メインメニューを開く

宮中晩餐会(きゅうちゅうばんさんかい)は、天皇皇后国賓をもてなすために宮中すなわち皇居宮殿豊明殿で催す晩餐会

宮中晩餐会
President Trump Attends a State Banquet at the Imperial Palace (47945528527).jpg
令和時代初の宮中晩餐会に出席する天皇皇后アメリカ大統領ドナルド・トランプ
2019年(令和元年)5月27日
ジャンル 宴会晩餐会
会場 皇居宮殿豊明殿
会場所在地 日本の旗 日本東京都千代田区千代田1-1
開催国 日本の旗 日本
初回開催 1880年(明治13年)
主催 天皇皇后

即位の礼の祝宴たる饗宴の儀(きょうえんのぎ)や、立太子の礼、成婚などを披露し祝福を受ける祝宴である宮中饗宴の儀(きゅうちゅうきょうえんのぎ)もこれに含意し、また両者は国事行為として執り行われる。

概要編集

出席者は皇太子皇太子妃をはじめとする皇族内閣総理大臣同夫人衆議院議長参議院議長最高裁判所長官三権の長を筆頭に、国務大臣や経済界のトップほか、ノーベル賞受賞者など約百数十人である。

天皇・皇后は宮殿南車寄で国賓とその配偶者を迎え、長和殿石橋の間に入る。ここで皇族や三権の長ら出席者の挨拶を受ける。出席者らが豊明殿の各テーブルに着くと、天皇と国賓らは石橋の間を出て豊明殿に向かう。豊明殿では一同が起立して迎え、宮内庁楽部により『親愛』(作曲:芝祐靖)が演奏される中、天皇や国賓らが入場する。はじめに天皇が歓迎のスピーチをし、相手国の国歌を吹奏し、乾杯する。続いて国賓がスピーチし、日本国歌が吹奏されて再び乾杯する。その後晩餐となり、楽部により相手国と所縁のある曲が演奏される。

一覧編集

第125代天皇即位の礼・饗宴の儀編集

出席した各国要人編集

  • 総勢:158か国
    • 国家元首級:70カ国
    • 皇室・王室:20カ国
    • 副大統領級:15カ国
    • 首相級:20カ国
    • 閣僚級:35カ国

