メインメニューを開く

宮古列島

日本の諸島
世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 南西諸島 > 宮古列島

宮古列島(みやこれっとう)または宮古諸島(みやこしょとう)は、南西諸島西部の島嶼群で、先島諸島の一部を成す。

宮古列島
Miyakojima sky view.jpg
宮古島周辺の航空写真
宮古列島の位置(南西諸島内)
宮古列島
宮古島
宮古島
多良間島
多良間島
宮古列島 (南西諸島)
地理
場所 東シナ海フィリピン海太平洋
座標 北緯24度30分 - 25度00分
東経124度30分 - 126度00分
諸島 南西諸島先島諸島
島数 12島(うち有人島は8島)[1]
主要な島 宮古島(158.87km2[1]
伊良部島(29.06km2[1]
多良間島(19.81km2[1]
面積 226.20 km2 (87.34 sq mi)
国土地理院、2017年10月1日現在)[2]
最高標高 113 m (371 ft)[3]
最高峰 宮古島(a)(b)
所属国
都道府県 沖縄県
市町村 宮古島市宮古郡多良間村
最大都市 宮古島市(人口54,340人[1]
人口統計
人口 55,522人[1]
人口密度 246.2 /km2 (637.7 /sq mi)[1]

目次

地理編集

8つの有人島と、その周囲の無人島、岩礁群からなる。全島が隆起サンゴ礁からなり、総じて平坦な島嶼群である。8つの有人島のうち、宮古島、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島は列島の北側に一群となって位置し、行政区分では沖縄県宮古島市に属する。また、多良間島、水納島は南側に一群となって位置し、宮古郡多良間村に属する。宮古列島の北西には尖閣諸島、西には八重山列島がある。

8つの有人島の名称、面積(2016年10月1日現在、大神島のみ1994年10月1日現在)[1]、人口(住民基本台帳人口、2017年1月1日現在)[1]は以下のとおり。

所属自治体 面積(km2) 人口(人) 人口密度(人/km2)
宮古島 宮古島市 158.87 48,250 303.7
池間島 宮古島市 2.83 598 211.3
大神島 宮古島市 0.24 25 104.2
来間島 宮古島市 2.84 165 58.1
伊良部島 宮古島市 29.06 5,199 178.9
下地島 宮古島市 9.68 103 10.6
多良間島 多良間村 19.81 1,177 59.4
水納島 多良間村 2.16 5 2.3

生物編集

宮古列島には、ハブ類(ハブヒメハブサキシマハブ)が生息していない。これは各島とも平坦で、過去の海進の際に水没したためとされる。ただし、少数ではあるが固有種も確認されているため、完全には水没していないとする説もある。

固有種としては、以下のものがある。

交通編集

空港編集

以下の3つの空港がある。

宮古列島内では宮古空港 - 多良間空港間に定期路線がある。下地島空港には定期便は就航していないが、2019年3月に新ターミナルの開業が予定されており、国内線・国際線のLCCの就航を目指している。

航路編集

以下の定期航路がある。

多良間島 - 水納島間には定期航路はなく、チャーター船で渡る。かつては宮古島平良港 - 伊良部島佐良浜港間にも定期航路があったが、伊良部大橋の開通に伴い廃止された。

道路編集

宮古島と、池間島、来間島、伊良部島の間はそれぞれ池間大橋来間大橋伊良部大橋(2015年1月31日開通)により陸路で連絡している。伊良部島と下地島は細い水路で隔てられているのみで、その間には6本の橋が架かっており、交通上はあたかもひとつの島のようである。

文化編集

アヤゴ(アヤグ)編集

宮古諸島の古謡の総称。宮古方言で謡われる。三つに大別出来る[6]

  • ニイリ(ニイラアグ) - ニイラアグは根の国(にいら、死者の居る国)のアヤグの意。内容は祖先に関する謡で、代表的なものに「狩俣祖神(うやがむ)のニイリ」がある(祖先崇拝を参照。)。
  • アヤグ - 15世紀末から16世紀初頭にかけて作られた叙事歌謡英雄の勲功を称えたものなどが多く、代表的なものに「仲宗根豊見親八重山入の時のアヤグ」がある。
  • 長アヤゴ - 叙情的、民謡的なものが多い。「トウガニ」「正月のアヤグ」「石嶺のあこうぎ」「旅栄」「多良間シユンガニ」など。

