メインメニューを開く
宮古
艦級概観
艦種 通報艦
艦名 列島名
前級 龍田
次級 千早
艦歴
計画: 1893年度計画
起工: 1894年5月26日
進水: 1898年10月27日[1]
就役: 1899年3月31日
建造所: 呉海軍造船廠
その後: 1904年5月14日触雷沈没
除籍: 1905年6月15日
性能諸元
排水量: 常備:1,772t
全長: 垂線間長:96.0m[1]
全幅: 10.5m[1]
吃水: 4.0m[1]
機関: レシプロ蒸気機関2基2軸
6,130馬力[1]
燃料: 石炭400t
最大速: 20.0kt[1]
兵員: 200名
兵装: 12cm速射砲英語版 2門
47mm重速射砲英語版 10門
魚雷発射管 2門
その他 信号符字:GQJP[2]

宮古(みやこ)[3]は、日本海軍通報艦。艦名は沖縄県の「宮古列島」にちなんで名づけられた[注釈 1]。呉海軍工廠で建造された最初の軍艦である[4]。日露戦争において戦没。

艦歴編集

1891年明治24年)の軍艦建造予算は否決され続けてきたが、これに対し明治天皇が自らの宮中費を節約する方針を述べた建艦詔勅を出しようやく予算案が議会を通過したことにより、富士型戦艦、防護巡洋艦「明石」、宮古の建造が開始された[5]1894年(明治27年)5月26日[4]呉海軍造船廠で「甲号報知艦」として起工。1895年(明治28年)8月16日、日本海軍は建造中の甲号甲鉄戦艦を「富士」、乙号甲鉄戦艦を「八島」、甲号報知艦を「宮古」と命名する[3]1897年(明治30年)10月21日、軍艦宮古は佐世保鎮守府所管と定められる[6]。10月27日、呉で進水[7][1]。進水式には有栖川宮威仁親王(防護巡洋艦「厳島」で到着)、梨本宮守正王陸軍歩兵少尉、華頂宮博恭王海軍少尉、侯爵西郷従道海軍大臣が臨席した[8]1898年(明治31年)3月21日、日本海軍は海軍軍艦及び水雷艇類別標準を制定[9]。宮古は通報艦に類別された[10]1899年(明治32年)3月31日に竣工[4]

1903年(明治36年)4月10日、神戸沖で挙行された大演習観艦式に供奉艦として参列[11]。12月28日、常備艦隊が解隊され、戦艦を中心とする第一艦隊と巡洋艦が主体の第二艦隊が設置される。第一・第二艦隊で連合艦隊(司令長官:東郷平八郎海軍中将)を構成した。富士は第一艦隊隷下の第一戦隊(東郷中将直率、戦艦《三笠朝日富士八島敷島初瀬》・宮古)に配属される[12]1904年(明治37年)1月11日、第三艦隊(司令長官:片岡七郎海軍中将)の第五戦隊(鎮遠厳島橋立松島宮古)隷下となる[13]

日露戦争が勃発した明治37年2月8日、朝鮮半島南東海上でロシアの太平洋捕鯨漁業所属の捕鯨船「ニコライ」号[14]、続いて「ミハイル」号を拿捕した[15][16]。2隻は長箭洞英語版釜山)を出航して上海に向かう途中であり、拿捕ののち竹敷(長崎県対馬)を経由後、佐世保に回航された。その後旅順攻略作戦に参加。5月5日から帝国陸軍第2軍(司令官:男爵奥保鞏陸軍大将)が遼東半島塩大澳に上陸を開始したが、遠浅のため上陸に不便であることや目標である大連まで距離があることから、連合艦隊の東郷司令長官は上陸地点を変更を決意した。そのため東郷長官は第3艦隊司令長官に対し、大連湾の掃海および測量を命令[17]。そして、大連湾で掃海隊の援護中であった5月14日に宮古は触雷した[18][19]。宮古は2、3分で沈み、死者2名負傷者17名を出した[18]

