京大会の決勝戦では三ツ俣大樹を擁する修徳高校にサヨナラ勝ちして甲子園出場を決めている[5]

出典編集

  1. ^ 『毎日新聞』1987年5月9日東京朝刊社会面22頁「傷害の大洋球団三選手を起訴猶予処分に」(毎日新聞東京本社)
  2. ^ 毎日新聞』1987年3月31日東京朝刊社会面23頁「大洋の竹田光訓投手ら3人、深夜ノロノロ運転の3少年殴り検挙」(毎日新聞東京本社
  3. ^ 中日新聞』1987年3月31日朝刊第12版第一社会面27頁「【横須賀】大洋3選手 少年に乱暴 竹田投手ら ノロノロ運転に腹立て」(中日新聞社) - 『中日新聞縮刷版 1987年(昭和63年)3月号1159頁
  4. ^ 『中日新聞』1991年11月2日朝刊第一運動面25頁「竹田が引退 大洋・打撃投手に」(中日新聞社)
  5. ^ a b 小原栄二「【スポーツ】 関東一が逆転サヨナラ切符 ◆高校野球地方大会 東東京決勝」紙面から、『中日スポーツ』中日新聞社、2010年7月28日。オリジナルの2010年7月31日時点におけるアーカイブ。「宮下の父・正彦さんは大洋(現横浜)で外野手として活躍。宮下が幼いころに離婚した後も見守ってくれていたが、一昨年夏に46歳で病死。」
  6. ^ a b 小原栄二「関東一・宮下、元プロの亡き父へ親孝行弾」『デイリースポーツ神戸新聞社、2010年8月8日。オリジナルの2010年8月11日時点におけるアーカイブ。「父は元横浜の宮下正彦氏。1年生で出場した一昨年の大会直前、46歳で肝臓がんのため死去した。」

関連項目編集