放送編集

中継局については「宮古島中継局」、「多良間中継局」を参照。

ラジオ編集

  • NHKが、AM・FMとも、宮古島(平良局)から、宮古島市だけでなく多良間村まで、宮古諸島全域をカバーしている。
    • AMのラジオ第1ラジオ第2は、1972年6月25日に沖縄県内におけるNHKの放送再開とともに、沖縄本島と同時に中継局設置(出力は100W)。テレビ放送と違い、設置当初から本島や日本本土と同時放送だった。
    • FM放送は、1976年12月のテレビの同時放送開始とともに放送開始された。また石垣島へ電波を送信する役割もあるため、出力を親局並みの1kWとしている。
  • 民放はAMの琉球放送(RBCiラジオ)とラジオ沖縄(ROK)が、宮古島市内の伊良部島と多良間島に中継局を置いている。FM沖縄は中継局がないため受信出来ないが、2006年秋から同局の人気番組(平日11:30~15:50、土・日19:00~21:00)を中心に、コミュニティFMであるFMみやこで放送するようになった。
    • 1964年、RBCiラジオが、本島以外では初となる中継局を宮古島に設置、長らく宮古だけでなく八重山を含めた先島諸島全域をカバーしていた。しばらくコールサインはなかったものの、宮古局独自のローカル放送も行っていたという。日本復帰後は宮古放送局としてコールサイン“JORO”が付いた[注 1]。ほぼ本島と同時放送で、番組開始・終了時にもステーションコール紹介はあるものの、コールサインのアナウンスは那覇本局のもの(JORR)だった。毎年4月に開催される全日本トライアスロン宮古島大会は、レースの模様を一部宮古局のみで放送していた。
    • 2005年4月1日、RBCiラジオとROKは、中国大陸台湾中華民国)などの近隣諸国の混信を避けるため、伊良部島(宮古島市)と多良間島の2ヶ所に、FMによる中継局を設置した(出力は伊良部島が100W、多良間島が3W)。これによりRBCiラジオは、長らくAMの1150→1152KHZで放送していた旧宮古局(JORO)を、2005年5月1日深夜(2005年5月2日未明)の放送終了をもって廃止、伊良部島のFM中継局に引き継いだ[注 2][注 3]
  • 2002年には沖縄県内の離島では初のコミュニティFM局となる、FMみやこ(76.5MHz・20W)が開局した(2006年より、FM沖縄の一部の番組も放送)。
ラジオ中継局一覧
所在地 NHK1 NHK2 NHKFM RBCi ROK
宮古島市 1368 1602 85.0 82.7 84.1
多良間村 82.2 83.6

※宮古島市の送信場所 NHK・宮古島市平良(AMとFMは場所が異なる)、民放・宮古島市伊良部

テレビジョン編集

宮古諸島におけるテレビ放送の歴史
  • 1967年12月22日 - NHK沖縄放送局の前身である沖縄放送協会(OHK)による放送が開始された[7]当時は沖縄本島との間に海底ケーブルが未敷設だったため、番組編成も本島とは別編成で、放送用テープを本島からの空輸でしのいでいた。特にニュース番組は本島や日本本土で朝に放送していたものを昼に、昼に放送したものを夜に放送したり、音声を当時未放送だったラジオのニュース音声を同時に流しながら映像は白黒のバックに字幕をつけて放送(宮古島等に関連するものだけ静止画写真も表示)していたという。また朝の連続テレビ小説大河ドラマが1日~1週間遅れのものを、高校野球大相撲は前日のものを放送したり、大晦日恒例の紅白歌合戦には翌日の元日の夜に放送したりしていた(これは復帰後NHKになった後の1976年まで続いた)。[要出典]
  • 1972年5月 - 本土復帰と同時にNHK沖縄の総合テレビ(正式には沖縄宮古総合テレビジョン)となったものの、復帰前のOHKでは別内容だった八重山地域(石垣局)を統合し同一内容にしたものの、引き続き本島とは別の番組編成でコールサインも別に“JOVQ-TV”が与えられ八重山含めた先島諸島をカバーした。OHK時代から1チャンネルによる放送だったため、総合・教育の混合編成による放送だった。[要出典]
  • 1976年12月22日 - 本島との間に海底ケーブルが開通し、テレビ放送が本島・日本本土と終日同時放送となり、親局だった宮古島の総合テレビは中継局に降格され、新たに教育テレビが開始された。
  • 1978年 - ケーブルテレビである宮古島有線テレビ(現在の宮古テレビ)が開局。日本テレビ、テレビ朝日、テレビ東京の番組を配信した[8]
  • 1993年12月16日 - 県内民放テレビの琉球放送、沖縄テレビ放送が放送開始[8](それまでは宮古テレビで系列キー局のTBSフジテレビの番組とRBC・OTV両局の一部番組も時差配信していた)。
  • 2009年10月21日 - 琉球放送、沖縄テレビ放送、琉球朝日放送が地上波デジタル放送開始[8](それまでは宮古テレビで系列キー局のテレビ朝日の番組を時差配信していた)。
地上波デジタルテレビ中継局一覧
所在地 総合 教育 RBC OTV QAB
リモコンID 1 2 3 8 5
宮古島市 17 13 14 15 16
多良間村 22 18 43 45 47

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ JOROが付けられたのは、RBC英語ラジオ局が廃止された1973年11月から。
  2. ^ FM中継局が開局した4月の1ヶ月間は移行期間として、AMとFMのサイマル放送が行われていた
  3. ^ なおこのケースは、2001年に沖縄本島北部地区、2004年に八重山地区に設置されたケースと同じである。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 離島関係資料(平成30年1月) (PDF)”. 沖縄県企画部地域・離島課. 2018年9月15日閲覧。
  2. ^ 平成29年 全国都道府県市区町村別面積調 沖縄県 (PDF)”. 国土地理院 (2017年10月1日). 2018年9月15日閲覧。 - 宮古島市及び多良間村の面積の合計。
  3. ^ 沖縄県市町村別最高点一覧”. 沖縄県企画部土地対策課 (2004年10月). 2013年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月12日閲覧。 - 宮古島には最高地点が2ヶ所存在する。
  4. ^ 環境省報道発表資料 『第4次レッドリストの公表について(お知らせ)』、2012年8月28日
  5. ^ 所蔵名品から17 ミヤコショウビン 山階鳥類研究所
  6. ^ 『郷土資料事典・沖縄』 - 人文社
  7. ^ 宮古概観 平成28年度版 第9章その他資料 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2017年3月
  8. ^ a b c 沿革 宮古テレビ株式会社

関連項目編集

外部リンク編集