宮司愛海

フジテレビのアナウンサー

宮司 愛海(みやじ まなみ、1991年7月29日 - )は、フジテレビの女性アナウンサー

みやじ まなみ
宮司 愛海
プロフィール
本名 宮司 愛海
愛称 まなみん
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市早良区
生年月日 (1991-07-29) 1991年7月29日(30歳)
身長 158 cm[1]
血液型 O型
最終学歴 早稲田大学文化構想学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2015年 -
ジャンル 全般
公式サイト フジテレビ・宮司愛海
出演番組・活動
出演中潜在能力テスト
S-PARK
出演経歴めざましテレビ アクア
さまぁ〜ずの神ギ問
めざましテレビ』など

経歴編集

福岡市早良区出身。

福岡市立野芥小学校福岡市立田隈中学校西南学院高等学校[2]早稲田大学文化構想学部(表象・メディア論系)卒業。

早大在学中は「MISS CIRCLE CONTEST2010」[3]早稲田コレクション2011」でそれぞれグランプリを受賞[4]。また、早稲田大学放送研究会やファッション系の出版サークルに所属していた[5][6]

2013年1月から7月までの半年間、大学を休学してシンガポールインターンシップをしていた。現地では、日系の大手広告代理店やローカル企業でインターンを経験した[7]

2015年フジテレビ入社。同期入社は内野泰輔小澤陽子新美有加。同期の小澤とは同じ生年月日である。

2020年1月29日にフォトブック『S-PARK特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ』(講談社)を発売[8]

人物編集

  • 3人兄弟姉妹の長女であり、弟と妹が居る[9]
  • 弟が大学に在学中は、自身が学費の仕送りをしていた。仕送り分を捻出するため、自身が着用する洋服は比較的安価なものを購入したり、食事も簡素なもので済ますなど節約していたという[9]
  • 自身が小学生の頃に母親が発した「アナウンサーって素敵よね」という一言が、アナウンサーを目指すきっかけになったという[9]。その母親は2021年5月にがんで他界し、新型コロナウイルスが蔓延する状況下で東京五輪キャスターを務める直前での体験を、母親の58回目の誕生日にあたる2021年10月14日に併せて公表している[10]
  • 小学生の時から学級委員や児童会の役員に選ばれることが多く、中学校では学級委員を務め、高校では生徒会役員を務めた[11]
  • 中学時代は吹奏楽部に所属し、2年生から部長も務めた[12]
  • 日本漢字能力検定2級[13]日本語検定3級の資格を所持[14]
  • 落語好きで、早朝勤務明けや休日などには鈴本演芸場などの寄席に足を運ぶ[15]。特に古典落語を好み、お薦めの演目は『明烏[14][15]。ご贔屓の落語家は古今亭菊丸である。大学生時代に行った浅草演芸ホールで観た、菊丸の一席に魅了されたことがきっかけであった[15]
  • 他に趣味はカラオケ。その中で十八番はテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の挿入歌『God knows...』ということで、高校生時代にもバンドを組んでこれを歌っていたことがあったという[16]
  • 得意な料理は卵料理[14]
  • 左利きである。

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

テレビアニメ編集

著書編集

  • 『S-PARK特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ』(2020年、講談社[8]

脚注編集

  1. ^ 【サポートMC】宮司 愛海 AGESTOCK2012実行委員会
  2. ^ 西南学院高等学校文化祭「西南祭」同窓会ブースの様子 西南学院高等学校同窓会WEB(2017年7月14日‣15日)
  3. ^ 学生サークルの看板美女日本一を決める『ミスサークルコンテスト2010』グランプリ決定 ORICON STYLE(2010年12月22日付)
  4. ^ チーム3プロフィール 早稲田コレクション2011
  5. ^ アナウンス部夏合宿を終えて… 早稲田大学放送研究会公式ブログ
  6. ^ ピックアップインタビュー 2015年度新人アナ(前半) フジテレビ・アナマガ
  7. ^ 宮司愛海インタビュー Facebook:アジアで働こうや!(株式会社ブレインワークス)
  8. ^ a b "普段見られないフジ・宮司愛海アナにドキッ! 来年1.29初フォトブック発売". サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 8 December 2019. 2019年12月8日閲覧
  9. ^ a b c 宮司愛海アナ、フジの“五輪メインMC”に大抜擢のワケと弟に学費仕送りの“家族愛”page2” (日本語). 週刊女性PRIME. 2021年8月2日閲覧。
  10. ^ 終末期の母の選択は「自宅で」 コロナ禍での五輪 開催直前に迫られた大きな選択”. FNNプライムオンライン (2021年10月14日). 2021年10月14日閲覧。
  11. ^ 今夜のS-PARKもありがとうございました!2人の高校時代の話も… フジテレビ・S-PARK(2019年1月13日)
  12. ^ 不器用だった優等生が、挫折と向き合って見つけたもの 朝日新聞デジタル&M(2017年11月16日)
  13. ^ フジ五輪MC宮司愛海アナ、取材を通してただ真っすぐ真摯に伝えていく”. 日刊スポーツ (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  14. ^ a b c 日刊スポーツ 2016年3月23日 芸能面「アナ姫」
  15. ^ a b c “宮司愛海アナ フジの新エース、落語で楽しく学ぶ“噺家の話し方””. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年6月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/05/kiji/20180604s00041000306000c.html 2018年6月5日閲覧。 
  16. ^ FRIDAY 2018年10月5日 p.21 - 24 フジテレビ女子アナ特集
  17. ^ フジ宮司愛海アナMC就任 新スポーツニュース番組”. 日刊スポーツ (2018年2月7日). 2018年2月7日閲覧。
  18. ^ フジ新人・宮司愛海アナ、4代目チャギントンナビゲーターに就任”. ORICON STYLE (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  19. ^ 2016年12月7日・14日放送の『2016 FNS歌謡祭』の事前番組
  20. ^ さまぁ~ずが太鼓判 フジ新人・宮司アナ「下ネタ、ウェルカムです!」”. ORICON STYLE (2015年10月5日). 2015年10月5日閲覧。
  21. ^ 総合司会
  22. ^ 「お年玉チャレンジ」のコーナー進行
  23. ^ 「スーパーマウスホンチャレンジ」、「ジモンVS粗品の丑肉王バトル!」、「ストレス発散!モー声コンテスト」の各コーナー進行

関連項目編集

外部リンク編集