メインメニューを開く

宮下章(みやした あきら、1922年 - 2002年)は、食文化研究者

長野県伊那谷生まれ。旧制大倉高等商業学校(現・東京経済大学)卒業。長年にわたり和紙凍豆腐海藻鰹節海苔などの研究をつづけ、全国を調査旅行。晩年は食物文化史の研究に専念。文学的な表現で書かれた著書の数々が有名[要出典]。古文書や海外の類似する伝統食にも着目した内容となっている。

著書編集

  • 凍豆腐の歴史』全国凍豆腐工業協同組合連合会 1962
  • 『海苔の歴史』(全国海苔問屋協同組合連合会)1970、海路書院 2004
  • 『海藻 ものと人間の文化史』(法政大学出版局)1974
  • 御湯花講由来 諏訪海苔商団二百年史』御湯花講 1978
  • 『海苔の風俗史』食の風俗民俗名著集成 東京書房社 1985
  • 『鰹節 ものと人間の文化史』(法政大学出版局)2000
  • 『海苔 ものと人間の文化史』法政大学出版局、2003
  • 『海苔商二百年 山形屋海苔店社内史』(山形屋海苔店)

関連人物編集

  • 宮下和夫 - 息子。北海道大学水産学部教授。