翌年の1905年(明治38年)6月15日に除籍[20]、残骸は1906年(明治39年)7月4日に民間に売却された。

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 高桑勇 中佐:1899年7月25日 - 9月29日
  • 松本有信 中佐:1899年9月29日 - 1900年6月7日
  • 八代六郎 中佐:1900年6月7日 - 1901年10月1日
  • 小橋篤蔵 中佐:1901年10月31日 - 1903年7月7日
  • 川島令次郎 中佐:1903年7月7日 - 9月26日
  • 栃内曽次郎 中佐:1903年9月26日 - 1904年5月16日

その他編集

  • 1903年(明治36年)に大阪で開催された第5回内国勧業博覧会において、帝国海軍は敷島、千早、八雲などの模型とともに、呉海軍造船廠が製造した「宮古」の模型も出品した[21]

出典編集

注釈編集

  1. ^ 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』では「艦名考 港灣名に採る、陸中國下閉伊郡閉伊崎の西岸に深入せる海灣にして、閉伊川(宮古川)之に歸注す、灣岸には宮古町の外、大小の村落布列し、運輸四達、閉伊の都會と爲す、宮古の名蓋し偶然ならずと謂ふべき乎。」として、岩手県宮古湾由来説を採用している

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 明治30年11月20日『官報』第4318号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3
  2. ^ 明治31年4月15日『官報』第4434号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ1「|信號符字|艦艇名|GQJP|宮古 Miyako|」
  3. ^ a b 明治28年 達 完/8月』 アジア歴史資料センター Ref.C12070035400  p.12「達第七十八號 英國ニ於テ製造中ノ甲號及乙號甲鐡戰艦並ニ吳鎭守府ニ於テ製造中ノ甲號報知艦左ノ通命名セラル 明治二十八年八月十六日 海軍大臣 侯爵西鄕從道|甲號甲鐡戰艦 |乙號甲鐡戰艦 シマ|甲號報知艦 ミヤ
  4. ^ a b c 呉の歴史 - 市ホームページ”. 広島県呉市 (2015年11月1日). 2018年10月8日閲覧。
  5. ^ #海軍制度沿革巻8 p.7(コマ番号23)「依テ衆議院ハ豫算案ヲ再議修正シテ千八百八萬餘圓ノ支出ヲ協賛シ貴族院之ニ同意シタル後御裁可ヲ仰ゲリ富士、八島、明石、宮古四艦ノ新造(七箇年繼續)ハ實ニ之ニ依ル」
  6. ^ 内令第29号 明治30年6月30日~内令第63号 明治30年12月21日 画像30「內令四十八號 軍艦 淺間 右本籍ヲ橫須賀鎭守府ト定メラル 軍艦 明石 軍艦 常磐 右本籍ヲ吳鎭守府ト定メラル 軍艦 宮古 右本籍ヲ佐世保鎭守府ト定メラル 明治三十年十月二十一日 海軍大臣 侯爵西鄕從道」
  7. ^ 明治30年10月28日『官報』第4299号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4「◯陸海軍 …◯軍艦進水 吳海軍造船廠ニ於テ製造ノ軍艦宮古ハ昨二十七日進水セリ(海軍省)
  8. ^ 東京朝日新聞』1897年10月30日朝刊
  9. ^ 明治31年 達 完/3月(1)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070040500  pp.14-15「達第三十四號 海軍大臣ニ於テ別表ノ標準ニ據リ軍艦及水雷艇ノ類別及等級ヲ定メ若ハ其ノ變更ヲ行フコトヲ得セシメラル 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西鄕從道」
  10. ^ #達明治31年3月(1) pp.16-17「達第三十五號 軍艦及水雷艇類別等級別紙ノ通定ム 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西鄕從道|軍艦|通報艦|八重山 龍田 宮古 千早」
  11. ^ 「極秘 明治37.8年海戦史 第11部 戦局日誌 巻1」/第1編 開戦前誌(明治36年4月8日より37年2月5日に至る)』 アジア歴史資料センター Ref.C05110200200  画像3(p.5)「供奉艦 宮古、千早、夕霧、金剛、吳鎭守府所屬吳丸」
  12. ^ #明治37.8年海戦史 画像3「開戰前誌 明治三十六年十二月二十八日(月) 一聯合艦隊左ノ通リ編制セラル |聯合艦隊(司令長官東鄕中將)|第一艦隊(長官東鄕中將)|第一戰隊|三笠 初瀨 朝日 敷島 富士 八島 宮古|」
  13. ^ 特隊機密/3隊機密作戦班極秘』 アジア歴史資料センター Ref.C09050639900 「三隊機密第三六號 戰隊 第五 鎮遠、嚴島、槗立、松島、宮古 …但シ宮古ハ第五戰隊ノ通報艦タラシム 第三艦隊區分右ノ通相定メ候條此段報告候也 明治三十七年一月十一日 第三艦隊司令長官片岡七郎 海軍々令部長子爵伊東祐亨殿」
  14. ^ 佐世保捕獲審検所書類1・ニコライ号捕獲事件記録』 アジア歴史資料センター Ref.A06040021200 
  15. ^ 佐世保捕獲審検所書類2・ミハイル号捕獲事件記録』 アジア歴史資料センター Ref.A06040022000 
  16. ^ 明治38年2月24日『官報』第6493号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ6
  17. ^ 日露旅順海戦史、p.100
  18. ^ a b 日露旅順海戦史、p.118
  19. ^ 「極秘 明治37.8年海戦史 第1部 戦紀 巻3.4.5付表及付図」/第94号 自5月4日至8月9日 旅順方面に於る艦艇一覧表』 アジア歴史資料センター Ref.C05110009600 「|記事|六、宮古ハ五月十四日敵ノ機械水雷ニ觸レ沈沒ス|」
  20. ^ 明治38年 達 完/6月』 アジア歴史資料センター Ref.C12070053000  p.7「達第八十三號 軍艦及水雷艇類別等級別表中軍艦ノ欄內八島、初瀨、吉野、高砂、濟遠、海門、平遠、愛宕、大島、宮古、速鳥ヲ、水雷艇ノ欄內第三十四號、第三十五號、第四十二號、第四十八號、第五十一號、第五十三號、第六十九號ヲ削ル 明治三十八年六月十五日 海軍大臣男爵 山本權兵衞」
  21. ^ 『第五回内国勧業博覧会海軍出品解説』コマ14