アジア編集

欧州編集

北米編集

中南米編集

オセアニア編集

アフリカ編集

国際機関編集

昭和時代編集

月日 貴賓名 備考  
昭和30年(1955年 12月   カンボジア 国王兼内閣総理大臣ノロドム・スラマリット、王妹ラシミ・ソパン
昭和31年(1956年 11月   エチオピア帝国 皇帝ハイレ・セラシエ1世
昭和32年(1957年 11月   イラク 王太子アブドゥル=イラーフ
昭和33年(1958年 3月
5月
9月
12月
  ラオス王国
  イラン
  インド
  フィリピン
首相スワンナ・プーマ、 同夫人クレア・アラード・アライン
皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィー
ラージェーンドラ・プラサード大統領
カルロス・ガルシア大統領、レオニーラ・ガルシア同夫人
昭和34年(1959年 6月
11月
  インドネシア
  エチオピア帝国
スカルノ大統領
王太子アスファ・ウォセン、王太子妃メディフリアシュワーク・アベベ
昭和35年(1960年 4月
12月
  ネパール
  パキスタン
国王マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハ、王妃ラトナアユーブ・ハーン大統領
昭和36年(1961年 5月
11月
12月
  ペルー
  イギリス
  アルゼンチン
リカルド・ペレス・ゴドイ大統領
英国王女オギルヴィ令夫人アレクサンドラ
ホセ・マリア・ギド大統領
第二次世界大戦後の日本を訪れた最初の英国王族。
この翌年には、秩父宮妃勢津子が戦後初めて日本の皇族として返礼訪英。
昭和37年(1962年 10月   メキシコ アドルフォ・ロペス・マテオス大統領、エヴァ・サマーノ同夫人
昭和38年(1963年 4月
5月
11月
  オランダ
  タイ
  ドイツ
オランダ国王女ベアトリクス
国王プーミポン、王妃シリキット
ハインリヒ・リュプケ大統領、ヴィルヘルミーネ・リュプケ同夫人
昭和39年(1964年 1月
6月
  ベルギー
  マレーシア
国王ボードゥアン1世、王妃リリアン・バエル 国王サイイド・ハルン・プトラ、王妃テンク・ブトリア
昭和40年(1965年 11月   マダガスカル フィリベール・ツィラナナ大統領、ジャスティン・フィリベール・ツィラナナ同夫人
昭和41年(1966年 9月   ミャンマー
  フィリピン
ネ・ウィン大統領、ティンティン同夫人 フェルディナンド・マルコス大統領、イメルダ・マルコス同夫人
昭和43年(1968年 3月
4月
  インドネシア
  ユーゴスラビア
ヨシップ・ブロズ・チトー(ティトー)大統領
昭和44年(1969年 4月
9月
  アフガニスタン王国
  イギリス
昭和46年(1971年 4月
5月
  サウジアラビア
  コンゴ民主共和国
昭和47年(1972年 3月
4月
  パラグアイ
  メキシコ
昭和49年(1974年 11月   アメリカ合衆国 ジェラルド・R・フォード大統領、ベティ・フォード同夫人
昭和50年(1975年 5月   イギリス
昭和51年(1976年 3月
9月
  ヨルダン
  ブラジル
昭和52年(1977年 4月   フィリピン
昭和53年(1978年 3月
4月
5月
10月
  ブルガリア
  バングラデシュ
  ドイツ
  ネパール
  メキシコ
昭和54年(1979年 4月
6月
9月
10月
  セネガル
  アメリカ合衆国
  スリランカ
  アルゼンチン
昭和55年(1980年 3月
4月
5月
9月
10月
  パナマ
  スウェーデン
  中国
  ザンビア
  スペイン
昭和56年(1981年 3月
4月
5月
  タンザニア
  デンマーク
  ドイツ
昭和57年(1982年 3月
4月
  イタリア
  ケニア
  フランス
昭和58年(1983年 4月
7月
9月
10月
11月
  エジプト
  パキスタン
  アイルランド
  ノルウェー
  アメリカ合衆国
昭和59年(1984年 4月
5月
7月
9月
  ブルネイ
  カタール
  ブラジル
  韓国
  ガボン
昭和60年(1985年 6月   ブルガリア
昭和61年(1986年 5月
7月
9月
10月
11月
12月
  イギリス
  アルゼンチン
  ニジェール
  フィンランド
  フィリピン
  メキシコ
昭和62年(1987年 3月
6月
9月
  マレーシア
  ポーランド
  タイ
昭和63年(1988年 4月
6月
  ベネズエラ
  ヨルダン
  セネガル

