宮原 安春(みやばら やすはる、1942年1月2日[1] -2017年1月20日[2])は、日本の元政治運動家、ノンフィクション作家

経歴編集

長野県埴科郡戸倉町(現千曲市)出身。長野県上田高等学校卒業、早稲田大学第二文学部露文科中退。平岡正明らと政治結社『犯罪者同盟』を結成。1963年、同盟機関誌の単行本『赤い風船あるいは牝狼の夜』を刊行したところ、猥褻図画頒布の容疑で警視庁から捜査を受ける。なお、この捜査の際、安原の自宅に赤瀬川原平の芸術作品「印刷千円札」があったことから、「千円札裁判」が起きるきっかけになった。

1960年代末に三年間、ニューヨーク日本倶楽部に勤務。帰国後の1972年、第一期『情況』に革命小説『わが愛しのテロリアン』を連載。その後、週刊誌記者、コラムニスト等を経て、ノンフィクション作家となる。近年は70年代初期までの左翼的な活動とはまったく異なる、著書を刊行している。埼玉文芸賞受賞。

著書編集

  • 『赤い風船あるいは牝狼の夜』(編著、個人出版) 1963
  • 『俺は熱いぞホットだぞ』三一書房 1970
  • 『流刑人宣言 ロックを旅する遊子たち』あすか舎, 1973
  • 『ニューヨーク・ララバイ』CBSソニー出版 1979
  • 『誇りて在り―「研成義塾」アメリカへわたる』講談社 1988
  • 『英雄に学ぶ自分づくりのススメ』スコラ 1989
  • 『軽井沢物語』講談社 1991、講談社文庫 1994
  • 『わが愛しのテロリアン』情況出版 1994
  • 『エッジを疾る 異文化を拓く人びと』スコラ, 1995
  • 神谷美恵子 聖なる声』講談社, 1997、文春文庫, 2001
  • 『信濃に生きる 長寿の里を訪ねて』共同通信社 1999
  • 『祈り 美智子皇后文藝春秋 1999、文春文庫 2001
  • 『家族の原風景』論創社 2004
  • 『リゾート軽井沢の品格 軽井沢はなぜ、高級別荘地になったか』軽井沢新聞社 2009

翻訳編集

  • トム・ヘイドン『叛裁判』梅谷昇と共訳 都市出版社, 1971
  • トム・ヘイドン『反戦裁判』梅谷昇と共訳 三崎書房, 1972

脚注編集