宮内 (川崎市)

神奈川県川崎市中原区の町名

宮内(みやうち)は神奈川県川崎市中原区町名[6]。現行行政町名は宮内一丁目から宮内四丁目で、全域が住居表示実施済み区域[7]郵便番号は211-0051[3]

宮内
宮内の位置(神奈川県内)
宮内
宮内
宮内の位置
北緯35度35分11.43秒 東経139度38分41.31秒 / 北緯35.5865083度 東経139.6448083度 / 35.5865083; 139.6448083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
中原区
面積
 • 合計 1.002km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 12,744人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
211-0051[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎
※座標は常楽寺付近[5]

地理編集

宮内は川崎市中原区北部の多摩川下流右岸多摩川低地の中央部に位置する[6]。一部多摩川左岸河川敷にも領域が及ぶ。北部で高津区下野毛、多摩川越しの北東部に東京都世田谷区野毛玉堤、東部で等々力、南東部で小杉御殿町、南部及び西部で上小田中、北西部で高津区北見方に接する。多摩川と二ヶ領用水に挟まれた溝の口デルタにあたり、土地は肥沃である[6]。東西に国道409号及び多摩沿線道路が貫いている。近年再開発が著しい武蔵小杉近辺地域の一角である住宅地が占めるが、二ヶ領用水側及び高津区との区境付近には機械・電機・食品・金属などの中小工場群がみられ、1991年平成3年)の時点では中原区内で工場数の最も多い町である[6]

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、宮内3-18-2の地点で26万5000円/m2となっている。[8]

歴史編集

近世以前編集

地内の春日社・常楽寺一帯は前方後円墳であると言われている[6]室町時代には武蔵国橘樹郡に属し、『小田原衆所領役帳』には後北条氏小机衆曽根外記の所領として「二十貫 同宮内之郷之内」と記述されている[6]江戸時代には武蔵国橘樹郡のとなり、天領となった。村高は『武蔵田園簿』では443余・『元禄郷帳』では408石・『天保郷帳』では568石余・『旧高旧領取調帳』では570石余となっている[6]。名主は石井家の世襲であり、家の軒数は取り決めで36戸と定められていたが、安永年間よりその定めが破られたとされ、明和7年(1770年)には62軒であったと『橘樹郡案内記』に残されている[6]。江戸時代の主な産品は稲毛米と呼ばれる将軍献上米にも使われた良質な花卉が挙げられるが、明和3年(1766年)に池上幸豊の申し出により関東郡代伊奈忠宥によって甘藷の苗が配布された[6]。多摩川の河岸に位置するため水害に見舞われることも多かった[6]

明治以後編集

明治元年(1868年)には神奈川府を経て神奈川県の所属となり、1889年(明治22年)、町村制施行により橘樹郡中原村の大字となった[6]。この時期はゴボウ大根葉菜類等の果樹類換金作物として栽培されていた[6]。この産品はこの時期当地に設置されていた宮内の渡しで運ばれた[6]。宮内の渡しは当地のほか大谷戸(現・上小田中)から東京方面への交通路として利用され、丸子橋1935年(昭和10年)に建設されるまで利用された。1925年大正14年)には橘樹郡中原町の大字、1933年(昭和8年)には川崎市、1974年(昭和47年)には川崎市中原区の大字となっている。昭和40年代から昭和60年代にかけて急激に宅地化が進み、1960年(昭和35年)には597人だった人口が1970年(昭和45年)には2,504人、1991年平成3年)には9,611人、2008年(平成20年)には11,995人と増加している。

1993年(平成5年)2月22日に宮内全域に住居表示が実施され、現在の宮内一丁目-四丁目が成立した[7]

地名の由来編集

神社寺院に囲まれた土地を指す説の外、嵯峨天皇の時代に雨乞のため宮内卿藤原朝臣某を奉幣使としてこの地の春日神社に遣わしたところ、旱魃が止んだためその官職名に由来するとする伝承が『新編武蔵風土記稿』に記されている[6][9]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
宮内一丁目 1,089世帯 2,474人
宮内二丁目 1,269世帯 2,668人
宮内三丁目 1,859世帯 4,236人
宮内四丁目 1,683世帯 3,366人
5,900世帯 12,744人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10][11]

丁目 番地 小学校 中学校
宮内一丁目 全域 川崎市立宮内小学校 川崎市立宮内中学校
宮内二丁目 全域
宮内三丁目 全域
宮内四丁目 全域

施設編集

史跡編集

交通編集

鉄道編集

当地内に鉄道は通っていない。最寄りの駅はJR東日本南武線武蔵新城駅または武蔵中原駅である。

路線バス編集

道路編集

関連項目編集

  • 宮内(曖昧さ回避ページ)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ Google Earthより
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『角川日本地名大辞典』角川書店、1991年9月、P848,1106。
  7. ^ a b 川崎市:区別町名一覧表(中原区) 2014年8月23日閲覧。
  8. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  9. ^ 「宮内村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ64橘樹郡ノ7、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763984/22
  10. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。