メインメニューを開く

宮交シティ(みやこうシティ)は、宮崎県宮崎市大淀四丁目(大淀地域自治区)にあるバスターミナル宮交シティバスセンター」を内包する複合型ショッピングセンターとその運営会社である。核店舗はイオン南宮崎店。宮崎交通の「宮交」ブランドを冠するが、現在、宮崎交通との資本関係はない。

株式会社 宮交シティ
Miyako City
Miyako City mall 2016.JPG
宮交シティ(2016年)
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 宮交シティ
本社所在地 日本の旗 日本
880-0902
宮崎県宮崎市大淀四丁目6番28号
設立 1982年(昭和57年)8月10日
業種 小売業
法人番号 1350001002026
事業内容 大規模小売店舗運営事業
代表者 代表取締役社長 石原 実
資本金 5,000万円
売上高 9億円
(2005年(平成17年)3月期)
純利益 7347万7000円(2019年02月28日時点)[1]
総資産 19億5736万4000円(2019年02月28日時点)[1]
従業員数 29名
(2007年(平成19年)現在)
主要株主 いちご株式会社 100%
外部リンク http://www.miyakocity.com/
特記事項:開店は1973年(昭和48年)11月23日。宮崎交通の経営多角化の一環として開店。
テンプレートを表示

概要編集

 
アポロの泉

宮崎県最大手のバス会社、宮崎交通(宮交)が経営の多角化の一環として設置したバスターミナル併設型ショッピングセンターである。後に子会社化し関連企業であったが、宮交は産業再生機構の経営再建下で2006年1月31日までに保有する株式(100%)をファンド「アセット・マネジャーズ」(現・いちご株式会社)に全て売却したため、現在は親会社ではない。一方、バスターミナル「宮交シティバスセンター」は依然として宮崎交通路線バス網の中心拠点であり、県内ではブランドが定着しているためか「宮交」の語を引き続き使用している。

宮崎市街地の中心・繁華街とは大淀川を挟んだ南方に位置し、徒歩圏内に九州旅客鉄道(JR九州)の南宮崎駅がある。

沿革編集

 
宮交シティ(2007年)

宮交直営SCとして開業編集

  • 1973年11月23日 - 県内初の大型店としてダイエーと専門店76店により開業
  • 1982年 8月10日 - 現在の会社設立(宮崎交通の100%子会社)
  • 1996年11月23日 - リニューアルオープン
  • 2005年 1月18日 - 100%親会社、宮崎交通に対する産業再生機構の支援が決定

ブランド継承し独立編集

  • 2006年 1月31日 - 宮崎交通は保有する全株式をいちご株式会社に売却し、宮崎交通から独立。
  • 2015年 9月1日 - 運営がダイエーからイオン九州に引き継がれイオンとなり、ダイエー宮崎店はイオン南宮崎店に名称変更。
    宮交と競合する交通機関の駅名でしかない「南宮崎」の名を正式名称として初採用。
  • 2019年 5月30日 - 運営会社「株式会社宮交シティ株がコミュニティFM局「宮崎サンシャインエフエム」の全株式を取得

イオン南宮崎店編集

イオン南宮崎店
ÆON MINAMI-MIYAZAKI
店舗概要
所在地 880-0902
宮崎県宮崎市大淀4丁目7番地30号
座標 北緯31度53分42.8秒 東経131度25分9.8秒 / 北緯31.895222度 東経131.419389度 / 31.895222; 131.419389座標: 北緯31度53分42.8秒 東経131度25分9.8秒 / 北緯31.895222度 東経131.419389度 / 31.895222; 131.419389
開業日 1973年11月23日(ダイエー宮崎店)
正式名称 宮交シティ
施設所有者 株式会社宮交シティ
施設管理者 イオンストア九州株式会社[2]
イオン九州株式会社[3]
商業施設面積 14,660 m²
※専門店街を除く
中核店舗 イオン南宮崎店
店舗数 ÆONと104の専門店
営業時間 1F 9:00〜22:00
2•3F 9:00 〜21:00
駐車台数 1790台
前身 ダイエー宮崎店
(宮崎ショッパーズプラザ)
最寄駅 JR 南宮崎駅
外部リンク イオン南宮崎店
ÆON
ÆON KYUSHU
テンプレートを表示

イオン南宮崎店(イオンみなみみやざきてん)は、宮交シティの商業施設エリアの核店舗である。

フロア概要編集

イオン南宮崎店 宮交シティ
3F 子供服・文具・玩具・インテリア・家電・自転車 専門店
2F 呉服・婦人服・紳士服・婦人紳士肌着・服飾雑貨 専門店
1F 食料品・日用消耗品・化粧品・医薬品・ペット用品・フードコート 専門店

