メインメニューを開く

宮原 華音(みやはら かのん、1996年4月8日 - )は、日本モデル女優タンバリンアーティスツ所属。

みやはらかのん
宮原 華音
プロフィール
愛称 ノンちゃん[1]
生年月日 1996年4月8日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型[2]
公称サイズ(2016年[3]時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 82 - 59 - 86 cm
靴のサイズ 25.5[注 1] cm
活動
デビュー 2011年
ジャンル モデル
モデル内容 一般、水着
備考 2012年度三愛水着イメージガール
他の活動 タレント女優
事務所 タンバリンアーティスツ
モデル: テンプレート - カテゴリ

東京都出身。日本芸術高等学園卒業。日本体育大学卒業[5]

略歴編集

母親の実家である秋田県で生まれ[6][7]、その後東京に移住。3歳から水泳を習い[7]小学校2年生の時に空手を習い始める[7][3](段位は初段、流派は松濤館流國際松濤館空手道連盟所属)。5年生の時に第7回全日本少年少女空手道選手権大会(2007年8月、女子・組手部門)で優勝。中学校に進学後も第25回東京都中学生空手道選手権大会で準優勝(2011年7月)、そして、中学生最後の大会となった第14回関東中学生空手道選手権大会(2011年10月)でもベスト4に入る実力を持つ。高校進学後も空手を続け、インターハイ優勝を目指していた[8]

このほか、中学では陸上部に所属。100m走砲丸投げでは都大会ベスト8の実績もある[3][9][10][11]。中学3年からダンスヒップホップ)も習い始めた。

小学5~6年時に雑誌「ニコ☆プチ」の読者モデルを務める[12]。これで芸能界に興味を持ちオーディションをいくつも受けるが、落選続きの末に中学校へと進学する[3]

中学3年時の2011年11月2012年度三愛水着イメージガールに就任[8][13]2002年度の同社イメージガール創設から初の一般応募からの選出で、当時15歳での就任は同イメージガール史上最年少記録となった[8]。イメージガール就任後は、6代前(2006年)のイメージガール・杉本有美が在籍していたタンバリンアーティスツに所属することになった[3]

2013年8月、『時空警察ヴェッカー1983』にて初舞台[14]。2014年、『ハイキック・エンジェルス』で映画初主演[3]。その後も『仮面ライダーアマゾンズ[15]BLOOD-C』シリーズ[16]等アクション作品での活躍が目立つ。NHK Eテレの番組『すイエんサー』へのレギュラー出演もあった[3][17]

2017年、初のイメージビデオ『晴れ時々カノン』を発表[18]。2018年にはテレビ番組KUNOICHI』に出場。REDステージを経てBLUEステージに挑戦したが、ファイナルステージ進出はならなかった[19]

2019年3月に日本体育大学を卒業[5]

人物編集

作品編集

DVD編集

出演編集

映画編集

舞台編集

  • アリスインプロジェクト時空警察ヴェッカー1983」(2013年8月14日 - 18日、笹塚ファクトリー) - リミット 役[14]
  • ACRAF「天誅 舞台版」(2014年5月7日 - 11日、新宿御苑前・シアターサンモール) - 綺羅 役
  • アリスインプロジェクト「戦国降臨ガール・ReBirth[27]」(2014年10月29日 - 11月3日、新馬場・六行会ホール) - 真田幸村 役
  • NEGA「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」(2014年12月19日 - 23日、池袋・東京芸術劇場プレイハウス) - アイギス 役
  • NEGA「BLOOD-C The LAST MIND[28]」(2015年7月2日 - 5日、三軒茶屋・世田谷パブリックシアター) - 主演 更衣小夜 役
  • NEGA「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」(2016年7月6日 - 10日、東京ドームシティ シアターGロッソ) - アイギス 役
  • タンバリンステージ「NINJA ZONE〜RISE OF THE KUNOICHI WARRIOR〜[29]」(2018年9月5日 - 9日、六行会ホール) - ヒロイン 如月桜 役

ウェブドラマ編集

PV編集

テレビ編集

CM編集

  • インターネットCM ジョンソン株式会社 KIWIリフレッシュスプレー(2016年4月11日公開)

書籍編集

  • 瞬撮アクションポーズ01 女子高生アクション編(2016年4月6日、玄光社)ISBN 978-4-7683-0715-1
  • 瞬撮アクションポーズ03 刀剣・銃・少女バトル編(2016年11月25日、玄光社)ISBN 978-4768307960

受賞編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 25.5cmは実際の足のサイズで、靴は26cmの靴を履いている。[3][4]