参考文献編集

  • 国立国会図書館デジタルコレクション国立国会図書館
    • 『第五回内国勧業博覧会海軍出品解説』金港堂、1903年4月。
    • 海軍有終会編『幕末以降帝国軍艦写真と史実』、1935年11月。
    • 海軍大臣官房『海軍制度沿革. 巻8』海軍大臣官房、1940年。
  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 真鍋重忠、『日露旅順海戦史』、吉川弘文館、1985年、ISBN 4-642-07251-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報
  • アジア歴史資料センター(公式)国立公文書館
    • 『明治28年 達 完/8月』。Ref.C12070035400。
    • 『明治31年 達 完/3月(1)』。Ref.C12070040500。
    • 『特隊機密/3隊機密作戦班極秘』。Ref.C09050639900。
    • 『戦時日誌 明治36.12.28~38.10.14/戦時日誌(1)』。Ref.C09050281400。
    • 『「極秘 明治37.8年海戦史 第11部 戦局日誌 巻1」/第1編 開戦前誌(明治36年4月8日より37年2月5日に至る)』。Ref.C05110200200。
    • 『「極秘 明治37.8年海戦史 第1部 戦紀 巻3.4.5付表及付図」/第94号 自5月4日至8月9日 旅順方面に於る艦艇一覧表』。Ref.C05110009600。
    • 『佐世保捕獲審検所書類1・ニコライ号捕獲事件記録』。Ref.A06040021200。
    • 『佐世保捕獲審検所書類2・ミハイル号捕獲事件記録』。Ref.A06040022000。
    • 『明治38年 達 完/6月』。Ref.C12070053000。
  • 戦史史料・戦史叢書検索防衛省防衛研究所
    • 『海軍内令 明治30年/内令第29号 明治30年6月30日~内令第63号 明治30年12月21日』。

関連項目編集