主なテナント編集

宮交シティバスセンター編集

 
市内線乗り場前を通る高速バス

宮崎市内外の近・中・長距離の路線バスが多数発着し、18の乗り場・降車場がある宮崎県最大のバスターミナルである。設立の経緯と宮崎県の路線バス事情から、ごく一部を除き宮崎交通との共同運行会社が使用する。

バス停留所名は「宮交シティ」であり、宮崎交通と宮交シティでは、宮崎交通が営業する乗車券発売所のみ「バスセンター」と呼ぶことが多い。当項ではバスターミナル全般について記載する。

JR・南宮崎駅の駅前地域に立地しているが、JRは長らく宮交の競合相手であるため「南宮崎駅前」という呼称は副停留所名や行き先名称としても採用しておらず、「宮交シティ」としてブランディングを行ってきた。その結果、宮交シティそのものがランドマーク化し、駅名「南宮崎」は当店や当停留所の俗称にすらなっていない。なお、「南宮崎駅前通」、「南宮崎駅前」の両停留所は当停留所とは別の場所にある[4]

発着路線編集

特記のない物はすべて宮崎交通の路線。長距離路線は都市名を記載する。

高速バス(長距離)( )内は共同運行会社 【 】内は単独運行会社

高速バス・特急( )内は共同運行会社

  • 宮交シティ・宮崎駅前 - 延岡 「ひむか号」 
  • 宮崎空港・宮交シティ - 西都 ※高速道経由
  • 宮崎駅前BC・宮交シティ - 宮崎空港 - 都城 ※空港リムジン
  • 宮崎空港・宮交シティ - 小林バスセンター - えびの高原 「りんどう号」 ※期間限定運行

郊外線

市内線

構造編集

 
5 - 7番のりば(高速バス発着場)

バスのりば

  • 1番のりば
    【市内・西部方面、橘橋経由】
    平和台、下北方、綾、記念病院・小松台、大塚台、生目台、生目神社、高岡、野尻・小林駅西都バスセンター(高速道路経由)
  • 2番のりば
    【市内・北部方面、橘橋経由】
    宮崎駅宮崎港、一ツ葉試験場(権現町経由)、シーガイア(青葉町経由)、光陽台・佐土原、高鍋、木城、西都バスセンター
  • 3番のりば
    酒泉の杜、綾、国富、法ケ岳、馬渡、宮崎神宮、平和が丘団地、古賀病院、北高校、井上
  • 4番のりば
    【大淀大橋・たまゆらの湯経由】
    宮崎駅、イオン宮崎ショッピングセンター、シーガイア(波島経由)、フェニックス動物園、雁ケ音団地、江田神社
    【橘橋経由】
    青葉町、柳丸町、引戸児童公園(県庁経由)
    【城ヶ崎経由】
    飛江田団地
    【江南・市民文化ホール経由】
    福祉文化公園・薫る坂
  • 5番のりば
    【高速バス】
    熊本(なんぷう号)、新八代(B&Sみやざき号)
  • 6番のりば
    【高速バス】
    福岡(フェニックス号)
  • 7番のりば
    【高速バス・定期観光バス】
    長崎(ブルーロマン号)、大分・別府(パシフィックライナー号)、延岡(ひむか号)、鹿児島(はまゆう号)、定期観光バス
  • 8番のりば〜15番のりば
    【到着ホーム】
  • 16番のりば
    【郊外線】
    月見ケ丘、国立東病院、希望ケ丘、都城西都城)、宮崎空港日南飫肥城下町油津
  • 17番のりば・18番のりば
    【郊外線】
    青島、折生迫(白浜入口)、青島サンクマール、宮崎大学大学病院、看護大学、田野、七野、青井岳温泉、黒北、女子短大、上丸目、尾平

営業時間編集

年中無休

  • 専門店街 10:00 - 20:00
  • 飲食店街 10:00 - 21:00
  • 宮崎交通バスセンターの定期券発売窓口 9:00 - 18:00

応援大使編集

柏木由紀 (AKB48/NGT48)(2018年6月 - )

周辺編集

脚注編集

  1. ^ a b 株式会社宮交シティ 第46期決算公告
  2. ^ 店舗の資産管理を担当している。
  3. ^ イオンストア九州から委託で実際の店舗運営を担当する。
  4. ^ 「九州のバス時刻表」の地図より

関連項目編集

外部リンク編集