宮坂 作衛(作衞、みやさか さくえ、1887年明治20年)7月[1][2] - 1933年昭和8年)10月21日[1])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員長野県諏訪郡上諏訪町長

経歴編集

長野県諏訪郡上諏訪村角間(上諏訪町を経て現諏訪市)の白作呉服店・宮坂作之助の長男として生まれる[2][3]。1906年(明治39年)諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校・附属中学校)を卒業[2][3]。上京して、1911年(明治44年)慶應義塾大学部理財科を卒業した[1][2][3]

帰郷して家業の白作呉服店の経営に加わる[2][3]。1920年(大正9年)家督を相続[2]。呉服店を成長させ、諏訪電気取締役、長野農工銀行取締役、上諏訪商工会議所会頭などを務めた[1][2][3]

政界では、1921年(大正10年)上諏訪町会議員に選出され、1923年(大正12年)長野県会議員となる[1][2][3]。1930年(昭和5年)上諏訪町長に就任し、また長野県会副議長となった[1][3]。その他、諏訪郡町村長会長、上諏訪町農会長、所得税調査委員、商事調停委員、小作争議調停委員なども務めた[1][2][3]

1932年(昭和7年)9月29日、貴族院多額納税者議員に就任し[4]研究会に所属して活動したが[1]、1933年10月、在任中に死去した[1][3][5]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』223頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本産業人名資料事典 2 第2巻』ミ1頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『長野県歴史人物大事典』691頁。
  4. ^ 『官報』第1727号、昭和7年9月30日。
  5. ^ 『官報』第2045号、昭和8年10月24日。

参考文献編集

  • 『日本産業人名資料事典 2 第2巻』日本図書センター、2002年(『財界フースヒー』通俗経済社、昭和6年刊の複製)。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。