出典編集

  1. ^ 水着ショー”. 三愛水着楽園公式blog (2011年11月15日). 2014年12月14日閲覧。
  2. ^ 宮原華音 (2015年9月28日). “最近華音を知った方のために自己紹介☆”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2015年9月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 宮原華音 (2016年10月27日). “宮原華音 基本情報”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ 宮原華音 (2011年12月29日). “寒いですな((+_+))”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  5. ^ a b 宮原華音 (2019年3月16日). “卒業しました。”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ 宮原華音 (2013年12月9日). “なっとうあなたはどっちは?”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b c 宮原華音 (2012年6月16日). “ヒストリー”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b c “11代目「三愛水着イメージガール」に15歳の宮原華音さん 一般公募から初選出”. ORICON NEWS (オリコン). (2011年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2003695/full/ 2019年8月16日閲覧。 
  9. ^ 宮原華音 (2011年11月29日). “しょぼん(..)”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  10. ^ 宮原華音 (2011年12月12日). “コメ返(*^O^*)”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  11. ^ 宮原華音 (2011年12月16日). “運動大好き\(^^)/”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  12. ^ 宮原華音 (2012年6月23日). “ヒストリー2”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ “2012年三愛水着イメージガールは現役中学生の宮原華音”. GirlsNews. (2011年11月15日). http://www.girlsnews.tv/dvd/32074 2019年8月16日閲覧。 
  14. ^ a b “加藤、玉川来夢/「時空警察ヴェッカー」の舞台第3弾、14日より上演”. Stereo Sound ONLINE. (2013年8月7日). http://www.stereosound.co.jp/column/idollove/article/2013/08/07/23629.html 2019年8月16日閲覧。 
  15. ^ a b “【動画】宮原華音、シーズン2で「女の子っぽく」、21歳の抱負は「アクションを進化」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月3日). https://mantan-web.jp/movie/lGBTXZsmR1Q.html 2019年8月16日閲覧。 
  16. ^ a b c “空手ガール・宮原華音が更衣小夜役を続投「BLOOD-C」シリーズ最新作「BLOOD-CLUB DOLLS」実写映画化決定”. Web De☆View (オリコン). (2018年2月7日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2105386 2019年8月16日閲覧。 
  17. ^ a b 宮原華音 (2015年3月27日). “改めまして情報解禁です”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  18. ^ “身長170㎝の空手ガール・宮原華音が初DVD「普通の女の子の筋肉はこうならないんだ…。」”. Web De☆View (オリコン). (2017年2月25日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2086555 2019年8月16日閲覧。 
  19. ^ a b 宮原華音 (2018年7月1日). “KUNOICHI2018”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2019年8月16日閲覧。
  20. ^ 宮原華音 (2011年11月26日). “★質問の答え”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  21. ^ 宮原華音 (2011年12月13日). “勉強DAY☆”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  22. ^ 宮原華音 (2011年12月24日). “☆購入品”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  23. ^ 宮原華音 (2011年12月21日). “ダンス&空手”. MIYAHARA KANON BLOG. CyberAgent. 2014年12月14日閲覧。
  24. ^ “園子温版「リアル鬼ごっこ」 高橋メアリージュンら総勢34人の追加キャスト一挙発表”. 映画.com. (2015年3月5日). http://eiga.com/news/20150305/4/ 2015年3月5日閲覧。 
  25. ^ 宮原華音 特撮ムービーでベストアクション賞を獲得した若手注目女優が「BLOOD」シリーズ最新作に出演”. ドカント (2017年8月16日). 2017年9月7日閲覧。
  26. ^ “「仮面ライダーアマゾンズ完結編」特報公開!美月や七羽さんも続投、脚本は高橋悠也”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ. (2018年2月3日). https://natalie.mu/eiga/news/268012 2018年2月3日閲覧。 
  27. ^ 舞台「戦国降臨ガール・R(リバース)」記者発表会 OVERTURE 2014年10月31日
  28. ^ 舞台「BLOOD-C ~The LAST MIND~」コメント映像:宮原華音 - YouTube 2015年6月2日
  29. ^ “宮原華音が男子に挑戦状「本気で倒しに行きます!」【舞台「NINJA ZONE」特集】”. ザテレビジョン. KADOKAWA. (2018年8月30日). https://thetv.jp/news/detail/158012/ 2019年8月16日閲覧。 
  30. ^ 第28回 連盟全国空手道選手権大会結果”. 國際松濤館空手道連盟ブログ. ライブドア. 2014年12月14日閲覧。

外部リンク編集