平成時代編集

月日 貴賓名 備考  
平成元年(1989年 10月
12月
  ジンバブエ
  コロンビア
ロバート・ムガベ大統領
アリ・ハッサン・ムウィニ大統領、スィティ・ムウィニ同夫人
平成時代初の海外貴顕を招いての宮中行事
平成2年(1990年 5月   サウジアラビア
  韓国
大統領・首長ザーイド・ビン=スルターン・アール=ナヒヤーン
盧泰愚大統領、金玉淑同夫人
平成3年(1991年 4月
10月
  ソビエト連邦
  オランダ 
ミハイル・ゴルバチョフ連邦大統領、ライサ・ゴルバチョワ同夫人
女王ベアトリクス、王太子ウィレム=アレクサンダー
平成4年(1992年 1月
3月
4月
  アメリカ合衆国
  ペルー
  スロバキア
ジョージ・H・W・ブッシュ大統領、バーバラ・ブッシュ同夫人
アルベルト・フジモリ大統領、スサーナ・ヒグチ同夫人
ヴァーツラフ・ハヴェル大統領、オリガ・ハヴェル同夫人
平成5年(1993年 3月
4月
10月
  フィリピン
  マレーシア
  ロシア
フィデル・ラモス大統領、アメリータ・ラモス同夫人
国王アズラン・シャー、王妃トゥアンク・ヴァイナム
ボリス・エリツィン大統領、ナイーナ・エリツィナ同夫人
平成6年(1994年 3月
12月
  韓国
  ポーランド
金泳三大統領、孫命順同夫人
レフ・ヴァウェンサ大統領、ダヌータ・ヴァウェンサ同夫人
平成7年(1995年 2月
3月
7月
  アイルランド
  イスラエル
  南アフリカ共和国
バーティ・アハーン大統領、ケリー・アーハン同夫人
イツハク・ラビン大統領、レア・ラビン同夫人
ネルソン・マンデラ大統領、マカジエウ同令嬢
平成8年(1996年 4月17日
10月22日
  アメリカ合衆国
  ベルギー
ビル・クリントン大統領、ヒラリー・クリントン同夫人
国王アルベール2世、王妃パオラ王太子フィリップ 
平成9年(1997年 4月7日   ドイツ ローマン・ヘルツォーク大統領
平成10年(1998年 4月14日
11月26日 12月2日
  イタリア
  中国
  アルゼンチン
オスカル・ルイージ・スカルファロ大統領、マリアンナ令嬢
江沢民国家主席、王冶坪同夫人
カルロス・メネム大統領、ズレーマ令嬢
平成11年(1999年 4月5日
6月2日
12月1日
  ルクセンブルク
  オーストリア
  ヨルダン
ジャン大公、ジョセフィーヌ大公妃
トーマス・クレスティル大統領、マルゴット・クレスティル同夫人
国王アブドゥッラー2世、王妃ラーニア
ヨルダン国王は同年の2月7日に即位した新国王。
平成12年(2000年 4月10日   ハンガリー ゲンツ・アールパード大統領
平成13年(2001年 3月26日   ノルウェー 国王ハーラル5世、王妃ソニア
平成15年(2003年 6月24日 10月15日   韓国
  メキシコ
金大中大統領、李姫鎬同夫人
ビセンテ・フォックス・ケサーダ大統領、マルタ・サアグン同夫人
平成16年(2004年 11月   デンマーク 女王マルグレーテ2世 (デンマーク女王)
平成17年(2005年 11月   モロッコ 国王ムハンマド6世
平成18年(2006年 11月   インドネシア スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領、クリスティーナ同夫人
平成19年(2007年 3月26日
11月
  スウェーデン
  ベトナム
国王カール16世グスタフ、王妃シルヴィア
グエン・ミン・チェット大統領、チャン・ティ・キム・チ同夫人
平成20年(2008年 5月8日 11月   スペイン
  中国
国王フアン・カルロス1世、王妃ソフィア
胡錦濤国家主席、劉永清同夫人
平成21年(2009年 5月   シンガポール セッラパン・ラーマナータン大統領、ウルミラ・ウミ・ナンディ同夫人
平成22年(2010年 5月16日   カンボジア 国王ノロドム・シハモニ
平成23年(2011年 11月   ブータン 国王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク、王妃ジェツン・ペマ・ワンチュク 第125代天皇上皇明仁の名代として徳仁が代行。
平成24年(2012年 3月10月   クウェート
  マレーシア
首長サバーハ・アル=アフマド・アル=ジャービル・アッ=サバーハ 国王アブドゥル・ハリム・ムアザム・シャー、王妃ハミナ 第125代天皇上皇明仁の名代として徳仁が代行。
平成25年(2013年 6月7日   フランス フランソワ・オランド大統領、ヴァレリー・トリールヴァイレール女史
平成26年(2014年 4月24日

10月29日

  アメリカ合衆国   オランダ バラク・オバマ大統領

国王ウィレム=アレクサンダー、王妃マクシマ・ソレギエタ

皇太子妃雅子が11年ぶりに出席。

平成27年(2015年 6月3日   フィリピン ベニグノ・アキノ3世大統領
平成28年(2016年 10月11日
12月1日
  ベルギー
  シンガポール
国王フィリップ (ベルギー王)、王妃マティルド
トニー・タン大統領、チー・ビー・キアン同夫人
平成29年

2017年

4月5日

11月27日

  スペイン  ルクセンブルク 国王フェリペ6世、王妃レティシア

大公アンリ、王女アレクサンドラ

平成30年(2018年 5月30日   ベトナム チャン・ダイ・クアン国家主席、グエン・ティ・ヒエン同夫人

令和時代編集

月日 貴賓名 備考  
令和元年

2019年

5月27日   アメリカ合衆国 ドナルド・ジョン・トランプ大統領、メラニア・トランプ同夫人 令和時代初の国賓


脚注編集

外部リンク編集